理想の就活/転職のための
自己分析サイト

本ページはマイナビ社などの広告が含まれています

保険外交員に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今保険外交員の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい保険外交員に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

保険外交員に向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたの保険外交員適性診断結果

あなたの適性度は42%で、保険外交員の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。保険外交員を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

保険外交員に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.人と話をするのが好き
2.細かいことに気が付く
3.身だしなみがきちんとしている
4.根気強い性格
5.保険商材の勉強に興味がある
6.広い分野に興味を持てる
7.お金について興味がある
8.日々新しい知識を学ぶ意欲がある
9.物事を前向きに考えられる
10.体力がある
スポンサーリンク
\この診断を受けたい方はコチラ/
保険外交員適性診断を受ける(2分)

診断結果の解説

『 人と話をするのが好き 』

兼ね備えていない

保険外交員の仕事は、多くの人と会い、様々な問題を聞き取って必要な提案をしていくことです。そのため、まず話をすることから仕事がスタートしていきます。人と話すのが苦手では、お客様のニーズをつかむこともできず、契約にもつながりません。お客様は積極的に保険を考えようとしている方ばかりではなく、必要かどうか懐疑的な方もいます。そういった方の心をほぐしていき、状況をつかんで適切なアドバイスができるかがカギとなるのです。そのためにはとにかく話を通して関係を築いていかなければなりません。だからこそ、話をするのが好きな方は保険外交員の仕事がうまくいきやすいのです。

『 細かいことに気が付く 』

兼ね備えていない

必要な保険はその人の状況によって変わります。年齢や家族構成などはっきりわかりやすい基準だけで決められるものではありません。その人がどのような生活をしていて、どういったことを望んでいるかをつかむことが重要になるのです。そのためには会話の中でちょっとしたことに気が付いたり、仕草や環境などを見てわかることがあったりと、細かいことから情報を得ていかなければなりません。こうした点で気を配っていけるかどうかがポイントとなります。

『 身だしなみがきちんとしている 』

兼ね備えていない

保険外交員は人に会って、信頼を得ていくことが大切になります。最初の段階で好感を持たれなければ、いい仕事にはつながりにくいでしょう。特に清潔感がない人は好感を持たれにくいものです。だからこそ、最低限相手に嫌な思いをさせないような身だしなみができるかどうかがポイントになります。ファッションへの意識が高すぎる方も、奇抜な服装を選んでしまうと場合によっては嫌な印象を与えてしまいます。その場に合わせた、信頼感につながるような服装ができるようにしておきたいものです。

『 根気強い性格 』

兼ね備えていない

保険外交員は仕事をした分成果が出るとは限らないこともあります。同じように仕事をしていても、相手とするお客様によって契約のしやすさは変わってきます。一度で契約が決まる場合もあれば、何度も足を運んで信頼を得ていく必要がある場合も多いでしょう。そういった場合、なかなかうまくいかないときが続くと仕事自体をあきらめてしまいがちになります。そうではなく、うまくいかなくても信頼を得るために足を運び続けられる根気強さが保険外交員の仕事に必要になります。

『 保険商材の勉強に興味がある 』

そこそこ兼ね備えている

保険外交員は保険の提案や手続きを行うことになります。その都度調べたり確認したりすることは確かにありますが、すべてその場で確認しないと話が進められないようでは、契約になかなか至りません。必要な知識についてはあらかじめインプットしておくと、自信をもって提案できますし、お客様も安心して契約へ進むことができるようになります。社内の研修や資格取得などを通して学ぶことはもちろんですが、自分が自信をもって仕事ができるように、自ら学ぶ時間も取っておくようにしましょう。

スポンサーリンク

『 広い分野に興味を持てる 』

十分に兼ね備えている

保険の契約とはいえ、そこまでには様々な周辺知識が必要になります。保険についてだけではなく、公的な保障や医療はどうなっているか、介護サービスにはどういったものが利用できていくらぐらいかかるのか、などを知っておかないと、必要な保障について提案することも難しいでしょう。そのほかにも、家計に関することがかかわるとなると幅広い知識が必要になります。普段のニュースなどを見て情報を得ていくなど、幅広くいろいろなことに興味をもって知識を増やしていける人が向いています。

『 お金について興味がある 』

十分に兼ね備えている

保険はお金がかかわる問題です。そのため、お金に対して興味があり、それについての知識を持っている人が向いているでしょう。お金の話をするのは嫌だと思っている方は仕事がつらいものとなりがちです。自分で家計簿をつけてみて分析してみたり、投資について考えてみたりするのが好きな方は、そういった経験も踏まえてより納得してもらいやすい提案へとつなげやすくなります。身近なお金についてまず興味を持ち、そこから仕事へつなげていけるものを得ていきましょう。

『 日々新しい知識を学ぶ意欲がある 』

兼ね備えていない

保険に関することはしっかり知識を入れたとしても、しばらくすると状況が変化してしまうことがあります。制度が変わったり、経済状態が変わったりすればそれに合わせた対応が必要です。一度学んだらといってそのまま知識が生かせるものではありません。だからこそ、常に新しい知識を学び、仕事に使える形にしていかなければならないのです。仕事をしている間は学び続ける覚悟を持てるかどうかがポイントとなります。

『 物事を前向きに考えられる 』

だいぶ兼ね備えている

保険外交員は断られることも多い仕事です。また、人が亡くなった時などに対応することもあり、人の悲しみに触れることもあるでしょう。そういった時に仕事に対してネガティブな感情を持ってしまうと、仕事を続けることが難しくなります。うまくいかなくても、悲しいことがあっても前向きにとらえて進んでいける強さが必要です。

『 体力がある 』

あまり兼ね備えていない

保険外交員は頭脳労働のように思われがちですが、実際にはお客様のもとに足を運ぶことが多く、移動が多いため体力勝負の仕事でもあります。歩きっぱなし、立ちっぱなし、座りっぱなしなど極端な状況にもなりがちです。また、大切な約束があるときに体調を崩せば仕事につながるチャンスも失います。体力がある方が向いているのはもちろんですが、日ごろからの体力作りについても考えておきたいものです。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの保険外交員適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

1位 マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

2位 doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

3位 リクルートエージェント

└業界最大手で転職支援実績No.1

\この診断を受けたい方はコチラ/
保険外交員適性診断を受ける(2分)

この適正診断テストでわかること

  • 保険外交員に向いているか向いていないか
  • 保険外交員の職業適性度
  • 保険外交員に必要な10の資質
  • 解説で保険外交員に必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか

保険外交員とは?

保険外交員とは企業や個人の家を訪問し、保険商品を紹介して契約を勧誘するのが仕事です。

お客様個人や家族の要望を聞き、ライフプランに合わせた商品を選び、提案します。

契約後はライフステージやライフスタイルの変化に応じて、必要なら異なる商品を紹介したり、プランに追加をしたりしながらサポートをするのも仕事です。

基本的にお客様に合わせるため、勤務時間が夜や土日になることも少なくありません。

お客様の都合に合わせて自由に勤務時間を変更できるフレックスタイム制などで働くことが多いのも、保険外交員の特徴です。

保険外交員は保険によってお客様の人生をサポートできるという大きなやりがいを持てる仕事と言えます。

保険外交員になるには?

保険外交員として活動するには、一般社団法人生命保険協会が実施している「一般課程試験」に合格しておく必要があります。

試験に合格し「生命保険募集人」として登録されれば、保険外交員として働くことができます。

通常は保険会社の入職前後に資格を取り、社内で商品知識や保険外交員としてのコミュニケーションの方法などについての研修を受け、保険外交員として仕事を始めます。

保険外交員として税金やお金の使い方などの知識をつけたり、キャリアアップしたりするためには、「ファイナンシャル・プランニング技能検定」や「変額保険販売資格試験」などを受けるのもおすすめです。

保険外交員の給料・年収

複数の調査によると、保険外交員の年収は300万~400万円くらいです。

初任給は15万~22万円程度ですが、保険外交員は経験を積み契約が取れるようになるほど、高い報酬を得られることが多い仕事でもあります。

保険外交員は固定給と歩合給を合算するケースが多く、給料に個人差も出やすいのが特徴です。

営業成績がよいほど、その分が給料の金額となるのでやりがいにもつながりやすいです。

保険外交員はお客様に信頼されることが重要です。

そのためにも、保険に関する知識はもちろん、保険に関連する知識を身につけることや提案力を磨くこと、また客観的に証明できる資格を取得するとよいでしょう。

保険外交員の就職・転職先(求人)

保険外交員は保険会社に就職・転職するのが一般的です。

保険会社の支店や営業所に所属し、営業活動を行います。

多くは正社員や契約社員として仕事をしますが、アルバイトやパート、派遣社員など働き方もさまざまなので、自分に適した働き方ができます。

経験者を優遇している会社も多くある一方で、未経験者を歓迎している求人もあります。

未経験の場合は研修制度が充実している会社を選ぶとスキルアップにつながりやすく、安心して仕事をすることができるでしょう。

現代ではインターネットで保険に加入するケースも増えていますが、対面でていねいな説明をしてくれる保険外交員の存在は重要と言えます。

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0