理想の就活/転職のための
自己分析サイト

弁理士に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今弁理士の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい弁理士に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたの弁理士適性診断結果

あなたの適性度は35%で、弁理士の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。弁理士を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

弁理士に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.柔軟な考えができる
2.人の話を聞くことができる
3.何事にも興味が持てる
4.新しい知識を学ぶ事が好き
5.自発的に提案できる
6.臨機応変に対応できる
7.論理的に考えることができる
8.情報の取捨選択が上手い
9.体力がある
10.素直な性格
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 柔軟な考えができる 』

そこそこ兼ね備えている

弁理士は、色々な人と関わります。クライアントにも様々な人がいるでしょう。第一印象や先入観にとらわれることなく、相手の意見や考えを受け止め、自分と同じなのか、違うのか、違うのであればどのように違うのかを考えることができる人は、弁理士に向いています。また、叱責やアドバイスを受け止め、チャンスだと思える柔軟さも弁理士にとって重要です。

『 人の話を聞くことができる 』

そこそこ兼ね備えている

弁理士はクライアントや同業者の話をしっかりと聞くことが重要です。相手が何を言おうとしているのか、本当は何を伝えたいのかを聞き出し、理解することによって相手の本質を知ることができます。これによって、本当の問題を解決する方法を探すことができるため、弁理士になるには人の話を聞くことができる能力や、話を聞き出すことができる能力が重要になります。

『 何事にも興味が持てる 』

兼ね備えていない

弁理士という仕事は、多くのことを学ぶ必要があります。技術や法改正、多くの判例など知っておかなければならないことが多く、それらをいつでも頭の中から取り出して仕事に生かさなければなりません。これら以外にも、人とのコミュニケーションのとり方など、直接弁理士には関係のないことであっても仕事に生かせる知識はたくさんあります。これらのことに興味を持ち、いかに自分の物にすることができるかによって、弁理士としての仕事を広げることができるでしょう。

『 新しい知識を学ぶ事が好き 』

兼ね備えていない

弁理士は学ぶことが多い上、常に新しい情報を仕入れておく必要があります。また、メインとして扱う知的財産法は、社会の変化と共に改正が行われる法律であるため、頻繁に内容が変わります。ニュースや勉強会などに積極的に参加し、新しい情報や知識を知っておくことは弁理士として働くうえで重要です。

『 自発的に提案できる 』

兼ね備えていない

弁理士として仕事をしていると、クライアントの指す方向性が好ましくない結果をもたらす可能性がある、といったケースにあたることも珍しくありません。このような場合、弁理士はクライアントにとって最適な結果になるように、自らの考えや方針を提案する必要があります。そのため、人に自分の考えを伝えることができる能力や、人を説得することができる能力は弁理士にとって重要な要素の一つです。

スポンサーリンク

『 臨機応変に対応できる 』

だいぶ兼ね備えている

弁理士は一人で仕事をすることも多いため、一人でこつこつと作業をすることが苦にならない人が向いているでしょう。しかし、時には同業者と仕事をすることもあるため、チームプレイになることもあります。一人で作業をすることは得意だけれどもチームプレイは苦手という人、逆にチームプレイは得意だけれど一人での作業が苦手という人でも、仕事として割り切り、そこでできるベストを尽くすことが重要です。チームプレイであっても、一人であっても、臨機応変に仕事をこなすことのできる人が、弁理士に向いていると言えるでしょう。

『 論理的に考えることができる 』

だいぶ兼ね備えている

弁理士は、クライアントへの説明や書類作成などで、論理的に内容を構築してわかりやすくする必要があります。難しい内容であっても、論理的かつわかりやすくすることにより、クライアントの理解が得やすくなりますし、審査をする側にとっても、内容がしっかりしている書類であれば、知的財産権の取得までスムーズに進めることができます。そのため、論理的に物事を考えることができる人は弁理士に向いていると言えるでしょう。

『 情報の取捨選択が上手い 』

あまり兼ね備えていない

弁理士は多くの情報に触れる機会が多く、吸収するべき情報も多くあります。しかし、情報を全て吸収することは無理ですし、合理的ではありません。時には情報を精査し、重要度の低い情報を捨てる必要も出てくるでしょう。そのため、情報の大元を調べることができる調査力と、自分の抱えている事案に対しどのような情報が必要なのかを的確に知ることができる能力が弁理士には必要です。

『 体力がある 』

兼ね備えていない

弁理士は一人で仕事をこなすことも多く、シーズンになると、依頼が増えて通常業務ではこなせなくなってしまうことも少なくありません。それでも期日までに仕上げる必要があるので、体力があるということは重要です。弁理士になりたいのであれば勉強も大事ですが、運動や筋トレなどを行い、日頃から体力をつけておくことも大事です。

『 素直な性格 』

そこそこ兼ね備えている

弁理士にとって言葉は重要な武器の一つであり、諸刃の剣でもあります。言い間違いや、勘違い、自分とクライアントの認識間違いなどは、後に問題になってしまうようなリスクがあります。わからないことや、疑問点などがあればすぐに確認すること、誤りがあったときなどはすぐに謝罪するなど、素直さは弁理士として仕事をしていくうえで重要なスキルの一つです。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの弁理士適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る