理想の就活/転職のための
自己分析サイト

マーケティングリサーチャーに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今マーケティングリサーチャーの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいマーケティングリサーチャーに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたのマーケティングリサーチャー適性診断結果

あなたの適性度は56%で、マーケティングリサーチャーの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。マーケティングリサーチャーを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

マーケティングリサーチャーに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.論理的な思考が得意
2.数字を扱うのが得意
3.物事を客観的に見られる
4.人や物の長所を見つけるのが得意
5.市場経済に興味がある
6.分析力が高い
7.新しいアイデアを考えるのが得意
8.プレゼンテーションスキルがある
9.トレンドに敏感
10.何事も長期的な視点を持てる
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 論理的な思考が得意 』

あまり兼ね備えていない

マーケティングリサーチャーは論理的な思考力がある人に向いています。市場調査をした結果から何が言えるのか、何をしたら良いのかを事実に基づいて考えていき、誰もが納得できる論理を組み立てて提案するのがマーケティングリサーチャーのメインの仕事だからです。市場分析では自分の感性で判断するのではなく、あくまでデータに基づいて論理的に議論をすることが求められるので重要なスキルです。

『 数字を扱うのが得意 』

あまり兼ね備えていない

マーケティングリサーチャーは、数字に強く数学的な考え方が得意な人に適しています。マーケティングリサーチャーは市場調査をした結果を数値化して分析を進めていくのが仕事の一つです。アンケート結果を数値化してグラフにまとめるといった作業だけでなく、統計分析をして新しい知見を得ることも重要なので、数学的な考え方や統計分析のスキルがあるとマーケティングリサーチャーとして活躍できます。

『 物事を客観的に見られる 』

そこそこ兼ね備えている

マーケティングリサーチャーは物事を客観的に見られることが重要です。マーケティングリサーチャーは市場調査の計画と実施から始まり、データを分析してフォローしていく、あるいは新規開発の提案をする役割を果たします。客観的な視点で物事を俯瞰する力があると、世の中で求められているものが何なのかを明確にできます。自分の主観を入れずに考える力があるのはマーケティングリサーチャーにとって貴重です。

『 人や物の長所を見つけるのが得意 』

だいぶ兼ね備えている

マーケティングリサーチャーは魅力を発見する力がある人に向いています。市場調査をするときには自社の商品やサービス、あるいは競合他社の製品について魅力を考慮して調査内容を決めるのが一般的だからです。また、世の中に登場してきた魅力的なものをピックアップして企画に盛り込む力も重要になります。人や物の魅力を自然に発見できる人にとってマーケティングリサーチャーは活躍できる職種です。

『 市場経済に興味がある 』

十分に兼ね備えている

マーケティングリサーチャーは市場調査をして分析することにより、市場について理解を深めるのが重要な職務です。市場経済に興味がある人にとって働きやすいでしょう。市場経済の理論について学ぶと使えるノウハウも増えていきます。学びながら市場経済についてより深く知りたいという気持ちがあると、マーケティングリサーチャーとして活躍の道を歩むことができるでしょう。

スポンサーリンク

『 分析力が高い 』

そこそこ兼ね備えている

マーケティングリサーチャーには多角的な視点での分析力が求められます。分析が得意な人にとって活躍できる仕事で、分析的な視点を幅広く持っていると新しい可能性を次々に見出せる可能性が高まるでしょう。マーケティングにおける分析のフレーム枠はたくさんあり、どれを使うかによって導き出せることが異なります。いろいろな分析を通して自分だけのノウハウができると他の人よりも秀でた人材として評価されます。

『 新しいアイデアを考えるのが得意 』

そこそこ兼ね備えている

マーケティングリサーチャーにはアイデア力がある人にとってうってつけです。マーケティングリサーチャーは市場調査の立案から始まり、結果に基づいて社内に提案をします。調査内容の立案ではアイデアが重要で、目的に応じた調査方法や調査内容を選定することが必要です。結果から提案を導き出すときにもアイデアが必要になります。発想が豊かでアイデアマンになれる人はマーケティングリサーチャーとして活躍できるでしょう。

『 プレゼンテーションスキルがある 』

だいぶ兼ね備えている

プレゼンテーションスキルがある人はマーケティングリサーチャーに向いています。市場調査の結果を社内報告するときにはデータをわかりやすくまとめてプレゼンテーションをする必要があるからです。自分だけでは結果から次のアクションを導き出せなかったとしても、わかりやすく伝えれば周囲からアイデアを導き出せます。表やグラフによる可視化が得意だとマーケティングリサーチャーとしてわかりやすいプレゼンテーションができます。

『 トレンドに敏感 』

そこそこ兼ね備えている

マーケティングリサーチャーはトレンドに対して敏感で興味関心がある人に適しています。トレンドの調査をして新製品の開発や新しいビジネスモデルを提案するのがマーケティングリサーチャーの役割の一つだからです。自社事業とトレンドを対照して新しい可能性を切り開く市場調査を立案できる人はマーケティングリサーチャーとして成功しています。

『 何事も長期的な視点を持てる 』

あまり兼ね備えていない

マーケティングリサーチャーは目の前のことにこだわるのも大切ですが、長期的な視点を持って考えられることも重要です。目下のトレンドに着目して商品開発を進めたら、2年後にはトレンドが終わって市場がなくなるということもあり得ます。長期的な視野でトレンドをつかめるスキルがあると活躍できます。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのマーケティングリサーチャー適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0

おすすめコンテンツ

おすすめコンテンツ

ピックアップ職業適性診断

  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る