理想の就活/転職のための
自己分析サイト

和菓子職人に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今和菓子職人の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい和菓子職人に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたの和菓子職人適性診断結果

あなたの適性度は65%で、和菓子職人の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。和菓子職人を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

和菓子職人に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.手先が器用
2.芸術的センスがある
3.繊細で細かい部分まで気が付く
4.根気がある
5.和の文化に興味がある
6.食に興味があり和菓子が好き
7.研究熱心で努力家
8.体力がある
9.折れない強い意志がある
10.負けず嫌いな性格
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 手先が器用 』

十分に兼ね備えている

和菓子職人は男性に多く見られますが、手先が器用であることが重要です。お饅頭でも団子でも、見た目が美しく綺麗な形に揃えて作らなければなりません。形取るときに非常に細かい作業が必要になるシーンも多いです。ガタガタの形に仕上げることはできないです。指先の力と小技を使って、いろいろな形の和菓子を作っていくことになります。ひとつひとつが丁寧な手作業であり、器用でなければなかなか難しい作業と言えるでしょう。

『 芸術的センスがある 』

そこそこ兼ね備えている

例えば京菓子と呼ばれるような和菓子を見てみても、モミジや牡丹、果物などまるで芸術作品のようです。季節によって旬を感じる和菓子の数々も、自然の風情を感じるような色合いや外観をしています。和菓子は食べ物ですが、そこには芸術的なセンスが輝いています。同じものばかりではお客さんも飽きてしまうので、楽しんでもらうためにもワクワクするようなアートな和菓子が喜ばれることでしょう。人気の出る和菓子職人になるには、芸術的なセンスがあるかどうかもポイントです。

『 繊細で細かい部分まで気が付く 』

十分に兼ね備えている

和菓子職人としてやっていくには、繊細さが欠かせません。これくらい良いだろうというおおざっぱな性格では、それが和菓子に表れてしまいます。おはぎひとつにしても、粒あんがはみ出してはいないかなど細かい部分までチェックして店頭に並べます。柔らかくてデリケートな食べ物なので、ガラスケースに並べるときもパックに詰めるときも繊細で丁寧に扱わなければなりません。すべての過程において、細かい繊細さが求められる仕事です。

『 根気がある 』

兼ね備えていない

お盆時期や正月などは、和菓子屋は非常に忙しいです。たくさんの和菓子をひたすら作らなければなりません。同じサイズで同じ形のものを大量に作り続けるわけです。その作業はかなりの根気がいるでしょう。厨房にこもってずっと同じ商品を手作りするのは、粘り強い根気がなければできないです。短気な人やすぐに飽きてしまうような性格の人は、和菓子職人には向いていません。

『 和の文化に興味がある 』

だいぶ兼ね備えている

和菓子は行事に関係するお菓子でもあります。例えば十五夜には月見団子、端午の節句にはちまきなどを食べます。お正月は飾り餅、お盆にはお見送りの盆菓子など、伝統や和の文化を感じるものが多いです。ただ作るのではなく、そうした和の行事や習わしに合わせてつながりのある和菓子を作ることも大切です。和菓子職人は和の文化に知識や興味がある人が適しています。

スポンサーリンク

『 食に興味があり和菓子が好き 』

十分に兼ね備えている

当然のことながら、和菓子職人は和菓子が好きであることが必須です。餡子が食べられない人では、味見もできませんし良い味を生み出せません。和菓子が大好きだからこそ、美味しいものが完成します。餡子やきな粉、もち米などさまざまな材料を用いるので、食に興味があることも大切です。どんな材料を使ってどのように組み合わせると美味しくなるか、食に関心があるからこそ追求していけます。

『 研究熱心で努力家 』

十分に兼ね備えている

研究熱心な人は、和菓子について深掘りできるはずです。味も見た目も栄養面や賞味期限など、今よりももっと良い和菓子を作ろうとすることで新鮮な商品を提供できます。ますます良い和菓子が販売されると、お客さんもどんどん増えることでしょう。今の状態で満足せず、常に上を目指す研究熱心な人は和菓子職人に向いています。

『 体力がある 』

そこそこ兼ね備えている

もち米をついてお餅を作ったり、熱い火のそばでずっと餅をあぶったりと、和菓子を作るのは体力も必要です。朝早くに起きて仕込みもしなければなりません。餡子もお餅も重いですし、立ちっぱなしでの作業になります。和菓子だけを見ていると小さなものを作る作業に感じるかもしれませんが、実際はとても体を使います。盆やお正月は繁忙期です。休む間もなくお店を開けることになります。体力があるかどうかは和菓子職人としてやっていけるかの鍵を握っていると言えるでしょう。

『 折れない強い意志がある 』

あまり兼ね備えていない

和菓子職人は簡単に一人前になれるわけではありません。職人として自分の店を持ちやっていけるまでは、長い下積み修行をすることになります。中途半端な学びや技術では、店を構えたところでなかなかお客さんがつかないでしょう。ライバルも多いので、そんな中で生き残るためには十分に腕を磨かなければなりません。甘い考えではリタイアしてしまうので、「職人になりたい」という強い意志が重要です。忍耐力があり意志が固いことは、和菓子職人の適性です。

『 負けず嫌いな性格 』

十分に兼ね備えている

和菓子のお店は星の数ほどあります。お店を持つのであれば、人気が出てリピーターが増えなければ経営していけません。そのためには、ほかのお店とは少し違ったこだわりと個性ある和菓子を提供する必要があります。ライバルが多いので、負けず嫌いであることが成功につながります。おおらかであることも大切ですが、ほかの人に負けたくないという気持ちこそが人気職人になれる重要な要素です。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの和菓子職人適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る