理想の就活/転職のための
自己分析サイト

議員秘書に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今議員秘書の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい議員秘書に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたの議員秘書適性診断結果

あなたの適性度は56%で、議員秘書の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。議員秘書を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

議員秘書に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.時間に厳格でスケジュール管理が得意
2.口が堅く秘密を守れる
3.夜間や休日の出勤対応でもOK
4.様々な人と良好な関係を保てる
5.政治や経済など社会情勢に興味がある
6.業務時間後の接待も喜んで参加できる
7.安定収入が得られる職場を希望
8.正しいビジネスマナーが身についている
9.人見知りせず話せる
10.車を安全に運転するのが得意
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 時間に厳格でスケジュール管理が得意 』

十分に兼ね備えている

議員秘書は、担当の議員のスケジュールを把握して、決められた時間に遅れないように移動手段を選んだり、随時関係者と連絡を取り合ったりすることが求められます。そのため、プライベートでも時間に厳しく行動できる人や、スケジュール調整が上手い人が重宝される傾向があります。特に、多忙な議員の秘書を務める場合には、ダブルブッキングなどのトラブルを回避するのはもちろんのこと、議員の健康状態や体力を考慮して無理のないスケジュールを立てるのがポイントです。

『 口が堅く秘密を守れる 』

兼ね備えていない

議員秘書は、議員の身の上話などを傍で聞く機会が多く、中には個人情報や機密情報など外部に漏らしてはいけないものもあります。また、仲の良い他の議員や有権者に対してうっかりと情報を伝えることがないよう、日ごろからプライバシーへの意識を高めておくことが大事です。なお、社会的に高く評価されているプライバシーに関する検定を持っている人や、長く同じ議員の秘書を務めあげた人は、多くの議員の間で頼れる存在としてみなされています。

『 夜間や休日の出勤対応でもOK 』

十分に兼ね備えている

議員秘書は、議員の立場や役職などによりますが、夜間や休日に突然出勤をしなければならないケースもあり、プライベートの時間が制限されやすい職業と言えます。たとえば、地方議員であっても委員会の長を務めている人や、後輩の議員への指導を任されている人などは、曜日や時間帯に関係なく現場に向かわなければなりません。そのため、議員秘書として働き始めるうえで、ある程度プライベートを犠牲にする覚悟で臨むことが重要です。

『 様々な人と良好な関係を保てる 』

あまり兼ね備えていない

議員秘書は、普段から銀がお世話になっている後援会の関係者と接する機会が多く、議員の代わりに会合に参加をしたり、お中元やお歳暮などの手配を任されたりすることもあります。また、数十年以上にわたり当選し続けている議員については、講演会の活動が活発なこともあり、秘書として期待される役割が大きくなる傾向があります。そこで、秘書になる前に講演会の規模や会員数、年間の主な催しなどを調べておくことが大事です。

『 政治や経済など社会情勢に興味がある 』

だいぶ兼ね備えている

議員秘書は、年齢や議員との関係によりますが、時に政策決定のアドバイスをしたり、一緒になって最新の政治や経済などの動向を考えたりすることもあります。そのため、議員が活動をするうえで正しい決定ができるよう、秘書自身も新聞やネットニュースなど様々な媒体を活用しながら社会情勢について学ぶことが肝心です。また、有名な議員の中には、秘書を採用する際に政治や経済、社会などに関する試験を行ったり、複数回の面接をしたりする人もいるため、早期に必要な事項を確認しておきましょう。

スポンサーリンク

『 業務時間後の接待も喜んで参加できる 』

十分に兼ね備えている

議員秘書の仕事は、業務時間中の来客応対やスケジュール確認、事務処理だけでなく、日によって他の議員や関係者との接待もあります。たとえば、歓送迎会や忘年会が行われるシーズンは、接待への参加を求められる日が多くなるため、体調に気を使いながら仕事をこなすことが大事です。その他、選挙に当選をした議員の祝賀会に招かれることもあり、今後の付き合いを考慮しながらスケジュールを入れることも必要です。

『 安定収入が得られる職場を希望 』

十分に兼ね備えている

議員秘書の給料は、国や自治体が定める明確な基準のもとで支給されており、問題を起こさなければ一定の期間安定収入を得ることが可能です。特に、政令指定都市など財政力に余裕がある地域の議員については、基本給だけでなく手当の金額も高く設定されることがあり、副業をすることなく議員のサポートに専念できます。

『 正しいビジネスマナーが身についている 』

そこそこ兼ね備えている

議員秘書は、議員の関係者に対して失礼なイメージを持たれないよう、挨拶の仕方や名刺の渡し方、アポイントメントの取り方など、正しいビジネスマナーを身につけなければなりません。若手の秘書はマナーの面について外部から厳しくチェックされやすいこともあり、必要に応じて秘書の仕事に就く前にセミナーを受けたり、マナー教室に通ったりと準備をするのも有効です。

『 人見知りせず話せる 』

そこそこ兼ね備えている

議員秘書は、仕事上で行政機関や民間事業者、有権者など様々な立場の人と会うため、コミュニケーションスキルに長けた人や人付き合いが好きない人に向いています。秘書としてコミュニケーションスキルを磨くには、普段から言葉遣いや相槌の打ち方などに気を付けるのはもちろん、社会経験を積むことも大切です。

『 車を安全に運転するのが得意 』

あまり兼ね備えていない

議員秘書は、議員の自家用車や公用車の運転を任されることもあり、事故を起こさないよう安全運転ができることが必須となります。たとえば、公共交通機関が発達していない地域の議員の秘書を務める場合は、車で送迎をする機会が多くあるため、運転マナーや技術の向上を図ることが重要です。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの議員秘書適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る