理想の就活/転職のための
自己分析サイト

本ページはマイナビ社などの広告が含まれています

居酒屋店長に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今居酒屋店長の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい居酒屋店長に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

居酒屋店長に向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたの居酒屋店長適性診断結果

あなたの適性度は44%で、居酒屋店長の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。居酒屋店長を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

居酒屋店長に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.お酒が好き
2.お酒に詳しい
3.こだわりが強い性格
4.料理をするのが得意
5.人とのコミュニケーションが好き
6.経営の知識がある
7.デザインセンスがある
8.顔が広く知り合いが多い
9.興味関心の幅が広い
10.カリスマ性がある
スポンサーリンク
\この診断を受けたい方はコチラ/
居酒屋店長適性診断を受ける(2分)

診断結果の解説

『 お酒が好き 』

あまり兼ね備えていない

お酒が好きなのは居酒屋店長として働く上で重要な特徴です。居酒屋ではお客はほとんどがお酒を飲むために来店しています。おいしいお酒を揃えるのは居酒屋にとって欠かせないことです。フランチャイズなどの一部の例外を除くと、居酒屋店長はお酒のラインナップを決める決定権を持っています。お酒が好きでないと本気で勧められるお酒を取り揃えられないので、居酒屋店長になるために重要な点でしょう。

『 お酒に詳しい 』

そこそこ兼ね備えている

お酒に詳しい人は居酒屋店長に向いています。居酒屋ではお酒に詳しい人も、あまり知識がない人も来店します。お酒に詳しい人が話しかけてきたときに、なるほどと思わせるような知識を披露できると魅力的な居酒屋だと思ってもらえるでしょう。このお酒の産地はどこかと聞かれたり、こういうお酒が良いけれどどれがおすすめかと聞かれたり、料理に合わせてお酒を出して欲しいと言われたりすることもあります。お客の期待に応えられるくらいの知識がある人は居酒屋店長として活躍できます。

『 こだわりが強い性格 』

十分に兼ね備えている

こだわりを持って物事に取り組む人は居酒屋店長に適しています。こだわりがある居酒屋に仕上げるとリピーターを獲得したり、口コミを通じて集客したりできるチャンスが大きくなるからです。お酒にこだわりを持つのももちろんですが、店内の雰囲気や料理のラインナップなども重要になります。自分の考えに共感してくれる人が集まってくれる居酒屋になるので、こだわりを持てる人は居酒屋経営に向いています。

『 料理をするのが得意 』

だいぶ兼ね備えている

料理が好きな人は居酒屋店長として適性があります。居酒屋の魅力はお酒だけではありません。料理がおいしい、お酒とマッチするというのが人気の理由になることもよくあります。料理が好きな人は自分で料理をして提供することもできるのでやりがいがあるでしょう。独自のマリアージュを実現して料理とお酒を組み合わせて提供すればオリジナリティの高い居酒屋になって話題になるチャンスも切り開けます。

『 人とのコミュニケーションが好き 』

兼ね備えていない

コミュニケーションが好きな人は居酒屋店長になるとやりがいがあるでしょう。居酒屋店長になるとお客とのコミュニケーションも重要ですが、スタッフとのコミュニケーションも欠かせません。スタッフから信頼される店長になると経営が楽になります。スタッフもずっと働いてくれる可能性が高くなるので、安定した経営体制を作れるでしょう。お客とのコミュニケーションを通してリピーターが増えることも多いので、コミュニケーションが好きなのは居酒屋店長にとって重要です。

スポンサーリンク

『 経営の知識がある 』

そこそこ兼ね備えている

居酒屋店長には経営の知識があるのが一般的に共通する特徴です。居酒屋店長は利益を出せるように経営をすることが必要だからです。原価計算をして料理やお酒の価格設定をするのは経営を安定させる上で欠かせません。競合の居酒屋も多いので、差別化戦略を立てて経営していくことも重要です。経営の知識があって事業戦略を中長期的に立てられるといつまでも安定経営できる居酒屋にできるでしょう。

『 デザインセンスがある 』

そこそこ兼ね備えている

デザインセンスがある人は居酒屋店長になると成功できるチャンスがあります。お客が居酒屋を選ぶときにはお酒や料理の内容だけでなく、店舗のデザインも判断基準にすることが多くなってきました。デザインにこだわりを持ち、魅力の溢れる店舗にするとお客に選ばれる居酒屋になります。お酒や料理のラインナップに合わせてターゲットを考え、マッチするデザインにするセンスがあると成功できるでしょう。

『 顔が広く知り合いが多い 』

そこそこ兼ね備えている

飲食業界や食品・飲料業界で顔が広いと居酒屋店長になって成功するのには有利です。食材やお酒の調達をしたり、地域の組合の協力を得て店舗の宣伝をしたりするのに役に立つからです。周囲からの支援を得られれば経営をしやすくなるので、関連業界で顔が広いのは重要と言えます。

『 興味関心の幅が広い 』

あまり兼ね備えていない

居酒屋店長はお酒だけにかからわず、興味関心の幅が広い人に向いています。居酒屋に来るお客はいろいろなことに興味を持っているからです。お酒を飲んだ勢いで不満をこぼすこともあれば、自慢話を始めることもあります。カウンター席がある居酒屋なら店長が自らお客の相手をすることもよくあります。興味関心が広くてお客に適切な相づちを打てるとお客から喜ばれるでしょう。

『 カリスマ性がある 』

そこそこ兼ね備えている

カリスマ性があると居酒屋店長として成功できるでしょう。お客からはこの店長と話をしたいと思われ、スタッフからはこの人と一緒に働きたいと思われれば理想的な居酒屋経営ができるからです。人から好かれる性格の人や、信頼される力がある人は居酒屋店長に適性があります。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの居酒屋店長適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

1位 マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

2位 doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

3位 リクルートエージェント

└業界最大手で転職支援実績No.1

\この診断を受けたい方はコチラ/
居酒屋店長適性診断を受ける(2分)

この適正診断テストでわかること

  • 居酒屋店長に向いているか向いていないか
  • 居酒屋店長の職業適性度
  • 居酒屋店長に必要な10の資質
  • 解説で居酒屋店長に必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか

居酒屋店長とは?

居酒屋店長とは居酒屋の運営をするトップの立場として働いている人です。

居酒屋店長は居酒屋の経営者が担っていることもありますが、店長を雇って現場の運営を任せていることもよくあります。

居酒屋のチェーン店で多い運営方法で、居酒屋店長は経営者の立てた方針や戦略、ブランドコンセプトなどに従って現場の切り盛りをしています。

食材やお酒などの必要な資材の調達や倉庫などでの在庫の管理、現場で働くフロアスタッフやキッチンスタッフなどの雇用やシフトの調整、予算の調達や売り上げなどの資金管理を一通り担うのが居酒屋店長です。

居酒屋店長になるには?

居酒屋店長になるには資格は必要がない場合がほとんどです。

居酒屋の経営では食品衛生管理者は必須で、収容人数が30人以上になる場合には防火管理者の資格がある人も必要になります。

どちらも講習を受ければ取得できる資格で、居酒屋店長でなくとも常時店舗にいるスタッフが取得していれば問題はありません。

居酒屋店長になる道として最も一般的なのは自分で居酒屋を開業するか、居酒屋のチェーンを展開している企業に就職する方法です。

居酒屋のアルバイトから正社員登用によって店長になっている人もいるので、居酒屋店長になりたい人は学生のうちからアルバイトをすることも検討しましょう。

居酒屋店長の給料・年収

居酒屋店長として雇用されて働いている人の平均年収は、求人サイトや転職サイトで公開されている情報を総合すると300万円~400万円くらいです。

居酒屋にもいろいろな業態があり、グレードにも違いがあるので年収はどの居酒屋の店長になるかによって違いがあります。

また、運営を任されている居酒屋店舗の売上高や利益によって給与が変わることもよくあります。

売上の一部が給料になる仕組みや、利益から従業員への支払いと自分への給料を振り分ける仕組みがよくあるパターンです。

このような契約の場合には利益を追求することで年収を上げられる魅力があります。

居酒屋店長の就職・転職先(求人)

居酒屋店長の就職先・転職先は居酒屋を経営している会社です。

最も主流なのは居酒屋チェーンを展開している会社ですが、チェーン店を作っていない企業の居酒屋や、個人経営の居酒屋も候補になります。

居酒屋店長の求人を出していることはあまりなく、まずは店長候補や副店長候補として人材を募集しているのが一般的です。

数ヶ月から1年程度の勤務を経て店長に任命されるという流れが多くなっています。

居酒屋店長は居酒屋の運営に欠かせない人材なので、経験がある人は重宝されています。

利益を伸ばした実績を作ると信頼できる居酒屋店長としてさまざまな現場で活躍できるでしょう。

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0