理想の就活/転職のための
自己分析サイト

キックボクサーに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今キックボクサーの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいキックボクサーに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたのキックボクサー適性診断結果

あなたの適性度は57%で、キックボクサーの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。キックボクサーを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

キックボクサーに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.強い精神力を持っている
2.性格が真面目
3.継続力がある
4.自分に自信がある
5.競争心が強い
6.痛みを我慢できる
7.足が長い
8.柔軟性がある
9.素直で人のアドバイスを聞ける
10.冷静で取り乱さない
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 強い精神力を持っている 』

そこそこ兼ね備えている

キックボクシングはパンチだけでなくキックの練習もする必要があるので、練習量が非常に多いスポーツです。その過酷な練習量に耐えられるだけの精神力が必要とされます。また、練習量に限った話ではありません。キックボクシングで実際に相手と試合をするときは、上半身と下半身にダメージを食らいます。ダメージを食らったとき、メンタルが弱いとそのまま気持ちが折れて立て直すことができずに試合が終わってしまうことがあります。強い精神力を持っていることは、キックボクサーになる上で必要不可欠な特徴と言えるでしょう。

『 性格が真面目 』

そこそこ兼ね備えている

キックボクシングの練習は非常に地味です。たとえば、スタミナをつけるために何をするかというと、長距離を走ることや縄跳びで一定時間飛ぶことなどです。もちろん、スパーリングやミット打ちも行いますが、全体的に決まったメニューを日々やっていくというのが基本です。つまり、すぐに飽きが生じるわけです。しかしながら、キックボクシングで強くなろうと思うなら、こうした練習を真面目にコツコツとやる必要があります。そうした練習を積み重ねて強いキックボクサーになることができます。

『 継続力がある 』

十分に兼ね備えている

キックボクシングで生計を立てていこうとするには、相当実績を積まなければいけません。最初のうちはファイトマネーが少ないため、アルバイトを両立しながらキックボクシングをすることになります。キックボクシングの過酷な練習で疲労が溜まっていても、アルバイトをして生活費を稼ぐというのは精神的にも肉体的にも相当厳しいです。最後までやり抜く気持ちがない人はすぐに辞めてしまうでしょう。

『 自分に自信がある 』

だいぶ兼ね備えている

キックボクシングは相手と戦うスポーツなので、自分に自信を持っていることがとても大事です。試合を自分のペースで展開することや、相手に威圧感を与えることが可能になるからです。スパーリングや試合をしたときに、自信をもって相手と戦うことができるかが勝利の鍵を握ると言っても過言ではありません。そのため、世界チャンピオンクラスのキックボクサーであっても、最初のうちは自分よりも弱い人と何度も戦うことがあります。勝ち癖をつけることで自分に自信を持たせていくわけです。つまり、それほど自信を持つことがキックボクシングには大切なわけです。最初から自信のある選手なら大きなアドバンテージになるでしょう。

『 競争心が強い 』

兼ね備えていない

キックボクシングは相手と殴り合うスポーツなので、相手に勝とうという気持ちが大切です。また、普段の練習でも相手よりも厳しい練習をして相手を出し抜こうとする姿勢は強くなる上でとても大事です。競争心がないとなかなか強くなることができず、試合でも対戦相手に勝つことは難しいでしょう。

スポンサーリンク

『 痛みを我慢できる 』

そこそこ兼ね備えている

キックボクシングは手と足を使う格闘技です。手で上半身を殴り、足で下半身と上半身を蹴ります。つまり、ダメージを受ける箇所がとても広いのです。しかも、足にはボクシングのようなグローブはついておらず、素足の状態で蹴られるので、相当な痛みを伴います。したがって、そうした広い範囲で、強い痛みを受けても我慢することができる人がキックボクシングに向いていると言えるでしょう。

『 足が長い 』

十分に兼ね備えている

足が長いことはキックボクシングにおいてとても大切なことです。足が長ければ長い程、試合で有利になります。相手の間合いから離れたところから蹴ることができるので、攻撃を受けにくいからです。また、ハイキックをはじめとする足を大きく上げて蹴る技を出しやすいという理由もあります。試合を有利に進めることができるので、足が長い人はキックボクシングにとても向いています。

『 柔軟性がある 』

だいぶ兼ね備えている

キックボクサーは手と足を使いながら対戦相手と戦うので、試合展開に応じてパンチに集中したり、キックの攻撃に集中したり、あるいは両方を上手く組み合わせながら試合を運んでいく必要があります。たとえば、パンチがなかなか当たらなかったらキックを織り交ぜたり、逆にキックが当たらないならパンチを組み合わせたりと、柔軟に考えながら対処しなければいけません。

『 素直で人のアドバイスを聞ける 』

そこそこ兼ね備えている

コーチのアドバイスを聞きながら練習を進めていくのが一般的なので、コーチの指導や言葉に素直に従う性格であることはとても大切です。コーチに反抗しながら自分の考えに固執して練習をしても、決して上手くなりません。プロの言葉を素直に聞き、それを自分の力に変換して初めて成長することができます。

『 冷静で取り乱さない 』

あまり兼ね備えていない

試合で冷静さを失ってプラン通りの試合運びができなくなると、自分の良さを出せずに相手に負けてしまうことがあります。相手に押し込まれてもすぐに熱くならずに、常に冷静沈着で、自分が何をしたらいいのか考えられることが大切です。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのキックボクサー適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る