理想の就活/転職のための
自己分析サイト

薬剤師適性診断|あなたは向いている人?向いてない人?

あなたは今薬剤師の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい薬剤師に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたの薬剤師適性診断結果

あなたの適性度は56%で、薬剤師の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。薬剤師を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

薬剤師に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.責任感が強い
2.性格が几帳面
3.細かい作業が得意
4.コミュニケーション能力が高い
5.協調性が高い
6.親身に人の話を聞ける
7.1つの物事を掘り下げられる
8.学習意欲が高い
9.立ち仕事が苦にならない
10.薬剤師に対する思いが強い
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 責任感が強い 』

あまり兼ね備えていない

薬剤師は人の体調を左右する薬剤を扱う仕事です。自身が調剤した薬が患者に健康被害を及ぼす可能性もゼロではないため、薬剤師は責任感の強さが求められます。医師が作成した処方箋に従って調剤すれば良いという訳ではなく、もし何か疑問に感じる点があれば、薬学の専門家として疑義照会を行う必要があります。自分の意思をしっかり持ち、責任を持って仕事に取り組める薬剤師は、患者に安心感を与え、信頼も得られるのです。

『 性格が几帳面 』

あまり兼ね備えていない

粉薬やシロップを調剤する際はミリ単位で計量しなければいけません。些細な計量ミスでも人の命に関わるトラブルまで発展する事もあるため、「このぐらいでいいか」といった適当な仕事は許されないのです。調剤の時だけ気を付けて作業すると言っても、日頃の習慣はなかなか抜けないものです。仕事に慣れてきた頃に、うっかり悪い癖が出てしまうかもしれません。そのため、ミスが許されない現場ではどんな時でも正確に作業が出来る几帳面な人が求められるのです。

『 細かい作業が得意 』

そこそこ兼ね備えている

薬の調剤は薬さじや電子天びん等を使って慎重に行います。また「半錠」と指示された処方箋を受け取った場合は、一錠の薬剤を半錠に割って分包するという作業も出てきます。何かしら疑問点が無い限り、処方箋の指示通りに調剤するのが薬剤師の役割であり、1ミリの誤差も許されません。毎日が常に神経を使う作業の繰り返しとなるため、元々細かい作業が好きであったり、得意な人が薬剤師の業務に向いていると言えます。

『 コミュニケーション能力が高い 』

だいぶ兼ね備えている

薬剤師は黙々と作業をこなしていくイメージがあるかもしれません。しかしコミュニケーション能力が必須の職業でもあります。働く職場によって関わる人は違ってきますが、いずれの現場でも患者とは話をする機会があります。患者には調剤した薬をただ渡すだけではなく、症状のヒアリングや服薬指導も行わなければいけません。正しく薬を飲んでもらうためにも特に服薬指導は大切ですが、コミュニケーション能力が高く、患者とも円滑に話が出来る人ならわかりやすく、かつ適切に指導を行えます。

『 協調性が高い 』

十分に兼ね備えている

薬剤師が活躍する場所は病院や調剤薬局、ドラッグストア、製薬企業などがありますが、勤務先によっては様々な職業の人と関わりを持つ事になります。例えば大きな病院ではチーム医療が重要視されており、同僚の薬剤師はもちろん、医師や看護師などと連携を取りながら仕事を進めていきます。また在宅医療に携わる場合は、ケアマネージャーやヘルパーとも情報を共有し合います。どのような職業の人達と仕事をするにしても、患者に最良の医療を提供するには、それぞれの意見や考えをまとめて一つにしなければいけません。そういった意味では、柔軟で協調性がある人材は重宝されます。

スポンサーリンク

『 親身に人の話を聞ける 』

そこそこ兼ね備えている

患者によって置かれている状況は異なり、中には薬を服用しても症状がなかなか良くならない人、完治が見込めない人もいます。そんな人達にとって、薬剤師からの何気ない声掛けやちょっとした気配りは、心を軽くさせる効果があります。どんな治療が辛いのか、どのような症状が出て困っているのかなど、愚痴や悩みを一通り吐き出せば、例えその悩みが解決できずとも気持ちはスッキリするものです。もちろん仕事を正確にこなしていくことも大切ですが、患者の話を聞いたり世間話に付き合えるような余裕を感じさせる薬剤師は、患者からの信頼が厚く、頼られる存在となります。

『 1つの物事を掘り下げられる 』

そこそこ兼ね備えている

病院薬剤師として勤務する場合、服用薬や注射薬の調剤と製剤業務、病院内の医薬品管理、入院患者への投薬・服薬指導などが主な仕事となります。特に入院患者との関わりが深く、体の状態に合わせて調剤・製剤をしていかなければいけません。また癌など重い病気の治療に携わる時には、薬剤師としての専門的な意見も求められるため、1つの物事を掘り下げて考えられるタイプが活躍できる傾向にあります。

『 学習意欲が高い 』

だいぶ兼ね備えている

医療や薬学は日々進歩しています。つまり学生時代に培った知識だけでは、時代の流れについていけなくなるのです。薬剤師の資格を取った、希望する職場に就職できたというだけで満足せず、新しい治療法や新薬についての知識を得るために勉強を続けなければいけません。働きながらの勉強は楽ではないですが、「もっとスキルアップしたい」「知識を深めたい」と向学意欲がある人は、薬剤師としての成長が望めます。

『 立ち仕事が苦にならない 』

そこそこ兼ね備えている

薬剤師は基本的に立ち仕事です。特に午前中は利用する患者の数も多いため、座っている暇など無いのです。薬歴を書く時ですら、立ったままの職場もあります。決して重労働ではないですが、椅子に座ってゆったりと作業が出来る仕事でもありません。そのため、ある程度の体力があり、立ち仕事も苦には感じないという点も、薬剤師に必要な適性となります。

『 薬剤師に対する思いが強い 』

あまり兼ね備えていない

薬剤師は決して間違いは許されない、非常にプレッシャーのかかる仕事です。その反面、作業自体はルーチンワーク中心で、毎日根気よく、同じ作業を繰り返します。「給料が高そう」「仕事が安定している」といった、ぼんやりとした動機だけで続けられる仕事では無いのです。「自分が処方する薬で多くの人を助けたい」など、薬剤師としての志が高い人なら毎日の仕事にやりがいを感じ、長く活躍し続けられるかもしれません。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの薬剤師適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0

おすすめコンテンツ

おすすめコンテンツ

  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る