理想の就活/転職のための
自己分析サイト

本ページはマイナビ社などの広告が含まれています

労働基準監督官に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今労働基準監督官の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい労働基準監督官に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

労働基準監督官に向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたの労働基準監督官適性診断結果

あなたの適性度は53%で、労働基準監督官の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。労働基準監督官を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

労働基準監督官に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.困った人を見捨てておけない
2.勉強が好きで幅広い知識がある
3.地道な作業をやり抜ける
4.客観的な視点と公正な判断力がある
5.情に流されず人を冷静に判断する
6.フットワークが軽く行動力がある
7.法律が好きで興味がある
8.人とのコミュニケーションが得意
9.ハードワークをこなす体力がある
10.メンタルが強い
スポンサーリンク
\この診断を受けたい方はコチラ/
労働基準監督官適性診断を受ける(2分)

診断結果の解説

『 困った人を見捨てておけない 』

そこそこ兼ね備えている

企業に法律を順守させるのが労働基準監督官の仕事で、その目的は労働者の権利を守ることです。労働者は雇われているという関係上どうしても弱い立場になりがちで、企業の横暴や不正に苦しんでいるケースも少なくありません。そうした人たちを助けたいという強い思いを持ち、企業の不正を正していくのが労働基準監督官の役目です。悪質な場合は経営者を逮捕する権限も持っているので、常に正しい正義感から行動することが求められます。

『 勉強が好きで幅広い知識がある 』

そこそこ兼ね備えている

労働基準監督官は様々な業種の企業と関わっていきます。そのため、労働関係の法律に通じているだけではなく、自分が担当する地域に多い業種に関連する法律や、その業界の動向、経済状況などについても知っておくことが必要です。企業で労務・労働上の問題が起こる場合、そこにはどんな背景があるのかを理解するためにも、幅広い知識は必要不可欠といえます。よって、そうしたことを学ぶのが苦ではないというのも労働基準監督官にとって大切な資質です。

『 地道な作業をやり抜ける 』

そこそこ兼ね備えている

労働問題は企業の内部に隠されていて外部からはわかりにくいことが多く、全貌を知るためには立ち入り調査や従業員からの聞き取り調査などを丁寧に行って、十分な証拠を揃えていく必要があります。これは非常に地道で根気のいる作業です。企業ぐるみで隠蔽していることもあるので、鋭い洞察力を持って見抜くことも必要です。こうした様々な困難に負けず、最後までやり通す粘り強さを持つ人は労働基準監督官に向いています。

『 客観的な視点と公正な判断力がある 』

十分に兼ね備えている

弱い立場の労働者を守るため、といって労働者側ばかりに肩入れしては事実を見極めることはできません。労働基準監督官は中立な立場に立ち、企業側と労働者側の双方から話を聞いて、立ち入り検査の結果も含めて公正に判断することが大切です。人に対して先入観を持ったり、業種に対して偏見を持つなどというのはもってのほかです。あくまで客観的な視点で実態を把握し、適切な監督・指導をするのが労働基準監督官の仕事です。

『 情に流されず人を冷静に判断する 』

そこそこ兼ね備えている

労働違反があるのかどうか正しく判断する、これが労働基準監督官の任務です。そこに私情を挟んではなりません。例えばよく知っている友人が当事者であった場合、その人に肩入れしたくなるのが人情でしょう。しかしそれでは正しい事実は浮かんできません。調査と検査、そして証言などから総合的に判断して浮かび上がる事実が全てです。たとえ友人を罪に問うことになるとしても職務には常に忠実でいられる、そんな冷徹さも時には必要です。

スポンサーリンク

『 フットワークが軽く行動力がある 』

兼ね備えていない

これまで述べた通り、企業や工場などに実際に出向いて調査をしたり話を聞いたりするのが労働基準監督官の主な仕事です。公務員というとデスクワークのイメージが強いかもしれませんが、労働基準監督官の場合むしろ外回りが中心となります。これを大変と思うようでは労働基準監督官は務まりません。また、国家公務員なのでもちろん転勤もありますから、いち早く新しい環境に慣れる力も必要です。行動力と適応力が重要な職業といえるでしょう。

『 法律が好きで興味がある 』

兼ね備えていない

労働関連の法律に精通していることは労働基準監督官に絶対必要な条件です。この法律は度々改正されることがあるので、その都度アップデートが必要となります。一度勉強して覚えたら終わりではなく、常に新しい情報にアンテナを立てておかなくてはならないのです。従って、法律そのものに興味があり勉強が苦にならない人が労働基準監督官には向いています。もちろん単に丸暗記するのではなく、実際の場面できちんと活用できるような形で身に着けておくことが大切です。

『 人とのコミュニケーションが得意 』

そこそこ兼ね備えている

労働基準監督官は経営者側と労働者側、双方の話をよく聞いて理解し、問題の把握に努めなければなりません。そのため、コミュニケーション能力も必要です。単に会話が得意というだけでなく、相手の嘘を見抜いたり本音を引き出したり、気後れしている人も話しやすい雰囲気を作るといった一段上の能力が求められます。

『 ハードワークをこなす体力がある 』

十分に兼ね備えている

労働基準監督官はとにかく現場に出向くことの多い仕事です。いくつもの会社や工場を回って調査をし、人の話を聞き、管理・指導を行い、職場に戻れば事務作業や会議もあります。多数の案件を同時に抱えることもあって、かなりのハードワークといえます。こうした業務をこなすためには、十分な体力があることが必要です。

『 メンタルが強い 』

そこそこ兼ね備えている

労働基準監督官が扱うのは主に労働問題です。そのため苦しんでいる労働者の話を聞いたり、事業主からは嫌われたりと精神的にきつい部分も少なくありません。労災補償業務では調査のために事故現場に出向かなくてはなりませんが、傷害・死亡事故や自殺などの起きた悲惨な現場を見たり、被害者やその家族・遺族と向き合うこともあります。こうしたことに耐えられる強いメンタルも労働基準監督官には必要です。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの労働基準監督官適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

1位 マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

2位 doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

3位 リクルートエージェント

└業界最大手で転職支援実績No.1

\この診断を受けたい方はコチラ/
労働基準監督官適性診断を受ける(2分)

この適正診断テストでわかること

  • 労働基準監督官に向いているか向いていないか
  • 労働基準監督官の職業適性度
  • 労働基準監督官に必要な10の資質
  • 解説で労働基準監督官に必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか

労働基準監督官とは?

労働基準監督官は、労働基準法や労働安全衛生法などの労働基準関係法令に基づいて様々な職場に立ち入り検査を行い働く人の安全や健康が守られているかを調査する仕事です。

法令が守られていない場合は、事業主に対して、法令を守るように指導をすることができます。

万一、重大かつ悪質な法令違反があった場合には、刑事訴訟法に基づく特別司法警察員として捜査を行うこともあります。

工場等で使用されている機械や設備に危険性があると判断すればその場で使用停止を求めることができるなど、強い権限を持つ仕事です。

また、労働相談に応じたり労働災害が起こった時の調査、再発防止のための活動をしたりすることなども業務に含まれます。

労働基準監督官になるには?

労働基準監督官になるためには、採用試験に合格することが必要です。

受験資格は、21歳以上30歳未満の者とされています。

21歳未満の人でも、大学卒業、または卒業見込みであれば受験が可能です。

社会人経験を経て試験に挑戦する人もいます。

試験内容には、二つの区分があり、選択することができます。

区分Aが法文系、区分Bが理工系となっていますので、自分の専門分野に応じて選択することが一般的です。

試験に合格後は、労働大学校や労働局などで1年間、労働基準監督官となるための勉強や訓練に従事します。

その後、各地に配属され労働基準監督官として働きますが、法令は常に改正されるため常に学びが必要とされています。

労働基準監督官の給料・年収

労働基準監督官の年収は、厚生労働省による令和3年賃金構造基本統計調査によると、約584万円です。

厚生労働省によるハローワーク求人統計データによると、令和3年度求人賃金の月額平均は約26万円となっています。

労働基準監督官の身分は、国家公務員であるため、国に定められた行政職棒給表に応じて給与が上昇していくことが一般的です。

初任給は、約17万円くらいですが地域手当があるため勤務地によって変わります。

これに通勤手当や扶養手当、期末手当などの各種手当が支給されます。

年齢とともに役職がつくと給与も上昇していきます。

50代~60代では年収1000万円程度になる労働基準監督官もいます。

労働基準監督官の就職・転職先(求人)

労働基準監督官は主に、採用された労働局や管轄する労働基準監督署で勤務することになります。

国家公務員ではありますが、基本的には都道府県を超える異動は少なく地域に密着して業務を行っています。

本人が希望した場合は、厚生労働省で勤務するケースもあります。

管内での異動は2~3年スパンで行われ、様々な現場を経験することができます。

地域によって、特色のある産業が異なるため、異動とともに新しく学ぶことが多く年数を重ねることで専門知識を幅広く身につけることができる仕組みになっています。

国家公務員のため係長から所長になるまでのキャリアパスは明確に決められておりわかりやすいです。

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0