理想の就活/転職のための
自己分析サイト

社会保険労務士に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今社会保険労務士の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい社会保険労務士に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたの社会保険労務士適性診断結果

あなたの適性度は38%で、社会保険労務士の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。社会保険労務士を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

社会保険労務士に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.労働・雇用問題に関心がある
2.正義感が強い
3.総務や人事の経験がある
4.数字が好きで計算が得意
5.事務処理能力が高い
6.情報収集と学習力が高い
7.相手の成功に力を尽くしたい
8.ビジネスや企業経営に興味がある
9.人と話すのが好き
10.聞き上手
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 労働・雇用問題に関心がある 』

あまり兼ね備えていない

労務管理の専門家である社会保険労務士は、労働問題や雇用問題に多くかかわるため、こうしたことに関心のある人が向いているといえます。労働基準法や労働安全衛生法などを根拠に、労働者が企業から不当な扱いを受けることのないような制度設計やアドバイスを行うのが社会保険労務士の仕事です。あくまで従業員の立場に立ち、働きやすい環境を作っていきたいという思いで職務に当たるのが大切です。

『 正義感が強い 』

兼ね備えていない

法に反して長時間残業やサービス残業をさせたり、賃金未払いや社会保険未加入などの問題を起こすいわゆる「ブラック企業」が蔓延し、多くの労働者が不当に苦しめられている現状があります。そんな中、専門的な知識を持ってブラック企業に立ち向かい、労働者が不利益を被ることのないようサポートしていくのも社会保険労務士の重要な役割です。そのためには高い倫理観と強い正義感、そして遵法精神が必要です。時には間違いをはっきり指摘する勇気も求められます。

『 総務や人事の経験がある 』

兼ね備えていない

総務や人事といった部署で業務をこなす中で、より専門性を高めてキャリアアップをしたいと思っている人は社会保険労務士に向いています。これまで身に着けたスキルがそのまま役立ちますし、資格を取れば社内での信用が増して重要な仕事を任されることもあるでしょう。あるいは独立開業してライフワークバランスの取れた働き方を選んだり、年収アップを目指すのも夢ではありません。

『 数字が好きで計算が得意 』

兼ね備えていない

毎月の健康保険料や年金支給額、雇用保険や災害保険の給付額など、社会保険労務士にはとにかく「計算」する仕事が山のようにあります。しかもこれらの計算には複雑な公式があり、年齢や労働期間など個別の条件を加味したうえで正確に計算しなくてはなりません。この計算は働く人たちの給与から徴収したり、生活に必要なお金を受給してもらうために必要なものなので、間違いは許されません。従って、数字や計算に強いというのは必須の条件です。

『 事務処理能力が高い 』

十分に兼ね備えている

社会保険労務士の仕事は細かいだけでなく地道なものも多いです。しかも毎月決まって発生するいわばルーティンワークでもあり、それが大量にあるため根気のない人ではなかなか続かないでしょう。同じような仕事の連続に見えて一つ一つケースバイケースで高い正確性も求められる、そんな事務作業をコツコツこなしていけるような人が社会保険労務士には向いています。

スポンサーリンク

『 情報収集と学習力が高い 』

そこそこ兼ね備えている

労務や社会保険に関する法律は頻繁に改正されることがあります。社会保険労務士はそれにすかさず対応しなくてはならないので、日頃から情報収集は欠かせません。また、どこが改正されたのかを素早く理解する力も必要です。情報のアップデートが遅れてしまうと計算間違いにつながり、多くの人に迷惑をかけてしまうことにもなりかねません。情報収集を怠らないマメさは社会保険労務士にとって大事な資質です。

『 相手の成功に力を尽くしたい 』

そこそこ兼ね備えている

自社の発展もさることながら、特に独立開業して様々な会社の仕事に携わるようになると、社会保険労務士にとってはクライアント企業の発展に役立ちたいという気持ちが大切になってきます。企業の中には専門の社会保険労務士を置かず、社員が労務に関する仕事を兼任しているところも多くありますが、専門家がいれば本来の業務に集中することができるようになるでしょう。また、社会保険労務士がいることで「労務管理がしっかりした会社」という印象が付き、会社の信頼を高めることにもつながります。

『 ビジネスや企業経営に興味がある 』

十分に兼ね備えている

社会保険労務士は労働・社会保険に関して企業のコンサルティングを行うこともあります。企業と従業員の双方に利益のある労働環境を作るため、就業規則の作成や賃金体系の作成、福利厚生の整備などに知恵を貸すのです。労務に通じた社会保険労務士ならではの仕事ですが、これには従業員だけでなく会社の立場に立って考えることも必要なので、企業経営に興味のある人にとっては特にやりがいのある仕事といえるでしょう。

『 人と話すのが好き 』

そこそこ兼ね備えている

会社に勤めて社内で労務に携わる社会保険労務士であれば、労務管理に関する相談を受けることがよくあります。また、独立開業している場合は営業を行うこともあり、いずれにしても人と話す機会は意外と多いものです。数字に向き合いコツコツ作業する仕事と思う人もいるかもしれませんが、人の話を聞く、相談に乗るというのも社会保険労務士の重要な仕事なのです。従って、人と話すのが好きな人、コミュニケーション能力の高い人も社会保険労務士に向いています。

『 聞き上手 』

兼ね備えていない

社会保険労務士に必要なコミュニケーション能力は、「傾聴力」ともいえるレベルの高いものです。従業員からハラスメントなどの深刻な相談があったり、企業から人事評価についてのコンサルティングを依頼されたり等、社会保険労務士に持ち込まれる相談は重要なものが多くあります。そのため、話しやすい雰囲気を作ること、また相手の話を深い部分まで的確に理解する力が欠かせません。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの社会保険労務士適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る