理想の就活/転職のための
自己分析サイト

ホームヘルパーに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今ホームヘルパーの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいホームヘルパーに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたのホームヘルパー適性診断結果

あなたの適性度は51%で、ホームヘルパーの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。ホームヘルパーを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

ホームヘルパーに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.明るくハキハキと受け答えができる
2.相手の気持ちになって考えられる
3.臨機応変に対応できる
4.責任感が強い
5.失敗を引きずらない
6.些細な変化にも気づくことが出来る
7.場に応じた適切な判断ができる
8.コミュニケーション能力が高い
9.健康で体力に自信がある
10.家事が得意
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 明るくハキハキと受け答えができる 』

そこそこ兼ね備えている

ホームヘルパーは利用者の自宅に訪問し、様々な介護や生活の援助を行う仕事ですが、利用者のほとんどが高齢者となります。自宅で過ごしている方達なのでしっかりしている人もいますが、認知機能が衰えていたり、耳が聞こえにくくなっている利用者も多いです。そのため自宅を訪れた時やサービス提供中は、少し大きめの声でハキハキと話す必要があります。明るくて元気な声は相手にも伝わりやすく、連絡漏れや勘違いといったミスも減らせます。

『 相手の気持ちになって考えられる 』

あまり兼ね備えていない

あらかじめケアプランに沿ったスケジュールが組まれているため、限られた時間内に終わらせるよう仕事をこなしていかなければいけません。ただし利用者の気持ちを全く考えずに、自分がするべき事だけをさっさと済ませて帰るというのは間違いです。ホームヘルパーは施設介護とは違い、利用者と1対1で接するので、よりきめ細かいサービスの提供が可能となります。ヘルパーに色々と注文をつけるのは申し訳ないと遠慮する利用者も多いので、何も言われなくても相手の気持ちを汲み取ってお世話をしていくことが大切です。そういった意味では、日頃から相手の気持ちになって考えられる人はホームヘルパー向きと言えます。

『 臨機応変に対応できる 』

だいぶ兼ね備えている

人によって性格や考え方は異なり、同じようなサービスを提供しても反応は違ってきます。ありがとうと満足してくれる人もいれば、不満に感じて文句を言ってくる利用者もいます。もし何か注文をつけられた際は、出来るだけ希望に応えられるよう柔軟に対応していかなければいけません。そもそもヘルパーが仕事を行う場所は利用者の自宅内であり、その家のルールがあります。研修で教わっていない、マニュアルに書かれていない事が起こるのも当然ですが、どんな状況になろうとも、臨機応変に対応できる人は安心して仕事を任せられます。

『 責任感が強い 』

そこそこ兼ね備えている

事業所を出ると、ホームヘルパーは一人で仕事場へ向かいます。利用者宅を訪問して介護や生活援助を行っていく訳ですが、その仕事ぶりを上司や同僚に見られることはありません。ただ仕事関係者からチェックされないからと適当に済ませると利用者は不快に感じ、事業所全体のイメージを悪くしてしまいます。利用者からの信頼を得るため、事業所の評価を下げないためには、責任感が強く、自分の仕事はきちんと最後までやり遂げられるというのは必須の条件と言えます。

『 失敗を引きずらない 』

あまり兼ね備えていない

ホームヘルパーは人と接する仕事なので、ちょっとした認識の齟齬や誤解で、利用者や上司から叱られる事があります。怒られると誰でも気分が落ち込むものですが、いつまでも失敗を引きずるのはよくありません。仕事中も上の空で、さらにミスを繰り返す可能性が出てきます。その点、立ち直りが早い人はすぐに気持ちを切り替えられます。そして失敗した理由を分析し、解決策や対処法を見出せば、さらにヘルパーとして成長していくことが出来るのです。

スポンサーリンク

『 些細な変化にも気づくことが出来る 』

十分に兼ね備えている

利用者の表情や会話の時の声の大きさなどで、何かいつもと違うと気付くことが出来る人もホームヘルパー向きです。利用者の中には、少々体調が悪くても我慢してしまう人もいますが、我慢した結果、取り返しのつかない事態に陥る可能性があります。もしヘルパーが違和感を感じて声をかけるなり、事業所に帰ってから上司に報告するなりしておけば、症状の悪化を防ぐ事もできるかもしれません。観察力があって、日常的に周りをよく見ている人なら些細な変化にも気づきやすいです。

『 場に応じた適切な判断ができる 』

兼ね備えていない

一人で作業を行うため、判断力も必要となります。例えば利用者の体調が悪くなった時や怪我をした時は、まず責任者へ報告しなければいけません。どう対処すれば良いかわからずオロオロしているだけでは、色々な人に迷惑をかけてしまいます。その時々で自分がどのような行動を起こせば良いのかを瞬時に判断できる人は安心感が持て、利用者はもちろん、職場からも厚い信頼を得られます。

『 コミュニケーション能力が高い 』

そこそこ兼ね備えている

利用者の多くは自分の話を聞いてほしい、自分を理解して欲しいという思いを抱えています。つまりホームヘルパーは、ある程度のコミュニケーション能力も不可欠と言えます。日頃から積極的に会話をしていれば、相手の身持ちもよくわかり、一人一人に向き合った介護を提供できるようになります。また何気ない世間話でも利用者の気持ちを明るくさせ、訪問する度に仲良くなっていくかもしれません。話がしやすいヘルパーは利用者から頼りにされるので、ヘルパー自身も仕事がしやすくなるというメリットがあります。

『 健康で体力に自信がある 』

十分に兼ね備えている

ホームヘルパーは移動介助や更衣介助、入浴介助など、とにかく体を使う仕事です。1日に何件も回っていくので、体力が無ければ途中で息切れしてしまいます。ただ利用者側からすればヘルパーがどのような仕事をしてきたかなど関係なく、常に質の高いサービスを求めています。そんな中、疲れ切って暗い表情をしていたり、介護に手を抜くような事をすれば、利用者から苦情やクレームが入るのも当然と言えます。その点、健康で体力に自信がある人は、多少疲れていてもクオリティの高いサービスを提供できるので、ヘルパーの仕事に従事するには大きな強みとなります。

『 家事が得意 』

あまり兼ね備えていない

ホームヘルパーが行う家事援助とは、掃除や洗濯、料理などの家事を指します。時間内にテキパキと作業をしていくには、元々家事が得意な人が有利となります。調理が苦手、掃除が嫌いといった人でも仕事はできますが、何でもオールマイティにこなせるヘルパーは現場で重宝される存在となります。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのホームヘルパー適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る