理想の就活/転職のための
自己分析サイト

健康運動指導士に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今健康運動指導士の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい健康運動指導士に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたの健康運動指導士適性診断結果

あなたの適性度は50%で、健康運動指導士の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。健康運動指導士を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

健康運動指導士に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.人の身体の仕組みや健康に興味がある
2.スポーツをした経験がある
3.計画を立てることが好き
4.洞察力がある
5.人に教えることが得意
6.コミュニケーション能力が高い
7.根気強い
8.思いやりがある
9.礼儀正しい
10.明るく前向き
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 人の身体の仕組みや健康に興味がある 』

あまり兼ね備えていない

健康運動指導士は病気のリハビリテーションやスポーツパフォーマンスの向上、ダイエット、筋力増強など、利用者の様々な要望に対して運動計画を立案する仕事です。一人一人に合った運動プログラムを作るためには、運動生理学、運動力学、栄養学や薬学など多くの医学的な知識が必要になります。医学は常に進歩していくため、人の身体について興味を持ち続け、自分の経験や知識をアップデートしていく必要があります。

『 スポーツをした経験がある 』

あまり兼ね備えていない

身体の構造を理解するためには、自分の身体がどのような動き方をするのか知っておく必要があります。健康運動指導士はスポーツ選手や肉体改造を目的とした利用者と接することもあります。スポーツをした経験があれば、その時に得た身体の使い方や知識をもとに運動計画を立てることが出来ます。栄養学等の知識も必要になるため、自分の身体を動かし、食べ物などに気を配る経験をしておくと、健康運動指導士になった時に役にたつでしょう。

『 計画を立てることが好き 』

十分に兼ね備えている

健康運動指導士には計画を立てる力が求められます。利用者一人一人の身体の状況や性格を考慮して、長期目標、中期目標、短期目標を立て、経過をみながら運動プログラムを調整していかなくてはなりません。そのためには、どのような運動を組み込めば利用者の思い描く身体の状態に近づけるのかを想像し、自分の知識や経験を頼りに運動プログラムを作成する力が必要になります。普段の生活から目標をつくり、計画を立て、進捗状況をみながら計画を見直す力を培っておくと良いでしょう。

『 洞察力がある 』

十分に兼ね備えている

健康運動指導士として利用者の様々な要望に応じていくためには、利用者の態度や言葉からどのような事が出来るようになりたいのか、利用者の理想の姿を汲み取る洞察力が必要になってきます。福祉施設や介護保険施設などで働くこともあるため、自分の状況を上手く伝えられる方ばかりではありません。また、身体が思うように動かずストレスが溜まっていたり、身体にコンプレックスを持った方も少なくありません。利用者が心身共にどのような状態であるのかを見極め、一人一人に合った言葉がけや、運動計画を立てるための洞察力が必要になります。

『 人に教えることが得意 』

あまり兼ね備えていない

健康運動指導士の主な仕事は利用者の要望に合った運動計画を立てる事ですが、時には実際に指導現場に出て直接利用者に運動のやり方や目的を教える機会もあります。利用者の身体の動きを見て的確なアドバイスをする力や、思うように身体が動かせなかったり、プログラムの進行が遅れている利用者に対して励し、別の方法を考え目標に近づけるように導くこともあります。

スポンサーリンク

『 コミュニケーション能力が高い 』

あまり兼ね備えていない

健康運動指導士の仕事はチームプレーです。利用者の要望に応えるために、数多くの専門知識が必要になります。自分では対応しきれないより深い専門知識が必要となる場合には、医者や看護師あるいは医学療法士や作業療法士など様々な保健医療関係者と連携を取り、利用者を目標に向かって導かなければなりません。多くの人と意思疎通がスムーズに出来るコミュニケーション能力は健康運動指導士になるために必要なスキルです。

『 根気強い 』

兼ね備えていない

利用者に合わせた運動計画は中期から長期に渡り立てることが多いです。健康運動指導士は長期に渡って一人の利用者に向き合い、共に目標に向かって励むことになります。利用者の中には、思うように身体が動かせなかったり、プログラム通りに運動をこなせない方もいます。健康運動指導士にはどんな利用者に対しても根気強く、諦めずに向き合う姿勢が求められます。

『 思いやりがある 』

そこそこ兼ね備えている

身体が不自由な方、介護施設を利用している方とも接する機会のある健康運動指導士には、相手の立場に立つ思いやりが求められます。利用者一人一人に向き合い、利用者が現在、どのような状態であるのか、身体だけではなく心をケアする役割も担っていることを忘れないようにしましょう。

『 礼儀正しい 』

十分に兼ね備えている

スポーツ選手や介護施設で暮らす方々と接する機会の多い健康運動指導士には礼儀正しさが求められます。どんな利用者に対しても指導者の立場として偏見を持たず、丁寧に接することが大切です。そのために正しい知識を身につけ、挨拶や言葉遣いからこの人は信用出来るという指導者としての信頼を得ねばなりません。普段から様々な人とコミュニケーションをとり、人を導ける人間であれるよう努力する姿勢が大切です。

『 明るく前向き 』

十分に兼ね備えている

様々な利用者の方を相手に仕事をする健康運動指導士には、どんな時にも明るく前向きな姿勢が求められます。特にブログラムが上手く進まず、利用者がストレスを抱え込んでいる時に、物事を前向きにとらえ諦めずに接する事が重要になります。元気ではきはきしていて、周りの人々にパワーを与えられる人が健康運動指導士にはむいているでしょう。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの健康運動指導士適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る