理想の就活/転職のための
自己分析サイト

精神保健福祉士に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今精神保健福祉士の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい精神保健福祉士に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたの精神保健福祉士適性診断結果

あなたの適性度は39%で、精神保健福祉士の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。精神保健福祉士を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

精神保健福祉士に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.人の話を聞くのが得意
2.相手の立場に立って親身になれる
3.人の役に立ちたい思いが強い
4.人の尊厳を大切にできる
5.協調性がある
6.物事を客観的に考えられる
7.根気強く気が長い
8.タフな精神力がある
9.冷静な考え方ができる
10.自分の意思を持っている
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 人の話を聞くのが得意 』

兼ね備えていない

精神保健福祉士として人に関わるうえで、とても大切なのが話を傾聴することです。精神保健福祉士は、精神疾患を抱える人に向き合い、支援を行います。精神疾患は、身体のケガや病気のように目に見えるものではありません。人の精神状態はとても複雑で理解することが難しいですが、まずは相手の話に耳を傾け、心をこめて聴く傾聴の姿勢が基本となります。

『 相手の立場に立って親身になれる 』

そこそこ兼ね備えている

精神保健福祉士は、相手の立場に立ち、親身になれることが大切です。精神疾患を抱える人は、性別や年齢、病気や障がいの程度、また家庭環境などがバラバラで、問題も人それぞれです。精神疾患の患者だけでなく、周囲の家族がその対象となる場合も多くあります。それらを理解し、支援していくためには、さまざまな立場に立って、物事を捉え、「自分であればどうだろう」と親身になった意識で関わる必要があります。

『 人の役に立ちたい思いが強い 』

兼ね備えていない

精神保健福祉士には、人の役に立ちたいという思いが根底にある人が向いているといえます。精神保健福祉士は、精神疾患を抱える人と向き合うことから始め、支援することで、問題を改善・解決し、自立や社会につないでいくといった重要な役割があります。一度失ってしまった社会とのつながりを再構築することは難しいことではありますが、自分の支援によって相手が前を向くことができれば、それは大きなやりがいになります。人の役に立つ仕事をしたいという思いがある人にとってはとても大切なやりがいとなるでしょう。

『 人の尊厳を大切にできる 』

そこそこ兼ね備えている

精神保健福祉士だけに限ったことではありませんが、対象となる相手の人としての尊厳を大切にできるということが必要不可欠です。精神保健福祉士は、さまざまな人に関わりますが、中には精神疾患の程度が重度の方ももちろんいます。精神疾患によって、日常の生活もままならず社会から取り残されているような状況の方もいるでしょう。精神保健福祉士として相手を理解したり関わったりすることに戸惑いを持つ場合もあるかもしれませんが、今を生きている一人の「人」としての存在、その尊厳を忘れてはいけません。その精神を自分自身大切に維持することが必要です。

『 協調性がある 』

十分に兼ね備えている

精神保健福祉士は、精神疾患を抱える患者だけでなく、家族をはじめ周囲のさまざまな立場の人、また、支援する側の多くの職種の人と関わることになります。多くの人と連携しながら支援していくことが必要であるため、協調性やコミュニケーション能力が求められます。自分の考えばかり主張しすぎてもいけないし、かといって他者の意見ばかり聞いているだけでもいけません。円滑なコミュニケーションをとりながら、調整役をこなしていくことが大切です。

スポンサーリンク

『 物事を客観的に考えられる 』

そこそこ兼ね備えている

精神保健福祉士に大切なことに、客観的な考え方ができるといった点があります。精神疾患を抱える当事者やその家族は、周囲とのかかわりが少なく、現在の状況から抜け出せなくなっている場合も少なくありません。親身になることは大切ですが、当事者目線だけでは、支援につながりません。第三者として客観的な目で捉えられる、物事を考えられるといった面も非常に重要となります。客観的に多角的に捉えることで、前進することが大切です。

『 根気強く気が長い 』

そこそこ兼ね備えている

精神保健福祉士に向いている人の特徴として、根気強く、気が長い性格の人があげられます。身体的な症状のみの場合とは違って、精神疾患は回復にとても長い時間を要することが少なくありません。数年、数十年単位で支援の方法を考えることも多く、また回復したと思ったら悪化したというようなケースもあります。そのため、焦らず根気よく見守り、長い目で向き合い支援することが求められます。

『 タフな精神力がある 』

そこそこ兼ね備えている

精神保健福祉士の仕事は、決して気楽なものではありません。話一つ聞くだけでも、友人との雑談のように気楽に聞くわけにはいきません。疾患の程度やおかれている環境によっては、聞くのが辛くなるような話になることもしばしばあります。また、思うように信頼関係が築けず、暴言や理不尽な要求を向けられることもあるかもしれません。そんなときにも背を向けず、責任感を持って関わっていくだけのタフな精神力が求められます。

『 冷静な考え方ができる 』

そこそこ兼ね備えている

精神保健福祉士には、冷静な考え方が必要になる場面も多くあります。患者と向き合い支援していく過程では、患者や家族自身が冷静になれず問正常な判断が難しい場合もあります。そんな時、状況を把握したうえで冷静に考え、判断できる精神保健福祉士の存在が必要となります。議論がヒートアップする局面でも、一旦頭を冷やして考え直すことで問題が解決できるといったこともあるでしょう。

『 自分の意思を持っている 』

兼ね備えていない

精神保健福祉士は、自分自身の意思をしっかり持つことが大切です。人の感情、精神に直に向き合い、とても近いところで関わる精神保健福祉士は、自分の意思が揺らぎそうになってしまうことも少なくありません。負の感情や相手の状況に深く入り込みすぎて、自分自身が疲弊し、意思を見失ってしまうことは危険なことでもあります。自分は自分であるという意思がしっかりとあり、仕事とプライベートをうまく切り替えられるといった点も必要不可欠です。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの精神保健福祉士適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る