理想の就活/転職のための
自己分析サイト

栄養士適性診断|あなたは向いている人?向いてない人?

あなたは今栄養士の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい栄養士に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたの栄養士適性診断結果

あなたの適性度は56%で、栄養士の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。栄養士を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

栄養士に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.知識を増やすことが好き
2.料理に興味がある
3.健康サポートに関心がある
4.コミュニケーション能力が高い
5.化学や数学が得意
6.責任感が強い
7.人の役に立つのが嬉しい
8.パソコンスキルがある
9.自己管理が出来る
10.体力がある
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 知識を増やすことが好き 』

あまり兼ね備えていない

栄養士に向いていると言われている人は、知識を増やしていくことが好きな人です。栄養士は資格取得のときはもちろんのこと、栄養士となってからも様々な知識の勉強が必要となります。栄養素の知識や栄養バランス、盛り付けや調理方法、旬の食材についても知らなければならないことが沢山あるのです。また今まで見かけることが少なかった新しいスーパーフードが流行ったときなどは、その知識も勉強する必要が出てきます。常に新しい知識を取り入れて、勉強する意欲がある人が向いているのです。

『 料理に興味がある 』

あまり兼ね備えていない

栄養士は献立などを考えるために、料理をすることがあります。調味料の適切な量や使う食材などを決めるためにも自ら料理をして、美味しく出来ているのか、見た目に問題がないかをチェックします。栄養バランスと美味しさを両立するためにも料理をすることは欠かせないことなので、料理に興味があることが大切です。料理をしたことがない人も積極的に台所に立って研究し、メニューを作成する意欲があることが求められます。職場によっては栄養士自ら厨房に立って料理をすることもあるので、料理への興味が必要なのです。

『 健康サポートに関心がある 』

そこそこ兼ね備えている

栄養士の中には自分の知識や技術を活かして、栄養面から健康をサポートする職業に就いている人も居ます。スポーツ選手などに栄養士が考えたメニューを参考にした食事を提供して、健康を維持出来るように手助けするのです。また医療機関や老人ホームなどに就職をして、栄養のアドバイスをしている人も数多く存在します。栄養面からの健康サポートに興味がある人はこのような職場に向いていて、栄養士として活躍することが可能です。他の職場でも健康サポートを栄養面から支えなければならないこともあるので、健康サポートに興味があるのなら栄養士にぴったりかもしれません。

『 コミュニケーション能力が高い 』

だいぶ兼ね備えている

栄養士は栄養士同士だけでなく、他の職業の人たちと関わることが多い職業でもあります。他の職業の人たちと円滑なコミュニケーションを取れることは重要で、業務をスムーズに進めるためにもコミュニケーション能力が高い人はかなり重宝されます。職場によっては栄養士一人だけで、他のスタッフは別の職業の人たちということも珍しくありません。コミュニケーション能力が高ければ色々な人と上手くやっていくことができ、職場の雰囲気も良くなるのです。

『 化学や数学が得意 』

十分に兼ね備えている

化学や数学は栄養士にとって深く関わり合いのある学問で、これらが得意な人は栄養士が天職の一つの可能性があります。化学の分野で様々な食材の栄養を学び、献立て作りなどに役立てられます。数学は栄養素の計算やカロリーを導き出すときに役立てられるので、計算が好きな人は栄養士に向いていると考えられているのです。また資格取得のときにも必要になる学問なので、資格取得のための試験でも有利になります。

スポンサーリンク

『 責任感が強い 』

そこそこ兼ね備えている

責任感が強いのも、栄養士としての適性がある人です。栄養士は食事を通して人の命を預かることもある職業です。医療機関などに就職すれば食事のメニューで患者さんの健康を支え、病気の治療の一環として取り組みます。何かあったら栄養士のミスとなってしまうこともあるので、責任感が強い人の方が良いのです。プレッシャーを感じ過ぎてしまうのは良くないですが、きちんと責任感を持って仕事に取り組む姿勢が大事です。

『 人の役に立つのが嬉しい 』

そこそこ兼ね備えている

栄養士は食事面から人々を支え、食事を通して人の役に立てる人たちです。誰かの役に立つことが嬉しく、喜んだ顔を見られるのが好きな人にはたまらない仕事です。心から誰かの役に立ちたい、自分の知識や技術を活かして人の手助けをしたい人は栄養士を目指すと良いかもしれません。

『 パソコンスキルがある 』

だいぶ兼ね備えている

近年栄養士の仕事でも、パソコン作業が増えています。献立を考えるときや栄養素を計算するとき、医療機関ならカルテなどをパソコンで見ることもあります。パソコン作業が出来ないと仕事にならないこともあるので、パソコン作業が苦にならない人は栄養士としての適性があるかもしれません。

『 自己管理が出来る 』

そこそこ兼ね備えている

自己管理がきちんと出来ることも、栄養士として欠かせないスキルです。自分で自分の健康を守れるように食事のメニューには気を遣い、健康を維持するようにします。自己管理が出来ていれば食事指導をする際にも説得力が増しますし、相手も耳をきちんと傾けてくれます。反対に肥満体型だったり不健康だったりすると説得力が半減するので、自己管理が出来る人が適任です。

『 体力がある 』

あまり兼ね備えていない

栄養士は立ちっぱなしで料理をすることもあり、長時間立って作業を進めることも多いです。さらに重い調理器具を持ち上げたり食材を運んだりするので、体力勝負の面もあるのです。体力に自信があり、重いものも楽々持ち運べる人は栄養士に向いている要素の持ち主です。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの栄養士適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0

おすすめコンテンツ

おすすめコンテンツ

  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る