理想の就活/転職のための
自己分析サイト

本ページはマイナビ社などの広告が含まれています

管理職に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今管理職の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい管理職に
向いているかわかります。

20問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

管理職に向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたの管理職適性診断結果

あなたの適性度は48%で、管理職の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。管理職を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

管理職に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.ストレス解消が上手い
2.人に教えることが好き
3.周りを盛り上げられる
4.適度な厳しさを持って人に接せられる
5.コミュニケーションを取るのが上手い
6.責任感がある
7.何事にも一生懸命
8.人よりも先を見通す力がある
9.仕事を上手く他人に任せられる
10.失敗や挫折を乗り越えた経験が多い
スポンサーリンク
\この診断を受けたい方はコチラ/
管理職適性診断を受ける(2分)

診断結果の解説

『 ストレス解消が上手い 』

兼ね備えていない

どの職場でも管理職に就けば、何かあった時責任を持つ場面も増えてきます。自分の部下のミスであっても、責任者として自分が被らなければいけない時もあるのです。基本的にストレスが多いため、普段から自分の趣味や気持ちを切り替えられる楽しいものを持っている人に向いています。繊細で職場でのストレスを自宅でも休日でも持ち込みやすい人には、心身が持たず向いていないでしょう。嫌なことがあっても、流せる人に向いています。

『 人に教えることが好き 』

そこそこ兼ね備えている

部下にわからない部分を質問された時、自分が教えなければいけない場面も多いのが管理職です。普段から何か教えることが嫌いではなく、困っている人やわからないでつまずいている人に優しく教えられる人は管理職に向いていると言えるでしょう。自分が何か教えてもらい知識を得ることは得意でも、あまり人に教えるのは好きじゃないという人は管理職に向いていません。アドバイスするのが嫌ではなく、人に教えることが好きな人にピッタリです。

『 周りを盛り上げられる 』

そこそこ兼ね備えている

管理職ともなれば、会社の中で自分だけが頑張ってもよくありません。部下も巻き込んでいき、良い成果を出していかなければなりません。周りのモチベーションを上げて、この会社のために頑張りたいと思えるような気持ちを引き出さなければ納得のいく結果も得にくくなってしまいます。何かする時に周りの気持ちを盛り上げることが得意だったという人は管理職に向いています。逆に誰かに影響を与えるのは苦手な人は、管理職は大変かもしれません。

『 適度な厳しさを持って人に接せられる 』

そこそこ兼ね備えている

厳しすぎて会社に行くのが嫌になってしまう程力を振りかざしてしまうと、部下がついていけず辞めてしまう人も増えてしまいます。しかし、難しいところで、すべてゆるゆるな雰囲気を作ってしまうと、だらしない部下が増えてしまいます。適度に緊張感があり、結果を出さなければいけないという雰囲気づくりは管理職にとって重要です。普段は相談しやすく話しやすいが、適度な緊張感も一緒に与えられる人は向いています。優しすぎる人は管理職に向いていません。

『 コミュニケーションを取るのが上手い 』

だいぶ兼ね備えている

管理職になり、会社のためににも結果を出したいと思ったら、部下の力は大きいです。ただ、部下が困っている時に話が聞けない、仕事がやりにくい雰囲気を作ってしまうと結果は出せなくなってしまいます。普段からコミュニケーションが取りやすい環境であれば、部下も力を発揮しやすくより良いものを作れます。話を聞いてあげアドバイスを安心して受けられるだけでも部下は安心するのです。人のコミュニケーションが面倒な人は合いません。

スポンサーリンク

『 責任感がある 』

十分に兼ね備えている

何かに取り組む時、適当にやっているような人は管理職に向いていません。役職に就いていない人に比べて、会社にとって要になるような仕事も任せられます。もし責任感がなくやっていたのでは、会社全体の利益にも大きく関わってしまうのです。経営者からしても、そんな人を管理職にしたいとは思いません。普段から行動する時、自分に責任を持ってしっかりとやり遂げるタイプの人は管理職に向いています。責任は持ちたくないと考えている人は管理職に向きません。

『 何事にも一生懸命 』

あまり兼ね備えていない

管理職になっても、仕事に対して手抜きをせず一生懸命な人は好かれます。特に部下は冷静な目で、どんな人か上司を見極めているものです。仕事に対して紳士的に一生懸命取り組んでいれば、その姿勢を見て部下がついてきます。皆の心がいつの間にか一つになり、会社にとって利益になる良いものを作れるでしょう。逆に部下をバカにして威張っているような管理職にはついてきません。管理職になったら、自分が偉くて命令できると思っている人には向きません。

『 人よりも先を見通す力がある 』

兼ね備えていない

部下にも指導しながら、会社に利益が出るように結果を残さなければいけないのも管理職です。常に先を見据えて、今何をして部下にどのようなことを任せたら良いのか考えなければなりません。普段から先見の明を持っていて、具体的な目標を立てることが得意な人は管理職に向いています。逆に、目先のことを見据えるのが普段から苦手で、今のことしか考えられない人は管理職には向いていないと言えるでしょう。

『 仕事を上手く他人に任せられる 』

あまり兼ね備えていない

会社で利益を上げ達成するには、皆の力が必要です。管理職にもなればさまざまな業務を任せられ、自分一人では到底できないくらいの仕事量となります。この時、部下を信用できないからといって、なんでも自分でやろうとする人は管理職に向いていません。自分だけでは終わらないですし、部下も信用されていないというのを感じてしまい嫌悪感を抱きます。お互いの印象も悪くなり、効率も落ちてしまうのです。部下を信頼して業務を任せられる人は管理職に向いています。

『 失敗や挫折を乗り越えた経験が多い 』

だいぶ兼ね備えている

会社で勤めていて、すべて完璧で一度もミスをしたことがない人はいないでしょう。失敗をした時は落ち込んでしまいますが、その後どう行動すれば良いのかがわかってきます。軌道修正をし、再度やり直す知識が身につき、同じようにミスをした人を助けてあげられます。管理職になると部下のフォローをする機会が増えますが、自分が失敗も多くその後の対応を経験している人は経験が活かせるため向いていると言えるでしょう。逆に完璧に近く来た人は、フォローに慣れず大変かもしれません。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの管理職適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

1位 マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

2位 doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

3位 リクルートエージェント

└業界最大手で転職支援実績No.1

\この診断を受けたい方はコチラ/
管理職適性診断を受ける(2分)

《 管理職適性診断の質問一覧 》

  • Q1. ストレスが溜まっても寝たら忘れる
  • Q2. 人に教える事が好きで得意だ
  • Q3. 組織やチームの士気を上げる発言ができる
  • Q4. 必要であれば厳しく注意することができる
  • Q5. コミュニケーション能力には自信がある
  • Q6. 任せられた仕事はきっちりやり遂げる
  • Q7. やるべきことは何でも手を抜かずに全力を尽くす
  • Q8. 世の中が将来こうなりそうだとよく考える
  • Q9. 自分で仕事を抱えすぎず人に振ることができる
  • Q10. 何事もあきらめずに粘り強く食らいつく
  • Q11. 休日は趣味やスポーツに没頭する
  • Q12. 人と関わるより一人で進められる仕事が好きだ
  • Q13. 無口で人見知りだ
  • Q14. 相手からナメられていると感じることがある
  • Q15. 人の話を聞くのは苦手だ
  • Q16. いつも約束の時間に遅れてしまう
  • Q17. やりたい事しかできない人間だと思う
  • Q18. 将来のキャリアプランが定まっていない
  • Q19. 人に頼みごとをするのが苦手だ
  • Q20. 失敗や挫折をいつまでも引きずってしまう

この適正診断テストでわかること

  • 管理職に向いているか向いていないか
  • 管理職の職業適性度
  • 管理職に必要な10の資質
  • 解説で管理職に必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか

管理職とは?

管理職は文字通り、部署やチームに属している一般社員を管理するのが主な仕事です。

一口に管理職と言っても、係長や部長などいくつかの役職に分かれていて、ポジションごとに与えられる権限や担当する範囲が異なります。

キャリアが上になるほど管理する社員の数も増えていくため、責任や業務の負担は大きくなるのは否めません。

その分、給料を含めた会社からの待遇が良くなるなど、やりがいを持って取り組むことはできます。

特別な役職を与えられているといっても会社の従業員であることに変わりはありません。

部下のマネジメントと合わせて、基本業務もこなしていく必要があります。

管理職になるには?

キャリアアップで管理職のポジションに就くためには、目に見える成果を残すことが基本です。

一般企業の人事は担当部署や経営者クラスの上層部の判断に委ねられていますが、大半の会社は昇進に必要な条件を設けています。

会社の経営に大きく影響する大きな仕事を獲得するなど、目に見える結果を残して上層部や人事部に存在を認めてもらうことが管理職への第一歩です。

管理職になる上で特別な資格は必要はありませんが、重要なポジションを任せる以上、優秀さは求められます。

技術面はもちろん、部下を管理するマネジメント力など独学で専門スキルを身につけておかなくてはいけません。

管理職の給料・年収

管理職と呼ばれるポジションは、役職で年収に差が出ます。

複数のサイトからの調査結果によると、役職中一番下のポジションにあたる係長で350万円前後です。

ワンランク上の課長クラスで470万円前後、部長級で600万円弱とされています。

ただし、企業で働く社員の給料は業界全体の平均相場、企業で定められた規約を基に、それぞれの会社が独自の判断で決めるため、必ずしも全てが同じとは限りません。

業績が安定している一流企業の場合、高い給料が支払われるケースもあります。

逆に業績悪化を理由に、給料を減らされることもあるので注意が必要です。

管理職の就職・転職先(求人)

部下のマネジメントが主な役割となる管理職は、平社員からのキャリアアップで初めて就くことができます。

そのため、新卒や業界未経験者の就職でいきなり管理職に就くことは難しいのが実情です。

管理職として働いていた人が転職をする場合には、前職と同じポジションからスタートすることもできます。

ただし、マネジメントだけでなく業務に関わる能力も求められるため、他業種への転職では同等のポジションに就けないケースも少なくありません。

エンジニアとして働いていた人はIT関連の企業といったように、転職先の業界を変えないことが重要になります。

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0