理想の就活/転職のための
自己分析サイト

本ページはマイナビ社などの広告が含まれています

ピアノ講師に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今ピアノ講師の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいピアノ講師に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

ピアノ講師に向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたのピアノ講師適性診断結果

あなたの適性度は50%で、ピアノ講師の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。ピアノ講師を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

ピアノ講師に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.ピアノや音楽が好き
2.失敗や挫折から立ち直った経験がある
3.子供が好き
4.人と話すのが好き
5.話しやすい雰囲気を持っている
6.臨機応変に柔軟な対応ができる
7.体調管理をしっかりできる
8.感情をコントロールできる
9.勉強して技術を磨くのが苦でない
10.清潔感がある
スポンサーリンク
\この診断を受けたい方はコチラ/
ピアノ講師適性診断を受ける(2分)

診断結果の解説

『 ピアノや音楽が好き 』

そこそこ兼ね備えている

ピアノ講師に最も必要な資質としては、ピアノを弾くことや音楽が好きなことが挙げられます。講師として教えるためには幅広く、また深い知識を持っていなければなりません。それを身につけていくためには好きな気持ちがないと続けていけません。また、教える人が楽しい気持ちで音楽と向き合っていないと、教わる方も楽しい気持ちにはなれず、音楽から離れてしまいかねません。まずは自分の音楽が好きな気持ちを大切にすることが重要です。

『 失敗や挫折から立ち直った経験がある 』

そこそこ兼ね備えている

天才的な演奏者がすべて優れたピアノ講師になるわけではありません。特にスムーズにできるようになってしまった人は、どこで躓くのか、何が難しいのかわからずに、適切なアドバイスができないこともあるのです。自分自身が始めはあまりうまくできずに躓き、それを乗り越えた人はどういったことが必要なのか、アドバイスできる経験を持っています。そういったできなかった経験を持っている人の方が、生徒の悩みに寄り添い助けられる良いピアノ講師になれる可能性があるのです。

『 子供が好き 』

兼ね備えていない

ピアノを教える対象としては子供が多くなります。大人向けのレッスンもありますが、やはり習い事として多くの人数が取り組んでいるのはお子さんが多くなるので、子供と接することが苦にならない人が特にピアノ講師に向いています。子供だからこそ思い通りにならなかったり、言葉がうまく伝わらなかったりします。きつい指導をしすぎると音楽自体を嫌いになってしまうかもしれません。お子さんたちが楽しいと思ってくれるように接することができるかを考える必要がありますから、子供好きな方ほどピアノ講師に向いているといえるでしょう。

『 人と話すのが好き 』

あまり兼ね備えていない

ピアノ講師は音楽に向き合うよりも、人に向き合う方が重要な仕事です。その人に何が足りないか、どういったことが理解できないかをつかみ、指導していくことになります。そのため、人に対して話をする機会が多くなりますし、それが仕事の中心といえます。だからこそ、人と話すのが好きになっていると、講師の仕事もうまくいきやすいです。相手の話を聞き、伝えるべきことを伝える経験をしっかり積んでおきましょう。

『 話しやすい雰囲気を持っている 』

そこそこ兼ね備えている

ピアノ講師は一方的な働きかけだけをする仕事ではなく、生徒からの質問などを受けてアドバイスしていくことが求められていきます。そのため、生徒が気軽に質問できる、話しかけやすい雰囲気を持っている人が向いています。ちょっと質問しづらいと思ってしまうと、疑問もそのままになってしまい生徒の力が伸びない原因にもなります。気軽に話しかけてもらえるような見た目や言動を心掛けてみましょう。

スポンサーリンク

『 臨機応変に柔軟な対応ができる 』

あまり兼ね備えていない

ピアノを習う人の目標は様々です。とにかくうまくなりたいのか、ゆるく楽しみたいのか、それによって指導すべきことは変わってきます。受験などのためにピアノが必要ならそれに合わせた指導が求められますし、趣味で楽しく取り組みたい人にはそれに合わせていく必要があります。子供の年齢などによっても教え方は変わります。一つの形だけではなく、目の前の生徒に合わせて指導を変えていける柔軟さは必要です。

『 体調管理をしっかりできる 』

十分に兼ね備えている

ピアノ講師は一人の講師が生徒を継続してみていくことが多いです。そのためほかの人に代わってもらうことが難しくなります。臨時で変わってもらうことはあるかもしれませんが、それがあまりに頻繁になると継続的な指導が難しくなるので生徒としても困ってしまいます。レッスンに穴を開けないように体調管理をしっかり行っていけるかがカギとなります。

『 感情をコントロールできる 』

そこそこ兼ね備えている

生徒のレベルや向き合う熱意はそれぞれ異なりますから、中には不真面目だったりいつまでも上達しなかったりする生徒もいます。その時に感情的になってしまっては、生徒の成長の芽を摘んでしまう恐れがあります。適切な叱咤は必要でも、感情的になりすぎるのは避けたいものです。何かイライラしているときに人にあたってしまうことがないよう、感情が適切にコントロールできる人が向いています。

『 勉強して技術を磨くのが苦でない 』

十分に兼ね備えている

ピアノ講師の仕事が忙しくなっても、自分の技術をしっかり磨き続けていけることが重要になります。生徒に弾いて聞かせることもある仕事ですから、ある程度の技術を保っておくことは必要です。その中から指導に必要なポイントを見つけることもあるので、積極的に練習に取り組める人が向いています。

『 清潔感がある 』

そこそこ兼ね備えている

ピアノの技術とは直接関係ありませんが、清潔感があることも重要なポイントです。お子さんをお任せする親御さんも、清潔感がある先生の方が安心してお願いしやすいでしょう。身だしなみももちろんですが、自宅で講師をする場合には目につくところも綺麗にしておく必要があります。安心してレッスンが受けられる見た目を意識したいところです。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのピアノ講師適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

1位 マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

2位 doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

3位 リクルートエージェント

└業界最大手で転職支援実績No.1

\この診断を受けたい方はコチラ/
ピアノ講師適性診断を受ける(2分)

この適正診断テストでわかること

  • ピアノ講師に向いているか向いていないか
  • ピアノ講師の職業適性度
  • ピアノ講師に必要な10の資質
  • 解説でピアノ講師に必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか

ピアノ講師とは?

ピアノ講師は、教室で生徒のピアノ演奏技術が向上するよう指導を行う職業です。

ピアノを教える対象は子どもだけでなく、大人に教えることもあります。

趣味の習い事として楽しむために学びたいのか、将来音楽に携わることを目指して高度な技術を習得したいのか、生徒の目指すところやレベルに合わせて段階的に指導をしていきます。

技術的な部分や表現力の向上だけでなく、生徒がピアノ演奏を学ぶことに魅力を感じられるよう意識しなければなりません。

学ぶ目的や個人の性格・考え方に合わせて、モチベーションを保てるようなカリキュラムを組むことが求められます。

ピアノ講師になるには?

ピアノ講師になるために必ず必要とされる資格や学歴というものはありません。

自ら音楽教室を開く場合も同様で、資格や学歴に関係なく始めることは可能です。

しかし人に指導できるレベルの実力は必須であり、音楽に関する知識も求められます。

そのため、講師の募集には音楽大学を出ていることが条件となっていることも多いようです。

個人で音楽教室を運営していく場合も、生徒は講師の学歴やコンクールの成績などのプロフィールを判断材料にします。

ピアノ演奏に関する資格は複数あるので、必須ではなくても取得しておけばアピールポイントになるでしょう。

また、企業によっては必要資格を定めている場合もあるので、取得が必須となることもあります。

ピアノ講師の給料・年収

複数のデータを調査すると、音楽教室などで雇用されて働く場合ピアノ講師の年収は200~300万円程度が多いようです。

受け持つ生徒の数だけでなく指導できるレベルによっても企業ごとに報酬の割合が異なるので、高い実力や経験があればそれに応じた報酬を得ることも可能です。

自宅開業で指導している場合、1回30分の指導を月3~4回で月謝は8,000円程度というのが平均のようです。

この場合月謝と生徒数がそのまま給料に関係してきますが、運営に必要とされる費用がかかることを考えなければなりません。

レッスン料や生徒数が大きく関わってくるため、ピアノ演奏で有名であれば高収入を得ることもできるでしょう。

ピアノ講師の就職・転職先(求人)

ピアノ講師として働く場合、音楽教室で雇用してもらう他に自らピアノ教室を開くという方法があります。

講師を採用するピアノ教室は大手の楽器メーカーが全国的に運営しているものから、個人経営の小さな教室まで規模はさまざまです。

指導する対象や内容も報酬の割合も教室により異なるので、自分がどのようにピアノ講師として働きたいのかを明確にしておく必要があります。

自ら教室を運営する場合は、場所を借りるよりも自宅で開業する方が多いようです。

一軒家だけでなくマンションなどの集合住宅で開業することも可能ですが、どちらの場合も防音設備を整えて近隣に住んでいる方へ配慮することが求められます。

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0