理想の就活/転職のための
自己分析サイト

本ページはマイナビ社などの広告が含まれています

国家公務員に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今国家公務員の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい国家公務員に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

国家公務員に向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたの国家公務員適性診断結果

あなたの適性度は29%で、今の時点では国家公務員の仕事に向いているとは言えないようです。国家公務員を目指したい場合は、まず診断結果の詳細を読み込んで必要な資質を理解するようにしましょう。自分に足りない部分がわかったら、あとは一つづつ克服していけるよう努力あるのみです。

国家公務員に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.法律を遵守する意識が高い
2.安定志向が強い
3.国民のために仕事に臨める
4.全国転勤が苦にならない
5.デスクワークが得意
6.ルーティンワークが苦でない
7.常に公正な視点で対応できる
8.研修会やセミナーに意欲的に参加できる
9.長時間労働に耐えられる体力がある
10.職場の人間関係を大切にできる
スポンサーリンク
\この診断を受けたい方はコチラ/
国家公務員適性診断を受ける(2分)

診断結果の解説

『 法律を遵守する意識が高い 』

そこそこ兼ね備えている

国家公務員と言っても職種や配属先、職務内容などは様々ですが、どのような職場でも関係法令に従って職務をこなさなければなりません。そのため、試験に合格をして採用される前から罪を犯すことなく、あらゆる法律を遵守することを心がけて生活をしている人が適しています。また、志望職種が決まっている人は採用試験の対策をしながら、将来的に必要となる法律の勉強をしておくと良いでしょう。

『 安定志向が強い 』

あまり兼ね備えていない

国家公務員は、人事院の規定に基づいて給与が支払われることもあり、民間企業のように成果に応じて収入が大きく上下するリスクはありません。そのため、入職後に安定した生活をしたい人や、解雇や減収などのトラブルを避けたい人に向いています。なお、刑務官や入国警備官といった公安関係の職種については、階級によりますが基本給のほかに特別手当が支給され高収入を見込めます。

『 国民のために仕事に臨める 』

あまり兼ね備えていない

国家公務員は、会社員とは異なり利益を生み出すことは期待されておらず、常に国民からの信頼にこたえるよう職務に励むことが望まれます。また、官公庁の行政職をはじめとして直接国民と接する機会が多い職種は、時に苦情に対応をしたり、問題解決に向けた助言をしたりすることもあり、相手方の立場を尊重することが重要となります。

『 全国転勤が苦にならない 』

兼ね備えていない

国家公務員は職種によって異なりますが、役職に就いたり特殊な職務を担当したりする場合に全国転勤を命じられることがあります。たとえば、警察署長や刑務所長などの管理職については、数年おきに転勤となったり、配属先の希望が通らなかったりすることもあります。そのため、将来的に国家公務員として一定の地位で活躍したい人は全国転勤を念頭に置いて採用試験を受けることが大事です。

『 デスクワークが得意 』

そこそこ兼ね備えている

国家公務員は、公安や技術、技能など事務職以外で採用される場合でも、報告書の作成や事務連絡などを担当することがあります。また、多くの職場ではパソコンを使って職務が行われているため、最低限の文書作成や表計算と言ったスキルが求められます。なお、デスクワークの有無や作業内容は配属先ごとにバラつきがあるため、自分の適性に合う職種を選ぶことが肝心です。

スポンサーリンク

『 ルーティンワークが苦でない 』

兼ね備えていない

国家公務員の職務はルーティン化されているものが多く、変化の大きい仕事が苦手な人にとっては取り組みやすくなっています。ただし、経験を積んでリーダー的なポジションになったり、国立の医療機関で医療職として働いたりする場合には、その都度臨機応変に仕事を進めることが求められます。その他、飽きることなく同じ仕事を続けるためにも、職種選びに慎重になる必要があります。

『 常に公正な視点で対応できる 』

兼ね備えていない

国家公務員は、特定の国民や民間事業者、団体などを贔屓することなく、常に公正な視点をもって職務を遂行します。特に、許認可などの権限を伴う職務については、人や企業の将来に大きな影響を及ぼすことがあります。そのため、不明な点があれば日頃から関係者に聞き取りを行うのはもちろんのこと、若手職員から決裁をする責任者までの意見について慎重に判断をしなければなりません。

『 研修会やセミナーに意欲的に参加できる 』

あまり兼ね備えていない

国家公務員の職種の中でも電気や化学、土木といった理系分野については、最新の技術や業界の事情を把握するため、研修会やセミナーなどに参加をすることが大切です。新人や若手の職員の中には、配属先で行われる研修を受けるだけでは、十分にスキルを磨くことができなかったり、実際の職務にあまり役に立たなかったりすることもあります。そこで、日々の職務の傍ら、自主的に将来につながる学習の機会について調べておくことも大切です。

『 長時間労働に耐えられる体力がある 』

そこそこ兼ね備えている

国家公務員は、年々職務の内容が多様化していることや、最小限の人員で仕事を回さなければならないことから、部署によっては残業が常態化しているところもあります。たとえば、医療や福祉、行政の窓口など国民と直接対応する職員については、ハードワークになりやすいため人並み以上の体力が求められます。そうした中、無理なく仕事を続けるうえで、しっかりと休憩時間を確保したり、職員間で話し合って仕事を上手く割り振ったりすることも大切です。

『 職場の人間関係を大切にできる 』

そこそこ兼ね備えている

国家公務員は、行政職から公安職まで複数人が協力して職務を担当します。そのため、年齢や性別によらず色々な立場の人とコミュニケーションが取れる人や、職場内での人間関係を常に大切にできる人が向いています。また、様々な職種の人が一か所で働いている職場においては、一つの目標のために互いの職種の役割をよく理解したうえで、活発に意見を交わしながら仕事を進めなければなりません。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの国家公務員適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

1位 マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

2位 doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

3位 リクルートエージェント

└業界最大手で転職支援実績No.1

\この診断を受けたい方はコチラ/
国家公務員適性診断を受ける(2分)

この適正診断テストでわかること

  • 国家公務員に向いているか向いていないか
  • 国家公務員の職業適性度
  • 国家公務員に必要な10の資質
  • 解説で国家公務員に必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか

国家公務員とは?

国家公務員は、国が管理している機関に所属をして仕事をする職業になります。

一口に国家公務員と言っても財務を始めとした各省庁、国会や裁判所のように、所属する機関で与えられる仕事は様々です。

現状の法制度の問題を見直して改正案を生み出す役割を担うこともあります。

気象庁のように人々の生活に影響する天候の予測や観測、分析といった専門の知識と技術が求められる機関に配属されるケースも少なくありません。

それぞれ役割は違っても、より良い日本の未来を思い描いて、全ての国民が幸せに暮らせるように全力で業務に励むという点は共通しています。

国家公務員になるには?

仕事に就くためには日本の行政機関の一つ、人事院が実施する国家公務員試験に合格しなければいけません。

受験に学歴は問われないため、高校卒業でも受けることはできますが、専門分野の知識が無ければ合格をするのは困難とされています。

そのため、文部科学省の認可を受けている大学で法律の専門知識を身につけてから試験に挑むのが一般的です。

国家公務員試験に合格をした後、人材の採用予定がある公的機関に応募をして内定をもらうという流れになります。

国家公務員は財務や経済、裁判所など所属する機関に応じて求められる能力が変わるため、事前に調べておくことが大切です。

国家公務員の給料・年収

厚生労働省の賃金構造基本統計調査によると、国家公務員の平均年収は650万円前後です。

俸給と呼ばれる月々国家公務員に支払われる給料は、法律によって金額が明確に定められています。

仕事において求められるスキルはありますが、個人の能力が給料に反映されることは殆どありません。

勤続年数に応じてランクが上がる仕組みをとり、等級で年収が決定する年功序列制のため、仕事に就いたばかりの新人国家公務員の平均年収は300万円前後です。

勤続年数20年以上で10級の国家公務員になると、平均年収が1000万円近くになるケースも少なくありません。

国家公務員の就職・転職先(求人)

国家公務員の就職先は、国が管轄する行政機関の中です。

外務、法務などの各省はもちろん、人々の安全や生活に直接影響する、警察庁や金融庁なども国家公務員の就職先の選択肢に含まれます。

国家公務員は勤続年数で決まる等級制のため、新卒や未経験で就職をする場合、所属する機関を問わず1等級からのスタートです。

勤めていた機関から別の省庁へ転職する経験者の場合、離職時点での等級は考慮されます。

機関が違うから1等級からのスタートという扱いにはならないので、キャリアを重ねてからの転職で収入が大幅に減る心配はありません。

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0