理想の就活/転職のための
自己分析サイト

鍵師に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今鍵師の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい鍵師に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

鍵師に向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたの鍵師適性診断結果

あなたの適性度は54%で、鍵師の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。鍵師を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

鍵師に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.向上心高く勉強に取り組める
2.細かい作業を得意にしている
3.コミュニケーション力がある
4.他者へのアピールや営業が得意
5.頼まれた仕事は即時対応できる
6.的確にアドバイスできる専門知識がある
7.単調作業でも長期間続けられる
8.抜け道を含めた道路事情に詳しい
9.人の役に立つことに喜びを感じられる
10.粘り強く一つの事をやり遂げられる
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 向上心高く勉強に取り組める 』

だいぶ兼ね備えている

多様化する犯罪に対応するために、オフィスや自宅のドアの鍵の仕組みも複雑化しています。紛失トラブルで中に入ることができなくなった時の開錠も、鍵師としての大事な仕事の一つです。進化し続ける鍵の仕組みに対応できなければ、依頼を受けても仕事を引き受けることができません。現状の知識や技術に満足することなく、積極的に新しいスキルを身に着ける向上心を持つことも鍵師に必要な資質の一つです。

『 細かい作業を得意にしている 』

兼ね備えていない

鍵師の主な役割の一つでもある、開錠作業に取り組む上で必要となるのが几帳面さです。一口に鍵と言っても、シンプルな構造が特徴のディスクシリンダーからコピーが困難と言われるディンプルシリンダーまで、種類は豊富にあります。防犯性能が高いシリンダーになるほど仕組みが複雑で、慎重かつ高い技術も持ち合わせていなければいけません。細かい作業を苦にしない、几帳面さと丁寧さも大事な能力です。

『 コミュニケーション力がある 』

そこそこ兼ね備えている

紛失トラブルに伴う扉の開錠や合鍵の作製など、鍵師の仕事は多様にありますが、どの案件も顧客とのやり取りが必要です。メイン業務の一つ開錠作業を受ける時は、犯罪予防の観点から依頼者が家の関係者であることを確かめなくてはいけません。紛失した経緯などの聞き取りなどを通して不審な点がないことを確認してから作業に入ります。鍵師として働くには、性別や年齢に関係なく誰が相手でも同じように話ができるように、コミュニケーションスキルも身に着けておかなくてはいけません。

『 他者へのアピールや営業が得意 』

そこそこ兼ね備えている

重要の増加に伴って、鍵のトラブルを専門とする企業が増加傾向にあります。顧客を相手にするサービス業は、依頼を受けることが前提となるので、積極的にアピールをしていかなくてはいけません。鍵師も同様に胡坐をかいて依頼が来るのを待つのではなく、ホームページやSNSを利用した情報発信、新聞の掲載などで営業することが集客の基本です。認知度を上げるための積極的な行動も、鍵師として活動していく上での必要な作業になります。

『 頼まれた仕事は即時対応できる 』

だいぶ兼ね備えている

顧客を相手にするサービスは、大きく分けて依頼を受けてから都合の良い日を決める事前予約、すぐに作業に取り掛かる即時対応の2種類です。鍵師は大半がトラブルが発生した時に依頼を受ける形になるので、即時対応が基本となります。事前予測ができないため、24時間どのタイミングで依頼を受けてもすぐに顧客の元に駆け付けられるように準備をしておかなくてはいけません。スケジュール調整も含めた柔軟性を持つことも、鍵師に求められる資質の一つです。

スポンサーリンク

『 的確にアドバイスできる専門知識がある 』

そこそこ兼ね備えている

開錠、合鍵の作成以外だけが鍵師の仕事ではありません。防犯に対するアドバイスをすることも、専門家としての大事な役割の一つです。従来の鍵を使って開錠するタイプ以外にも、技術力の進化に伴って指紋や暗証番号でロックを開錠する物も増えています。タイプによってメリット、デメリットは大きく異なるので、相談を受けた時に分かりやすく説明できるように仕組みを理解しておかなくてはいけません。

『 単調作業でも長期間続けられる 』

だいぶ兼ね備えている

ドアの開錠、合鍵作りなど鍵師が行う仕事は基本的な流れが決まっています。鍵のタイプによる難易度の違いはあるとはいえ、単純作業の繰り返しなので、やりがいを失ってしまう人も少なくありません。長く鍵師として活躍し続けるには、効率良く作業を進めるコツを探すなど、自分なりの楽しみ方を見つけていくことも必要です。

『 抜け道を含めた道路事情に詳しい 』

あまり兼ね備えていない

依頼をする人の多くは、鍵の紛失という予期せぬトラブルで不安を抱いています。到着するまでの時間が長くなるほど、顧客を不安にさせてしまうので、1分1秒でも早く現場に駆け付けなくてはいけません。深夜に依頼を受けるケースもあるため、鍵師は車での移動が基本となります。日中、夜間で異なる道路の混雑事情を把握して、最短で到着できるルートを知っておくことも重要になります。

『 人の役に立つことに喜びを感じられる 』

十分に兼ね備えている

家に入れない、車のドアが開かないなど、様々なトラブルを迅速に解決することが鍵師の役目です。トラブルの解決で笑顔を見れた時に喜びを感じられる、自分の持っている知識や技術が社会の役に立つことで達成感を得られる人は鍵師に向いています。

『 粘り強く一つの事をやり遂げられる 』

あまり兼ね備えていない

車や建物のドアの開錠に掛かる時間は仕組みによって様々です。数分程度で終了することもあれば、複雑な構造で時間が掛かるケースもあります。ディンプルキータイプを始めとした防犯性能に優れている鍵の場合、開錠までに数時間近く掛かる例も少なくありません。イライラした感情を抱かずに一つのことをやり遂げる粘り強さも、鍵師として仕事をしていく上で求められる能力になります。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの鍵師適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

この適正診断テストでわかること

  • 鍵師に向いているか向いていないか
  • 鍵師の職業適性度
  • 鍵師に必要な10の資質
  • 解説で鍵師に必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか
アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る