理想の就活/転職のための
自己分析サイト

航海士に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今航海士の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい航海士に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

航海士に向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたの航海士適性診断結果

あなたの適性度は53%で、航海士の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。航海士を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

航海士に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.海や船が好き
2.責任感が強い
3.リーダーシップがある
4.常に冷静でいられる
5.コミュニケーション能力がある
6.不規則な生活でも苦にならない
7.体力がある
8.メンタルが強い
9.自己管理ができる
10.資格の勉強を頑張れる
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 海や船が好き 』

十分に兼ね備えている

航海士の仕事現場は、基本的に船の上です。そして、勤務期間は、短ければ数週間、長いと半年以上になります。その期間中、ずっと船で生活をしなければなりません。そのため、海や船が好きだという人に、航海士の仕事が向いています。常に海または船に関わり続けられるので、海や船が好きな人にとっては、天職になる可能性が高いです。常に好きなものに携わることで、働くモチベーションを維持しやすいでしょう。

『 責任感が強い 』

そこそこ兼ね備えている

航海士は、船の進行を担う仕事です。船は、サイズに関わらず、全て担当する航海士の指示に従って進みます。つまり、航海士の指示が間違っていれば、大きなトラブルに発展する恐れがあります。浅瀬に乗り上げて身動きが取れなくなったり、岩礁にぶつかって船底に穴が開くということも、十分あり得ます。さらに、他の船にぶつかった場合は、人命が危険にさらされる恐れがあります。そのような重大な事件を起こさないよう、強い責任感を持って仕事ができる人が、航海士に向いています。責任を負いたくないという人が、航海士になるのは難しいです。

『 リーダーシップがある 』

そこそこ兼ね備えている

航海士は、船の進行方向を決めます。そして、船長の代わりに、操舵手を始めとする船員に指示を出すことも珍しくありません。そのため、明確な指示が出せる、リーダーシップがある人が航海士に向いています。また、航海士の仕事は、ただ船の進行方向を決めるだけではありません。陸地で船に荷物を積み込む作業や、陸地に船を近付ける作業の指示を任せられることもあります。そのような指示を出す際にも、リーダーシップが必要です。

『 常に冷静でいられる 』

そこそこ兼ね備えている

航海士が船の進行方向を決める際には、常に冷静である必要があります。船の状態や周囲の気象状況などの情報を考慮した上で、航海士が冷静に進路を決めることで、船は安全に進むことができます。そして、それは平常時だけでなく、緊急時も同様です。天候が悪化したり、船に予想外のトラブルが起こった際にも、航海士は冷静でなければいけません。したがって、常に冷静でいられる人が、航海士に向いています。少しでも予想外のことが起こった時に、パニックで思考が停止してしまう人は、船を危険にさらす恐れがあるので、航海士向きではありません。

『 コミュニケーション能力がある 』

十分に兼ね備えている

航海士は、他の船員に指示を出して、その指示通りに動いてもらわなければなりません。そのためには、日ごろからコミュニケーションを取って、信頼関係を築いておかなければなりません。また、大きな船の場合は、2人以上の航海士で勤務に当たることもあります。その、仲間の航海士との関係を良好に保つためにも、コミュニケーションが必要です。よって、相手がどのような人でも、ある程度の信頼関係を築けるような、コミュニケーション能力の持ち主が、航海士に向いています。

スポンサーリンク

『 不規則な生活でも苦にならない 』

兼ね備えていない

船は、24時間常に航行しているため、船の進行を担う航海士も24時間体制で働かなければなりません。航海士が24時間体制で行う見張りの仕事を、ワッチと呼びます。ワッチは基本的に、24時間を3分割した、3交代制で働くことになります。大抵の場合は、4時間ごとに交代する仕組みで、早朝や深夜など、具体的にどの時間帯で働くのかは、船や自身のポジションによって変わります。ある船では日中に働いていたけれども、他の船に乗った際には深夜勤務が中心だということは、珍しくありません。また、同じ船であっても、日中勤務と深夜勤務を繰り返す変則的なシフトの場合もあります。そのような、不規則な生活でも耐えられる人が、航海士に向いています。

『 体力がある 』

兼ね備えていない

航海士は基本的に、長期間船の上で生活することになります。そして、生活は不規則になることが多いです。そのような厳しい環境でも耐えられる、体力のある人が航海士に向いています。また、規模が小さな船の場合は、航海士が荷物の積み下ろしなどの作業を行うことがあります。その作業をこなすためにも、体力が必要です。

『 メンタルが強い 』

そこそこ兼ね備えている

航海士の仕事は、メンタルにも大きな負担となります。常に責任感が求められるという、大きなプレッシャーがのしかかるからです。そのようなプレッシャーに負けることなく、しっかりと任務を遂行できる、メンタルの強い人が航海士に向いています。プレッシャーがかかると、メンタルが壊れてノイローゼになってしまいそうな人は、航海士には向いていません。

『 自己管理ができる 』

あまり兼ね備えていない

航海士は、肉体的にも精神的にもハードな仕事です。しかし、なるべく身体を壊さないように注意しなければなりません。特に、数ヶ月の長期勤務の場合、体調を崩してしまうと、対処が難しいです。船には船医がいますが、船上でできる治療には限りがあります。もし、大きな病気にかかった場合、治療のために船のスケジュールを変更させるなど、他の船員に迷惑をかけることになりかねません。さらに、体調を崩すことで航海士がひとり抜けると、他の航海士の負担が大きくなります。そういったことを未然に防ぐために、身体を壊さないよう、しっかり自己管理ができる人が、航海士に向いています。

『 資格の勉強を頑張れる 』

だいぶ兼ね備えている

航海士になるためには、国家試験に合格して、国家資格を取得しなければなりません。そして、航海士の国家試験は、簡単に合格できるものではありません。そのようなハードルの高い試験に合格するために、しっかりと勉強ができる人が、航海士に向いています。また、航海士の資格を取得した後も、より高い階級の航海士になりたいのであれば、経験を積みながら、勉強をする必要があります。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの航海士適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

この適正診断テストでわかること

  • 航海士に向いているか向いていないか
  • 航海士の職業適性度
  • 航海士に必要な10の資質
  • 解説で航海士に必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか
アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る