理想の就活/転職のための
自己分析サイト

本ページはマイナビ社などの広告が含まれています

人事に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今人事の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい人事に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

人事に向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたの人事適性診断結果

あなたの適性度は64%で、人事の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。人事を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

人事に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.人の性格を分析するのが得意
2.人間観察が好き
3.友人が多い
4.本音を見抜くのが得意
5.口が堅く秘密を守れる
6.話を広げるのが得意
7.嫌われ役になることもできる
8.冷静に客観的な判断ができる
9.論理的な思考が得意
10.情に流されない
スポンサーリンク
\この診断を受けたい方はコチラ/
人事適性診断を受ける(2分)

診断結果の解説

『 人の性格を分析するのが得意 』

そこそこ兼ね備えている

普段の生活から、人と話した時に自然と「この人は〇〇な人だ」と感じながら分析がするのが好きな人は人事に合っています。人は皆性格も違いますので、得意分野も変わってきます。面接時に口で話していることが本当なのか、話し方や雰囲気からも見抜かなければなりません。人を分析するクセがある人は、自然とどんな人か考えられるので人事の仕事が向いています。逆にあまり人に興味がなく、どんな人か意識しないで話をして生活している人には向きません。

『 人間観察が好き 』

だいぶ兼ね備えている

街中で友人と待ち合わせをした時、さまざまな歩いている人を見ながら人間ウォッチングしてしまう人も人事に向いています。何も考えずにスマートフォンを見ながら違うことを考えている人より、人を観察してどんな人か考える力があります。人事ではさまざまな人と話し、自社に合うかどの部署が適任か考えていかなければなりません。日頃から人間ウォッチングしている人は、普段の延長線上として考えられるでしょう。逆に人に興味がない人は合いません。

『 友人が多い 』

そこそこ兼ね備えている

学生時代に、友人が多くさまざまな人と触れ合ってきた人は人事に向いています。より多くの人と話してきている経験があるので、この人はどんな人かと考えた時これまでの経験を活かしながら分析できます。あまり友人も少なく、人があまり好きではない人は向いてません。友人の中には自分と考えが一緒の人、真逆な人、個性豊かな人などさまざまな人がいるものです。自然と人を見る目ができている人も多く、人事に向いています。

『 本音を見抜くのが得意 』

だいぶ兼ね備えている

人は良く思われたいという気持ちから、面接時に良いことを言って、多少の嘘をつく人もいます。その場だけで判断しなければならないため、100%信じてしまうと、実際に仕事をさせてみたら違ったということもあります。普段から人の表面だけでなく、裏も見られる人は人事に向いているでしょう。人物を多角的に見る力があるため、裏の顔も見て自社に合っているのか、適任な部署はどこか見抜けます。純粋で人をすぐに信じてしまう人は、人事に向いていないかもしれません。

『 口が堅く秘密を守れる 』

十分に兼ね備えている

人事では面接する相手のさまざまな情報を知ってしまいます。仕事で聞いたことを、すぐに陰で広めてしまう人には向いていません。中には個人情報に含まれる機密情報もありますので、それをペラペラと話してしまうと大変です。会社全体としての、不祥事に発展してしまいます。普段から噂好きで、すぐにビッグニュースがあれば何でも話したくなる人には人事は向いていません。秘密事項は絶対に言わないと守れる、口が堅い人が人事に合っています。

スポンサーリンク

『 話を広げるのが得意 』

だいぶ兼ね備えている

人事は、面接を行ってその人の性格や自社に合っているかを見抜く仕事で、質問を相手に行います。必ず誰にでも聞く質問がだいたい決まっていますが、その人が話す内容に合わせて突っ込んで聞くことで本質が見えてきます。質問の内容に受け応えしてくれるわけですが、この話に対してもっと掘り下げて聞く力がある人は人事に向いていると言えるでしょう。掘り下げて聞いた話にこそ、相手の本音が隠されています。話を聞いてもそこから広げられない人は人事は向いていません。

『 嫌われ役になることもできる 』

あまり兼ね備えていない

人事は、社員や就活生にとって嫌な存在に感じることもあります。たとえば、会社としての業績が悪くなってしまい、リストラする社員をどうするのか決めなければいけないなど、大変な選択に迫られることもあるのです。この時、社員に恨まれて悪口を言われる可能性も十分にあります。冷徹だと思われても、厳しさを持って選択できる人は人事に向いています。逆に人の顔色ばかりを窺って判断ができない人は、人事に向いていません。

『 冷静に客観的な判断ができる 』

そこそこ兼ね備えている

会社での人事は、面接を受ける働きたい人や社員の気持ちばかりを汲み取るわけにはいきません。業績を上げて存続していくためにも、経営者の意見も重要です。それぞれにさまざまな意見や考えがありますが、どちらかだけの話を聞き、偏った判断をしてしまう人は人事に向いていません。社員や面接を受ける人の話も取り込みながら、経営者の要求もバランス良く汲み取れる人が人事に向いてます。普段から相手の立場になって考え、バランスを取る役目をしている人には最適でしょう。

『 論理的な思考が得意 』

十分に兼ね備えている

人事の仕事では、誰かだけをえこひいきして自分が好きなように決めてはいけません。「かわいいから〇〇さんの希望の部署にしてあげよう」など、感情的、感覚的に決められないのです。なぜその部署が合っているのか、入社してほしいのか、論理的で公平な考えを持ちながら対応できなければなりません。普段から物事を論理的に考えられる人は、人事の仕事が向いているでしょう。日頃から感覚的に好き嫌いで判断してしまう人には向いていません。

『 情に流されない 』

十分に兼ね備えている

どうしてもこの部署に行きたいという気持ちを持った社員がいた時に、情で押されてしまう可能性もあります。適性としては別の部署が合っている人でも、相手の感情に押されてしまうこともあるでしょう。中には、お金などを積んで特別扱いされることを考えている人もいるかもしれません。何をされても不正なことはしない、情に流されない人が人事に向いています。つい人に押されて情に流されがちな人は、人事に向いていないかもしれません。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの人事適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

1位 マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

2位 doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

3位 リクルートエージェント

└業界最大手で転職支援実績No.1

\この診断を受けたい方はコチラ/
人事適性診断を受ける(2分)

この適正診断テストでわかること

  • 人事に向いているか向いていないか
  • 人事の職業適性度
  • 人事に必要な10の資質
  • 解説で人事に必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか

人事とは?

人材の持つ可能性を最大限に活かして、企業をより良い発展に導くことが人事の役目です。

新しい人材の採用業務はもちろん、入社したばかりの新入社員を育てることも大事な役割になります。

社員一人ひとりが持っている能力や得意分野、業務成績を把握して、定期的に人材を入れ替えることも人事部に与えられている権限の一つです。

人事が対象とするのは人だけではありません。

社員が高いモチベーションを維持したまま仕事をするには、給料を始めとした福利厚生を充実させることが必要になります。

社内の制度や環境を良くするための整備役も担っています。

人事になるには?

役職に就くに当たって、専門の資格やスキルは必要ありません。

学歴や年齢は判断基準に含まれていないので、大学はもちろん、高校卒業をして就職する人でも人事部で働くことは可能です。

学校を卒業後、新卒の面接で人事部を希望することを伝えて配属されるという流れが基本となります。

ただし、新入社員をどの部署に配属させるかは企業側の判断に委ねられるので、必ずしも人事部で働けるとは限りません。

希望が通らず別の部署に配属された場合、直属の上司や人事部の管理職に自分の気持ちを伝えて、定期的に行われる社内異動で移るという選択もあります。

人事の給料・年収

複数のサイトからの調査結果によると、人事の平均年収は420万円前後と判明しています。

人事部はキャリアが会社からの評価に影響されやすい役職のため、年齢で年収が大きく変動することもあるので注意が必要です。

役職に就いてからキャリアが浅い20代の平均年収は、男女共に350万円から400万円と言われています。

順調に経験を積んでいき、30代を超えると大幅にアップして500万円を超えるケースも珍しくありません。

人事部の中にもいくつかの役職が用意されていて、キャリアアップを図って部署を統括する部長職に就くと、900万円近い年収を得られることもあります。

人事の就職・転職先(求人)

企業で働く社員を適材適所に配置する上で、人事は欠かすことのできない役職の一つです。

物作りを始めとした製造業はもちろん、ITや医療など就職、転職先の選択肢は幅広く用意されています。

ただし、働く先の選択肢は広くても、人事部の平均人数は全体の2%程度と少なめです。

1000人規模の大企業でも、人事部に配属されるのは数十人前後という計算になります。

企業にとって必要な部署でも人手は足りているというケースは多いのが実情です。

他業種からの転職で人事を希望する人は、求人募集が増える春シーズンを狙うと比較的スムーズに就職できます。

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0