理想の就活/転職のための
自己分析サイト

救急救命士適性診断|あなたは向いている人?向いてない人?

あなたは今救命救急士の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい救命救急士に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたの救急救命士適性診断結果

あなたの適性度は56%で、救命救急士の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。救命救急士を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

救命救急士に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.冷静な判断能力が備わっている
2.様々な医療知識がある
3.体力がある
4.体調管理が得意
5.継続力がある
6.人を助けたい気持ちが強い
7.精神力が強い
8.気持ちの切り替えができる
9.客観的な思考ができる
10.コミュニケーション能力がある
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 冷静な判断能力が備わっている 』

あまり兼ね備えていない

救命救急士が治療にあたる患者は心肺停止状態に陥っているケースも珍しくありません。心肺停止状態ではなくても重症状態の患者を処置することが多いでしょう。一刻を争うような状況の中で適切な処置や正しい行動を求められるので、救命救急士には冷静な判断能力が備わっている必要があります。救命救急士に冷静な判断能力が備わっていれば、多くの命を救える可能性が高まります。救命救急士が治療を行うには医師の指示と家族の同意が必要になります。家族の人に冷静な判断を促すためにも救命救急士が冷静な判断能力を持っていることが重要になります。

『 様々な医療知識がある 』

あまり兼ね備えていない

救命救急士は医師の指示に従って治療行為を行うことになりますが、現場でどんな治療行為を行うかは患者の様態やその場の状況によって異なります。そのため幅広い医療知識を持っている人が救命救急士に向いていると言えます。医療行為だけでなく医療機器に関する知識も必要になるでしょう。医療機器を取り扱う人の技術力によって人命の救える確率は変わってくるので、救命救急士を目指している人は医療機器を使用する技術を高めておくことが大切です。

『 体力がある 』

そこそこ兼ね備えている

救命救急士の仕事は24時間の交代制を採用しているケースが多いでしょう。「24時間働いたら翌日は休み」というサイクルで働くことになるので、生活リズムが不規則になりやすく体力を消耗しやすい職業です。長時間労働で体力を消耗するだけでなく危険な現場に訪れることでも体力を消耗する可能性が高いと言えます。このような過酷な労働環境でも倒れないような体力作りを行っている人が救命救急士に向いているでしょう。

『 体調管理が得意 』

だいぶ兼ね備えている

先述した体力作りと共に重要なものとして挙げられるのが体調管理です。救命救急士は生活リズムが崩れやすいので、体調も崩しやすいと言えます。体力作りを行っていても体調管理ができていないと現場で自分の能力を活かせないケースも増えてきます。いつ現場に呼ばれても自分の能力を最大限に活かせるように日頃から体調管理を徹底できる人が救命救急士に向いています。

『 継続力がある 』

十分に兼ね備えている

救命救急士は現場での仕事だけが過酷だと思われやすいですが、実際は勉強やトレーニングといったものも過酷なメニューになっています。常にハードスケジュールの中で行動しているので疲労が溜まりやすいでしょう。疲労がピークに達してしまうと、勉強やトレーニングをサボりたくなる人も多いかもしれません。しかし、その日々の勉強とトレーニングが人の命を救うことに繋がります。そのため毎日の勉強やトレーニングを継続できる人が、救命救急士に向いていると言えます。

スポンサーリンク

『 人を助けたい気持ちが強い 』

そこそこ兼ね備えている

救命救急士には現場に居る患者の命が託されています。その重責から逃れたくて救命救急士を辞めてしまう人も珍しくありません。そのことを考えれば、「人を助けたい」という気持ちが強い人ほど救命救急士に向いていると言えるでしょう。「人を助けたい」という気持ちが強い人であれば、日頃の過酷な勉強やトレーニングにもついていける可能性が高いです。

『 精神力が強い 』

そこそこ兼ね備えている

救命救急士は、現場の重症患者を病院に搬送するまでの間に救命救急の最大限の処置を行うのが仕事ですが、自分が精一杯の医療行為を行っても命を救えないケースもあります。そうなれば目の前で人が亡くなってしまう場面に直面することもあるでしょう。そのときに精神的なダメージを負ってしまい、救命救急士を続けられない人もいます。そのような例も踏まえれば、精神力が強い人ほど救命救急士の仕事に向いていると考えられます。

『 気持ちの切り替えができる 』

だいぶ兼ね備えている

「人を助けたい」という強い気持ちを持っているのは大切なことですが、その気持ちが強すぎて患者に感情移入しすぎてしまう人もいます。そうなると患者を救えなかったときに上手く気持ちを切り替えられないケースも出てきます。救命救急士は1人の命を救えなかったとしても、また次の現場で人を救う行動を取らなければなりません。落ち込みすぎずに気持ちの切り替えができる人が救命救急士に向いています。

『 客観的な思考ができる 』

そこそこ兼ね備えている

現場によっては大量に傷病者がいる場合もあります。そのような場合には治療行為を行うための優先順位を決めることが求められます。主観的な思考が強すぎると患者の訴えを聞き入れすぎて、優先順位を間違えてしまうことも考えられます。そのような状況下でも正しい優先順位を決められることが重要であるため、救命救急士には客観的な思考能力が必要だと言えます。客観的な思考を持っている人が救命救急士になっていれば、患者の感情に左右されずに正しい行動を取れるでしょう。

『 コミュニケーション能力がある 』

あまり兼ね備えていない

救命救急士は医師や患者の家族と情報を共有する必要があります。場合によっては他の救命救急士に指示する場面も出てくるでしょう。そのような状況でスムーズな情報共有を行うためにもコミュニケーション能力は必須だと考えられます。そのためコミュニケーション能力に長けた人ほど、救命救急士に向いていると言えます。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの救急救命士適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0

おすすめコンテンツ

おすすめコンテンツ

  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る