理想の就活/転職のための
自己分析サイト

診療情報管理士に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今診療情報管理士の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい診療情報管理士に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたの診療情報管理士適性診断結果

あなたの適性度は56%で、診療情報管理士の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。診療情報管理士を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

診療情報管理士に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.細かい作業が得意
2.確認作業が丁寧にできる
3.トラブルを未然に防ぐ危機管理意識が強い
4.計画的に仕事を進められる
5.コミュニケーション能力が高い
6.ITスキル習得のための勉強が苦でない
7.外国語が得意
8.事務作業全般が得意
9.長時間の一人での仕事が苦にならない
10.医療関係の知識を身につけるのが好き
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 細かい作業が得意 』

あまり兼ね備えていない

医療機関で取り扱う診療記録のように、細かく膨大なデータを扱うのが、診療情報管理士の主な仕事です。診療記録に記載される患者の情報は日々変化する上に、さらにデータ自体が画一的なものでないため、データ入力1つをとっても、慎重に行う必要があります。診療記録に入力されるデータの情報が1つでも間違っていると、患者自身の命に関わるため、常に集中力の維持も求められます。データ入力や確認を一人で全て行う性質上、細かい作業を黙々と進めるのが得意な人に最適な仕事です。

『 確認作業が丁寧にできる 』

あまり兼ね備えていない

診療記録へのデータ入力及び加工以外に、内容の精査を行うのも、診療情報管理士の仕事となっています。さらに、医師から提供される、医療行為に関するデータを揃える役割も担っており、医療機関内部だけでなく外部にも大きな影響を与えます。一つのミスが致命的な状況を引き起こす以上、情報を精査・確認する作業が欠かせないため、毎日の確認作業が丁寧にできる人でないと、務められない仕事です。

『 トラブルを未然に防ぐ危機管理意識が強い 』

そこそこ兼ね備えている

患者に関する個人情報が記載されている診療記録を始めとして、勤務している医療機関の経営情報といった、多くの機密事項を扱う仕事が診療情報管理士です。こういった情報を高度かつ正確に扱える能力のみならず、外部への流出を阻止するといった管理能力も求められます。機密情報の取り扱いに失敗すれば、最悪医療機関の経営に多大なる影響を与えてしまうため、高度な情報リテラシーを持っている人でなければできない仕事です。

『 計画的に仕事を進められる 』

だいぶ兼ね備えている

医師及び看護師のように、チームワークが求められる内容の仕事が多い医療機関の中において、診療情報管理士は個人で仕事を行います。診療情報管理士としての仕事がある程度できるようになると、一通りの業務を単独で任せられる可能性がある点が、医療機関における他の仕事との違いです。自分のペースで進められる反面、周辺の状況を把握しながら、スケジュールを立てて計画的に仕事を行う能力が求められます。

『 コミュニケーション能力が高い 』

十分に兼ね備えている

個人で仕事を行う診療情報管理士でも、医師や看護師といった、医療機関に務める人たちとの連携が不可欠です。とりわけ、正確な診療記録の記載に欠かせない、カルテに記載されている内容を確認する作業は、毎日のように行われます。もし、カルテに記載されている内容が間違っている場合は修正をしなくてはならないため、医師や看護師とのコミュニケーションが欠かせない仕事となります。さらに、分析したデータを、経営陣に報告する役割も担うため、正確に情報を伝えられる能力も必須です。

スポンサーリンク

『 ITスキル習得のための勉強が苦でない 』

そこそこ兼ね備えている

診療情報管理士が扱うデータは膨大な量に及ぶため、データ管理系のソフトを扱うスキルが、最低限求められます。データ管理系のソフトを操作できるスキル、もしくは資格を持っている点をアピールすると、診療情報管理士の就職には有利です。加えて、電子カルテのデータを管理する、特別なソフトウェアの操作もしなくてはならないのですが、こういったソフトは常に最新の状態に更新されます。ソフトの操作だけでなく、システム更新にも対応できるITスキルが求められる仕事の一つです。

『 外国語が得意 』

そこそこ兼ね備えている

医師及び看護師が記載したカルテを正確に読み取る能力が、診療情報管理士に求められますが、場合によっては日本語以外の言語で書かれたカルテを渡されるケースもあります。英語、あるいはドイツ語で書かれた内容を正しく理解する能力も求められるため、そういった内容を理解できると、効率良い仕事が可能です。英語で書かれた本を辞書無しで読める等、外国語のスキルを持っている人も、診療情報管理士に適性があります。

『 事務作業全般が得意 』

だいぶ兼ね備えている

診療情報管理士が扱うデータの中に、診療報酬が含まれるという性質もあり、診療報酬の請求業務であるレセプト業務を、診療情報管理士が行うケースもあります。外来患者に対して診察代金支払いの受付を窓口で行う他、診療報酬明細書の作成も兼務するため、お金を取り扱う業務であっても苦にならない人に向いている仕事です。

『 長時間の一人での仕事が苦にならない 』

そこそこ兼ね備えている

診療情報管理士の仕事の大半が、データに関する処理業務である以上、一人で作業する時間が自然と長くなります。データ入力のみならず、入力したデータの確認も一人で行うため、チームワークが求められる仕事をしたい人には、診療情報管理士の仕事が苦痛に感じる可能性があります。

『 医療関係の知識を身につけるのが好き 』

あまり兼ね備えていない

診療情報管理士の仕事を効率良く行うには、医療に関する専門的な知識の習得が必須です。診療記録やカルテに書かれている内容を確認、修正する際に必要となる能力なので、絶えず変化する医療関係の知識を積極的に身につけられる人であれば、診療情報管理士に向いています。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの診療情報管理士適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0

おすすめコンテンツ

おすすめコンテンツ

ピックアップ職業適性診断

  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る