理想の就活/転職のための
自己分析サイト

マーチャンダイザー適性診断|あなたは向いている人?向いてない人?

あなたは今マーチャンダイザーの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいマーチャンダイザーに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたのマーチャンダイザー適性診断結果

あなたの適性度は56%で、マーチャンダイザーの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。マーチャンダイザーを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

マーチャンダイザーに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.流行に敏感で先を見通せる
2.リーダーシップがある
3.コミュニケーション能力がある
4.視野が広い
5.好奇心が強い
6.計画を立てるのが得意
7.臨機応変に対応できる
8.企画力がある
9.感性と論理の両方を持ち合わせる
10.勉強熱心
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 流行に敏感で先を見通せる 』

あまり兼ね備えていない

マーチャンダイザーは、アパレル業界において商品の選定を行う仕事をしているため、流行に敏感な方が向いています。また今のトレンドに敏感なだけではなく、次に何が流行るのか先を見通す能力も合わせて求められるという点を押さえておきましょう。トレンドを押さえて仕入れを行うことができれば、不良在庫を発生させることなく、お店の利益につなげやすくなります。

『 リーダーシップがある 』

あまり兼ね備えていない

マーチャンダイザーは商品の仕入れから売値などに関わるブランドにとって重要なポジションを担っています。重要なポジションなので慎重な判断が求められることもありますが、決断能力も求められる仕事です。決断をしてメンバーを引っ張っていく責任が求められるのもマーチャンダイザーにおける特徴の1つです。また決断能力と合わせて、その決断がメンバーに信頼されて受け入れられるかも大切な要素です。

『 コミュニケーション能力がある 』

そこそこ兼ね備えている

マーチャンダイザーは1人で仕事をするのではなく、商品販売においてさまざまな方と関わって働くことになります。そのため一緒に働くメンバーの状況を管理して、フォローや情報共有などが円滑に行えるように高いコミュニケーション能力が必要です。またチームのメンバーだけではなく、外部とのコミュニケーションも必要な仕事だと押さえておきましょう。他の人と連携して業務を円滑に進めることが、仕事を成功につなげるカギです。

『 視野が広い 』

だいぶ兼ね備えている

マーチャンダイザーの視野が狭いと、偏った傾向のアイテムばかり選んでしまうこともあります。似たような傾向のアイテムばかり選ぶのではなく、幅広い視野を持ってさまざまな流行を取り入れられるかが一流のマーチャンダイザーになれるかどうかの分かれ道です。特定のことだけに特化せず広く浅く業界全体のことを把握できる人はマーチャンダイザーに向いています。

『 好奇心が強い 』

十分に兼ね備えている

最初からマーチャンダイザーになれるのではなく、最初は販売や営業などさまざまな部署で経験を積んでいくことになります。希望と違う部署に配属されることがあっても、仕事に好奇心を持って働けるかがマーチャンダイザーを目指すうえで必要な要素です。やりたい仕事とは違ったとしても、さまざまな部署での経験がマーチャンダイザーになったときに役立つと理解し、好奇心を持って働けるようにしましょう。

スポンサーリンク

『 計画を立てるのが得意 』

そこそこ兼ね備えている

マーチャンダイザーの仕事で大切なポイントの1つが、消費動向のデータなどを確認して、販売戦略を立てていくということです。その場その場で判断するのではなく、地道に分析を行って目標達成のための計画をロジカルに考えて行動できるのが一流のマーチャンダイザーです。データに基づいて判断するためにも、データや数字に強くて分析する能力があるか、ロジカルな考え方ができるかどうかもマーチャンダイザーにとって必要な能力です。

『 臨機応変に対応できる 』

そこそこ兼ね備えている

ロジカルに計画を立てて行動していても、計画通りに進むとは限りません。マーチャンダイザーはトレンドの変化に応じて、商品の追加発注など臨機応変な対応が求められることもあります。自分の考えに固執して判断を間違えると、お店の損失につながるかもしれません。最初に決めた計画や自分の考えに固執することなく、周りの状況やトレンドに合わせて、臨機応変に対応できる能力がマーチャンダイザーには必要です。

『 企画力がある 』

だいぶ兼ね備えている

マーチャンダイザーにとって、経営で何が求められるのか把握し企画に活かす力があるかどうかは大切な要素です。企画力が低いと、良い経営戦略が立てられず、利益につなげるのが難しくなります。そしてマーチャンダイザーは、仕入れから販売まで幅広い業務に関わるため、スケジュールや予算の管理能力も求められます。効率よく業務を進めるために自己管理もマーチャンダイザーに必要なスキルです。

『 感性と論理の両方を持ち合わせる 』

そこそこ兼ね備えている

マーチャンダイザーは商品選定や陳列の完成に加え、論理的な思考も求められる仕事です。片方のスキルに偏っていると、一流のマーチャンダイザーを目指すのが難しくなります。感性と論理的思考のバランスが良いことがマーチャンダイザーに必要なスキルです。偏った考え方をするのではなく、全体のバランスを見ながら行動することが重要という点を忘れないようにしましょう。

『 勉強熱心 』

あまり兼ね備えていない

一流のマーチャンダイザーを目指すなら、幅広い知識を持っているかどうかも重要な要素の1つです。自社ブランドで扱っているアイテムだけではなく、アパレル業界やファッション業界全体に精通している方なら、業界全体の動向を見ながら販売戦略を立てられます。興味がない分野も含めて幅広い知識を持つことで、状況に合わせた判断がしやすくなるかもしれません。また業界の状況は日々変化しているため、今までの知識があるかどうかだけではなく、これからも積極的に学び続ける姿勢もマーチャンダイザーには必要です。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのマーチャンダイザー適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0

おすすめコンテンツ

おすすめコンテンツ

  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る