理想の就活/転職のための
自己分析サイト

法務教官に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今法務教官の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい法務教官に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

法務教官に向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたの法務教官適性診断結果

あなたの適性度は41%で、法務教官の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。法務教官を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

法務教官に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.少年少女の矯正への熱意がある
2.教育や心理の専門知識がある
3.教員やカウンセラーの職歴がある
4.時間の管理が得意
5.仕事とプライベートを区別できる
6.ためらわずに周りの人に頼れる
7.対話を大事にしている
8.身体を動かすことが好き
9.模範的な行動を心がけている
10.福祉分野に精通している
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 少年少女の矯正への熱意がある 』

そこそこ兼ね備えている

法務教官は、法務省の職員として各地の少年院において非行や犯罪を行った10代の若者の矯正教育に携わる専門職です。日々の仕事の成果が形に現れにくいこともありますが、少年少女の矯正への意欲が強い人に適した仕事と言えます。また、少年院を退所して社会に戻るまでの過程に直接携わるため、やりがいを感じながら働くことができます。

『 教育や心理の専門知識がある 』

そこそこ兼ね備えている

法務教官は、少年院の入所者の学習指導からカウンセリング、進路相談など幅広い業務を担当します。そのため、大学で教育学や心理学を専攻した人は、仕事の様々な場面で自分の知識を生かすことが可能です。少年院によっては、学歴に応じて適性のある部署に配属されたり、新人の職員の指導を任されたりすることもあります。その他、スキルアップを図るには、働きながら教育や心理に関する資格や検定を取得したり、仕事に関連があるセミナーを受講したりすることも大事です。

『 教員やカウンセラーの職歴がある 』

だいぶ兼ね備えている

法務教官になるためには年に一度の採用試験に合格をする必要がありますが、過去に教員やカウンセラーなどの実務経験がある人は、採用後に様々な事情を抱えている少年少女と上手く向き合うことが可能です。特に、家庭内暴力や児童虐待の被害を受けた少年少女はストレスが大きく手厚い対応が不可欠であるため、即戦力として親身になって対応できる人が期待されています。

『 時間の管理が得意 』

十分に兼ね備えている

少年院に勤める法務教官の仕事は、常に時間に厳しく、かつ規律正しく行われる必要があります。そのため、私生活においても時間の管理が得意な人は問題なく仕事に対応でき、上司や仲間から信頼を得ることができます。なお、宿直業務など夜間の勤務を担当をする際は、昼間とは違った役割や現場を任されることもあり、その都度柔軟に仕事ができる人が好まれます。

『 仕事とプライベートを区別できる 』

そこそこ兼ね備えている

法務教官は、仕事の中で多くの少年少女と接するため、ストレスをため込まないよう仕事とプライベートをはっきりと区別することが重要となります。たとえば、障害、性格、家庭環境など様々な事情で対応が難しい少年少女に対応する場合には、精神面で辛くなってしまったり、仕事への自信を無くしたりすることもあります。そうした問題を防ぐには、仕事ばかりでなく私生活の時間を充実させることや、こまめにリフレッシュをすることが大切です。

スポンサーリンク

『 ためらわずに周りの人に頼れる 』

兼ね備えていない

法務教官は、一人で様々な悩みや問題を抱えている複数人の少年少女の矯正教育を担当するため、特に新人や若手の職員はオーバーワークに陥りやすい傾向があります。そのため、長く法務教官の仕事を続けるうえで、適宜上司や先輩など頼りになる職員に仕事上のアドバイスを求めたり、職務に必要な知識や技術を教えてもらったりできる人は法務教官として働き続けることが出来るでしょう。

『 対話を大事にしている 』

十分に兼ね備えている

法務教官は、少年院に入所をする少年少女だけでなく、同僚や学校の教員、地域の人々など様々な人と関わる場面があります。そうした中、良好な人間関係を維持するためには、その都度相手の立場を考えて行動するのはもちろんのこと、積極的なコミュニケーションを心がけるのも重要です。その他、少年院を退所した後の学力不振や再犯といったトラブルに備えて、各方面とコミュニケーションを取りながら理想的な対処をすることが大事です。

『 身体を動かすことが好き 』

あまり兼ね備えていない

法務教官は、国語や数学、英語といった主要科目だけでなく、体育をはじめとした実技科目の指導を行うこともあり、体を動かすことに慣れている人に向いています。また、サッカーやバスケットボールなどのチームで行う球技から、陸上などの個人種目まで幅広く対応できる人は高く評価される傾向があります。

『 模範的な行動を心がけている 』

兼ね備えていない

法務教官は、矯正に向け様々な形で指導を行う上で、少年少女の模範となることが期待されています。そのため、私生活においても発言や行動、人間関係など様々な点に気を付けて生活しなければなりません。また、遅刻や体調不良による欠勤といった問題は、上司からの評価や昇進昇格に影響することもあります。そのため、日頃から睡眠時間を確保して疲れを解消するのはもちろん、体に負担が掛からないよう休日の過ごし方を工夫するなど私生活を管理できる人は向いているといえます。

『 福祉分野に精通している 』

兼ね備えていない

法務教官は、学習障害や自閉症といった発達障害のある少年少女への支援を行い、少年院の退所後に可能な限り自立して生活できるよう、地域の教育機関だけでなく福祉施設に協力を求めることも重要な役割のひとつです。また、社会福祉法人やNPO法人が運営する福祉施設において実際に障害者や障害児の支援をしたことがある人も、法務教官になった後に経験を生かすことが可能です。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの法務教官適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

この適正診断テストでわかること

  • 法務教官に向いているか向いていないか
  • 法務教官の職業適性度
  • 法務教官に必要な10の資質
  • 解説で法務教官に必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか
アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る