理想の就活/転職のための
自己分析サイト

医療ソーシャルワーカーに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今医療ソーシャルワーカーの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい医療ソーシャルワーカーに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

医療ソーシャルワーカーに向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたの医療ソーシャルワーカー適性診断結果

あなたの適性度は46%で、医療ソーシャルワーカーの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。医療ソーシャルワーカーを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

医療ソーシャルワーカーに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.人とのコミュニケーションが好きで得意
2.相手の立場に立って考え寄り添える
3.神経が細やかで気配りができる
4.洞察力があり相手を深く理解できる
5.強い責任感がある
6.感情に流されず冷静に対処できる
7.効率的に作業を進めるのが得意
8.複数のことが同時にできる
9.勉強が好きで努力を惜しまない
10.常にベストを目指して試行錯誤する
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 人とのコミュニケーションが好きで得意 』

十分に兼ね備えている

患者さんとその家族が抱える様々な問題を親身になって共に考え、解決していくのが医療ソーシャルワーカーの仕事です。そのため、まずは綿密なヒアリングが必要になります。相手からうまく話を聞き出すには、高いコミュニケーション能力が欠かせません。また、患者さんには様々なタイプの人がいますが、どんなタイプの人にも苦手意識を持たずフラットに接することも大切です。誰にでも分け隔てなく思いやりを持って接することのできる人、いわば「人が好き」なひとは医療ソーシャルワーカーに向いているといえるでしょう。

『 相手の立場に立って考え寄り添える 』

そこそこ兼ね備えている

医療ソーシャルワーカーが関わるのは、主に長期療養を余儀なくされた人です。そうした患者さんには、厄介な病気を抱えて仕事も休むか辞めるかしなければならず、家族との間もぎくしゃくするなどいろいろな問題を抱えて苦しんでいる人が多いのです。そうした人はもちろん解決策も望んでいますが、まず必要なのは温かく寄り添い気持ちを理解してあげることでしょう。そのために、相手の立場に立って物事を考える力も医療ソーシャルワーカーには必要です。

『 神経が細やかで気配りができる 』

あまり兼ね備えていない

病状の変化を読み取るのは医師や看護師の仕事ですが、患者さんの心の変化を読み取るのは医療ソーシャルワーカーの仕事です。悩んでいることがあっても口に出せない患者さんに対し、些細な表情や雰囲気の変化から何かを察知し、適切な言葉をかけてあげるのはとても大切なことです。そうしたことが自然にできるような医療ソーシャルワーカーには患者さんも心を開き、信頼を寄せてくれるようになるでしょう。

『 洞察力があり相手を深く理解できる 』

そこそこ兼ね備えている

人を理解するというのは簡単なことではありません。何度会話を重ねてもわかり得ない部分もあります。そこを補うのが「洞察力」です。大きなけがや病気を抱えて心が傷つき、不安に陥っている患者さんは、時に医師の言いつけに背いたり、家に帰りたいと言い出したりすることもあります。そんなときには単なるワガママだと頭から決めつけるのではなく、日頃の会話も踏まえて深い洞察力で相手を理解し、相手の思いをくみ取ってあげることが大切です。

『 強い責任感がある 』

兼ね備えていない

医療や福祉の制度は一般の人にとっては複雑でわかりにくい部分もあり、自分がどんなサポートを得られるのかという情報になかなかたどり着けないこともあります。そこで、専門知識を活かして患者さんに一番合った医療や福祉制度を受けられるよう働くのが医療ソーシャルワーカーです。時に困難なことがあっても、絶対にこの患者さんを助けるのだという強い意志と責任感を持ち、粘り強く行動することが大切です。

スポンサーリンク

『 感情に流されず冷静に対処できる 』

だいぶ兼ね備えている

医療ソーシャルワーカーは患者さんと密なコミュニケーションを重ね、相手をよく理解し細やかな気遣いをするなど、人間的に深い関わり合いを持ちます。ただ、仕事熱心なあまり相手の心に寄り添いすぎると、何か困難に当たったときに一緒になって落ち込んでしまう恐れもあります。医療ソーシャルワーカーはプロとして、常に冷静な一面も持ち続けていなくてはなりません。時には仕事として「割り切る」ことも必要なのです。

『 効率的に作業を進めるのが得意 』

だいぶ兼ね備えている

医療ソーシャルワーカーの仕事は、非常に幅広く多岐にわたります。どこまで、と線引きすることが難しい部分もあるため、雑用を任されてしまうことも往々にしてありがちです。しかしすべて引き受けていたら、いずれはオーバーワークで体を壊してしまうでしょう。そうならないよう自分の領域はここまで、とすっぱり割り切り、仕事には優先順位をつけて効率よくこなすことが必要です。ある意味での要領の良さが求められるともいえるでしょう。

『 複数のことが同時にできる 』

十分に兼ね備えている

医療ソーシャルワーカーは常に複数の患者さんを担当しています。人によって事情が違い、求めるサポートも異なる患者さんたちを同時進行で見ていかなくてはなりません。しかもそれぞれに状況が刻々と変化していくので、それに対応するためのマルチタスク能力は必須といえるでしょう。

『 勉強が好きで努力を惜しまない 』

兼ね備えていない

医療技術は日々進歩し、また福祉制度は改正を重ね保険も新たなものが次々登場しています。医療ソーシャルワーカーが患者さんとこれらの医療・サービスを適切に結びつけるためには、常に最新の知識を仕入れておく必要があります。つまり資格を取ったら終わりではなく、ずっと勉強し続けることが必要なのです。そのため学ぶことが苦にならない、というのも医療ソーシャルワーカーの適性としては重要な点です。

『 常にベストを目指して試行錯誤する 』

あまり兼ね備えていない

一人一人事情も病状も背景も異なる患者さんに対し、ベストな回答を探していくのが医療ソーシャルワーカーの役目です。絶対的な正解というものはなく、その都度違う複雑な条件の中で最善を目指していかなくてはなりません。従って医療ソーシャルワーカーには固定観念にとらわれず、柔軟な思考で試行錯誤を繰り返すことを厭わない姿勢が求められます。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの医療ソーシャルワーカー適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

この適正診断テストでわかること

  • 医療ソーシャルワーカーに向いているか向いていないか
  • 医療ソーシャルワーカーの職業適性度
  • 医療ソーシャルワーカーに必要な10の資質
  • 解説で医療ソーシャルワーカーに必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか
アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る