理想の就活/転職のための
自己分析サイト

ハウスメーカー設計適性診断|あなたは向いている人?向いてない人?

あなたは今ハウスメーカー設計の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいハウスメーカー設計に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたのハウスメーカー設計適性診断結果

あなたの適性度は56%で、ハウスメーカー設計の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。ハウスメーカー設計を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

ハウスメーカー設計に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.家の設計に興味がある
2.コミュニケーション能力に長けている
3.話を聞いて要望を引き出すのが上手い
4.飽くなき探求心を持っている
5.インテリアやファッションの流行に敏感
6.忍耐強い
7.強い責任感がある
8.プレッシャーに強い
9.集中力がある
10.地道な努力ができる
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 家の設計に興味がある 』

あまり兼ね備えていない

ハウスメーカーで設計の仕事に就く人にまず求められるのは、家の設計に対して興味関心があることです。その興味が、一過性のものではよくありません。どれだけ長く深く興味関心を持ち続けられるかが、自分に合う職業として誇りを持って続けられるかどうかにもつながってきます。仕事を続ける上で壁にぶつかっても、家の設計への熱意を抱き続けられる人こそがハウスメーカー設計に向いていると言えるでしょう。

『 コミュニケーション能力に長けている 』

あまり兼ね備えていない

設計図を引く仕事は、職人技というイメージが強い仕事かも多いかもしれません。たしかに、一人で黙々と設計図に向き合っている時間も長いのですが、ハウスメーカー設計においては、人とのやり取りも大切な仕事の要素です。家を建てたいとハウスメーカーに依頼する人は、年齢層や社会的地位、ライフスタイルが様々です。老若男女問わず、幅広いタイプの人に分け隔てなく接することができ、コミュニケーションを楽しめる人がよいでしょう。

『 話を聞いて要望を引き出すのが上手い 』

そこそこ兼ね備えている

ハウスメーカー設計では人とのやり取りが重要な要素となりますが、特に顧客の要望を上手に聞き出す「傾聴力」が身に付いている人は、仕事がスムーズに進められます。顧客と話す際には、設計についての具体的な話だけでなく、現在の家での暮らしについて、最近興味があることについて、など設計と直接的には関係のないような話題も交えて話すこともあります。様々な対話を通して、顧客の好みやニーズを把握し、理解を深められるようにして下さい。

『 飽くなき探求心を持っている 』

だいぶ兼ね備えている

設計者として成功するには、家の設計の基礎的な知識を身に付けていることはもちろんですが、日々変化する建築方法のトレンドを知ろうとする姿勢をつねに持っておくことも大切です。ハウスメーカー設計に携わる人は、より住み心地の良い家、お客様に満足して頂ける住まいをつくりたい、という気持ちを持って、新たな知識を吸収し続けること、より高い技術を身に付けること、そして、その知識を家の設計に生かせるように工夫することが求められます。

『 インテリアやファッションの流行に敏感 』

十分に兼ね備えている

建築に限らず、インテリアや、さらにはファッションの流行にも敏感な姿勢でいられる人は、住宅設計にもトレンドを巧みに取り入れることができます。インテリアやファッションのトレンドを知っておくと、顧客との対話にも生かすことができ、コミュニケーションの一助となってくれることでしょう。どのような色やデザインが求められているかを知り、時代に合った設計ができるハウスメーカー設計者になれるように心掛けて下さい。

スポンサーリンク

『 忍耐強い 』

そこそこ兼ね備えている

ハウスメーカーの仕事は、「顧客ありき」の仕事です。顧客の意向を踏まえて満足してもらえるように仕事を進めることが、設計の担当者にとっても求められます。なかには、理不尽とも思える要求をする顧客がいることもあります。設計の提案をしてもなかなか満足してくれない顧客もいます。度重なる設計プランの変更があったり、施工期間が変更されたり、といった事態に耐える力、柔軟に対応できる力がなければ、ハウスメーカー設計の仕事を十分にこなすことはできません。

『 強い責任感がある 』

そこそこ兼ね備えている

ハウスメーカーが手掛ける「家」は、顧客にとって一生に一度かもしれない大きな買い物です。長年掛けてマイホームへの夢をあたため続けた人、新しい家への希望に胸を膨らませている人、そんな顧客に対して期待に副うような、あるいは期待以上のモノを提供できるようにしたい、と強い責任感を持って仕事に取り組める人は、ハウスメーカー設計に向いていると言えるでしょう。ハウスメーカーにおける設計の仕事の重要性、責任を日々認識しながら仕事に向き合うことが大切です。

『 プレッシャーに強い 』

だいぶ兼ね備えている

家づくりを進めるにあたっては、大きなプレッシャーを感じる場が多々あります。顧客の要望に応えたつもりでも、満足してもらえず、やり直しが求められることもあるでしょう。顧客からのプレッシャーに加えて、会社側からのプレッシャーもあるので、ハウスメーカー設計に携わる人は、多少のことには動じない精神力を持っている人が好ましいと言えます。

『 集中力がある 』

そこそこ兼ね備えている

住宅の設計図を考える際には、集中力を持って作業に取り組む力が求められます。顧客の意向を余すことなく取り入れ、また、細部に渡るまでこだわって丁寧に設計をするには、相当な集中力が必要です。ほんの少しの差で住み心地にも差が生じる設計に、根気強く向き合える人こそがハウスメーカー設計に向いていると言えるでしょう。

『 地道な努力ができる 』

あまり兼ね備えていない

ハウスメーカーには華やかなイメージを持つ人もいるかもしれませんが、家づくりは基本的にはものづくりの仕事であり、地道な作業の積み重ねで完成させる仕事です。ハウスメーカー設計職は、ハウスメーカーのなかでも特にコツコツと丁寧に作業をする機会が多い職種で、目の前の課題や目標をしっかり認識して真面目に取り組む姿勢が求められます。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのハウスメーカー設計適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0

おすすめコンテンツ

おすすめコンテンツ

  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る