理想の就活/転職のための
自己分析サイト

国際会議コーディネーターに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今国際会議コーディネーターの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい国際会議コーディネーターに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたの国際会議コーディネーター適性診断結果

あなたの適性度は41%で、国際会議コーディネーターの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。国際会議コーディネーターを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

国際会議コーディネーターに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.英語が得意
2.様々な外国語を学び活かしたい
3.会議やイベントの企画をするのが好き
4.チームで仕事をするのが好き
5.コミュニケーションスキルが高い
6.トラブルに対して的確な対応ができる
7.多様な国の人と会話をしたい
8.国を代表する人などと仕事がしたい
9.ビジネスマナーを習得している
10.日本の魅力を伝えたい思いが強い
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 英語が得意 』

そこそこ兼ね備えている

ビジネスをスムーズに進められる英語力が求められます。さまざまな国の人と仕事をするうえで、英語は欠かせません。通訳に頼っていては仕事ができません。英語が得意でないと仕事に支障が出ることもあります。世界の共通語とも言われている英語力は必須です。日常会話程度ではなく、各国の首脳陣と仕事上でのコミュニケーションが取れるレベルであり、ビジネス英語ができることが必要です。

『 様々な外国語を学び活かしたい 』

そこそこ兼ね備えている

国際的な会議やイベントにおいて必要なのは英語だけとは限りません。開催するイベントによっては、あらゆる外国語を習得していた方が仕事をしやすいです。母国語での会話ができる相手との方が、コミュニケーションが取りやすいものです。国際会議コーディネーターはさまざまな国の言葉を勉強したり、それを活かせたりする仕事の一つです。言葉を覚えるのが好きでないと国際会議コーディネーターの仕事のやりがいが減ってしまう可能性もあります。身につけた語学力は仕事以外でも役に立つものです。語学の勉強が好きであれば、仕事に活かすことができます。

『 会議やイベントの企画をするのが好き 』

兼ね備えていない

会議やイベントの企画力がある、企画・運営をするのが好きであれば、大きなやりがいを感じられる仕事です。国際会議コーディネーターは、国際フォーラムやシンポジウム、研究発表、学会などさまざまな舞台を企画・運営していく仕事です。それぞれの舞台の目的、どのような人たちが集まり何を話すのか、進行をするうえでの注意点は何か、いかに充実した内容にするかなどを把握し、スムーズに進行できるディレクション力が求められます。

『 チームで仕事をするのが好き 』

そこそこ兼ね備えている

国際会議を成功させるには、一人の力ではできません。チームで仕事を進めていかなければならないので、チームで仕事をするのが好きでないと会議の運営がうまくいかないでしょう。国際会議をスムーズに進める、参加者が満足する内容にするには、チームワークが必要であり、コーディネーターとしての調整力が求められます。会議の規模によってはコーディネーターが一人とは限らず、複数のチームで構成されることもあります。それぞれのチームとの調整やスムーズなコミュニケーションも求められます。

『 コミュニケーションスキルが高い 』

あまり兼ね備えていない

コーディネーターの仕事はさまざまな職種、地位、国の人とコミュニケーションを取りながら仕事を進めていきます。人と話すのが苦手、という人より人と話すのが好きなど、コミュニケーションを取るのが好きで、尚且つコミュニケーションスキルが高い方が仕事はスムーズに進みます。相手の話に耳を傾けられる、相手の立場や気持ちを考えた言動や行動ができるといったコミュニケーションスキルが必要です。

スポンサーリンク

『 トラブルに対して的確な対応ができる 』

あまり兼ね備えていない

何が起こっても落ち着いて冷静な対応ができることが大切です。どんなに綿密に企画を立て、用意をしてもイベント当日に何が起こるかはわかりません。会議のキーマンとなる人が体調を崩したり、自然災害などで通信環境が悪くなったりすることもあるでしょう。どのようなハプニングが起こっても慌てず、今すべきことは何か、どうすることがよいのか、適切な選択ができる判断力が求められます。

『 多様な国の人と会話をしたい 』

十分に兼ね備えている

国内だけでなく、世界を舞台にした仕事であり、さまざまな国の人とコミュニケーションを取りながら進めていく仕事です。あらゆる国の人と会話をし、仕事をしていくことで、国際性を身につけることができます。異なる価値観や考え方を持つ人がたくさんいることを理解することは、仕事だけでなく自分の人生においてもよい影響をもたらすでしょう。

『 国を代表する人などと仕事がしたい 』

だいぶ兼ね備えている

会議やイベントへの参加者は国を代表する方々であり、そういった人たちと仕事をすることも少なくありません。国を代表する人たちの考え方や仕事に対する姿勢などを、直接目にすることができます。それは自分の仕事や生き方にも大きな影響を与えるでしょう。

『 ビジネスマナーを習得している 』

あまり兼ね備えていない

国際的な会議やイベントの場で、ビジネスマナーを身につけていることは重要です。各国の首脳陣たちに失礼があってはいけません。ビジネスパーソンとしてのコミュニケーションルールを熟知し、失礼のないもてなしが求められます。礼儀をわきまえていないと、コミュニケーションが取れない場合もあります。そのためにも、語学だけでなくそれぞれの国の慣習や文化を学ぶことが必要です。それを苦労と思わず、知識が増えることをやりがいに感じられることが大切です。

『 日本の魅力を伝えたい思いが強い 』

兼ね備えていない

海外の人に日本の魅力を伝えられるのも、国際会議コーディネーターのやりがいの一つです。そのためには、自分自身日本が好きであり、それを伝えたいと思うことが必要です。仕事の中には日本の魅力を伝えることが目的の会議やイベントもあります。日本の文化や歴史、環境などについて知識を深めておきましょう。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの国際会議コーディネーター適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る