理想の就活/転職のための
自己分析サイト

車掌に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今車掌の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい車掌に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたの車掌適性診断結果

あなたの適性度は41%で、車掌の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。車掌を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

車掌に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.責任感がある
2.コミュニケーション能力がある
3.時間に厳しい
4.常に冷静でいられる
5.メンタルが強い
6.体力がある
7.毎日同じ仕事を続けられる
8.不規則な生活でも問題ない
9.自己管理ができる
10.長時間集中していられる
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 責任感がある 』

兼ね備えていない

車掌の仕事は、運転士に電車が出発する合図を出したり、無事駅に到着したかを確認したりといった内容で、電車の運行に大きく影響します。そのような仕事を、車掌が問題なくこなすことで、電車は問題なく運行できます。もし、車掌がミスをしてしまうと、電車が遅れたり、事故に繋がったりする恐れがあります。また、災害や事故があった時の対応も、車掌の仕事です。その対応次第では、人の命が危険にさらされることになります。そういったことを理解して、責任感を持って働ける人が、車掌に向いています。

『 コミュニケーション能力がある 』

兼ね備えていない

電車は、老若男女を問わず、幅広い人が利用します。そして、その乗客からの質問に答えたり、クレームを処理したりする対応も、車掌の仕事です。どのような人が相手であっても、誠実な対応をしなければなりません。そのため、相手を問わず、しっかり会話をすることができる、コミュニケーション能力がある人が車掌に向いています。また、車掌は基本的に、電車を運転する運転士と2人1組になって働きます。その運転士としっかり連携を取るためにも、コミュニケーション能力が必要です。

『 時間に厳しい 』

十分に兼ね備えている

電車は、出発や到着が遅れてしまうと、乗客からクレームが入ったり、事故に繋がったりする恐れがあります。そのため、電車のスケジュールを管理する車掌は、しっかり時間を守らなければなりません。したがって、時間に厳しい人が、車掌に向いています。時間にルーズで、よく遅刻してしまうような人は、車掌向きではありません。万が一車掌が遅刻をしてしまうと、電車が出発できず、大勢の人に迷惑をかけることになります。

『 常に冷静でいられる 』

そこそこ兼ね備えている

電車には、人身事故や、電車内での痴漢や喧嘩といったトラブルがよく発生します。そのようなトラブルの対応は、車掌の仕事です。問題が大きくならないよう、冷静かつ的確な対処をしなければなりません。そのため、何が起こったとしても、常に冷静でいられる人が車掌に向いています。予想外のことがあった時に、頭が真っ白になってしまったり、パニックを起こしてしまったりする人は、車掌向きではありません。

『 メンタルが強い 』

兼ね備えていない

車掌の仕事は、些細なミスで、大きなトラブルを起こしたり、大勢の人に迷惑をかける可能性があります。よって、常にプレッシャーを感じながら働くことになるでしょう。そのため、プレッシャーに負けることのない、強いメンタルの持ち主が、車掌に向いています。また、電車が遅延した際には、車掌が乗客からのクレームを受けることもあります。そのクレームでも心が折れることのない、メンタルの強さが必要です。

スポンサーリンク

『 体力がある 』

兼ね備えていない

車掌は原則として、仕事中はずっと立ちっぱなしです。電車の後ろから、車内の状況をしっかり確認するために、座ってはいけないというルールを設けている鉄道会社がほとんどです。そのため、数時間座れないことは、決して珍しくありません。したがって、長時間立ちっぱなしの状況でも耐えられる、体力のある人が車掌に向いています。また、長い電車の中や複雑な駅構内を、徒歩で移動することも多いです。その移動をスムーズに行うためにも、体力が必要です。

『 毎日同じ仕事を続けられる 』

そこそこ兼ね備えている

車掌の仕事は基本的に、ルーティンワークです。電車の中で、出発や到着の合図を出したり、電車のドアの開閉を行なったりする仕事を、毎日繰り返します。そのような仕事を、問題なく続けられる人が、車掌に向いています。飽きやすかったり、色々な仕事に挑戦したかったりする人は、車掌向きではありません。同じことの繰り返しで、働くモチベーションを維持するのは難しいでしょう。

『 不規則な生活でも問題ない 』

十分に兼ね備えている

車掌の仕事は基本的に、シフト制となっています。複数人でシフトを分担することによって、早朝から深夜まで運行する電車のサポートを行います。そのシフト次第では、早朝勤務と深夜勤務を繰り返すことになります。よって、不規則な生活でも特に問題ないという人が、車掌向きと言えるでしょう。毎日決まった時間に働いて、規則正しい生活を送りたいという人は、車掌には向いていません。

『 自己管理ができる 』

そこそこ兼ね備えている

電車は、どの車両をどの車掌が担当するのか、シフトによって決められています。そして、車掌の代わりがいつでもスタンバイしているわけではありません。そのため、万が一車掌が急病を起こして、働けない状態になったら、電車の運行がストップしてしまう恐れがあります。そのようなことにならないために、車掌は健康管理を行い、常に体調を万全にしておかなければなりません。また、不規則な勤務時間に合わせるために、毎日就寝や起床の時間を、しっかりコントロールする必要があります。そのような自己管理ができる人が、車掌に向いています。

『 長時間集中していられる 』

そこそこ兼ね備えている

車掌の仕事は、集中力が求められます。電車のドアを閉じる際に、乗客を挟んでしまわないように注意したり、信号を見間違えたりしないことはとても重要です。もし、車掌が集中力をなくしてミスをすれば、大きな事故に繋がりかねません。そのため、長い時間、常に集中力を持って仕事ができる人が、車掌に向いています。時間の経過や、同じ作業の繰り返しで、集中力が下がってしまう人は、車掌になるのは止めておいた方が無難です。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの車掌適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る