理想の就活/転職のための
自己分析サイト

ゲームデザイナーに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今ゲームデザイナーの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいゲームデザイナーに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたのゲームデザイナー適性診断結果

あなたの適性度は53%で、ゲームデザイナーの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。ゲームデザイナーを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

ゲームデザイナーに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.企画力がある
2.流行や世の中のニーズに敏感
3.コミュニケーション力がある
4.プレゼンテーションに自信がある
5.とにかくゲームが好き
6.複数の物事の把握が得意
7.皆の意見を調整する力がある
8.臨機応変に冷静に対応できる
9.責任感が強い
10.プログラミングの基礎知識がある
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 企画力がある 』

そこそこ兼ね備えている

ゲームデザイナーは、まず、制作するゲームのコンセプトなどをもとに企画書を作成します。そのために市場のニーズを調査し、それを満たすことができるゲームを考えて企画立案を行います。企画書の作成はゲーム制作の根幹をなす重要なパートですから、ゲームデザイナーには企画力が求められます。

『 流行や世の中のニーズに敏感 』

兼ね備えていない

ヒット作を生み出すためには、突出して優れたゲームを制作しなければなりません。そのためには、流行や世の中のニーズに敏感に反応し、それらに応えるゲームを制作することが重要になります。ゲーム業界はもちろんのこと、アニメやマンガといった他の業界やサブカルチャーにもアンテナを張ると、他社との差別化を図れるかもしれません。

『 コミュニケーション力がある 』

十分に兼ね備えている

ゲームデザイナーは、社外の人を含め、沢山の人と接する機会があります。ゲームデザイナーが接する人としては、制作現場で作業を行う社内の人間やプログラマー、グラフィックデザイナーやイラストレーター、会社の上層部の人などが挙げられます。ゲームデザイナーは、こういった人々とコミュニケーションを取り、時には仲介役となりながらゲームの制作を進めていかなければなりません。そのため、相手に気を配りつつ正確なコミュニケーションを取るスキルが求められます。

『 プレゼンテーションに自信がある 』

そこそこ兼ね備えている

ゲームデザイナーは、企画書の提出をする際や現場への指示をする際にプレゼンテーションをする場合があります。こういった場面では、多くの人に自分の意見や伝えたいことが正確に伝わるようなプレゼンテーションをしなければなりません。このとき、プレゼンテーション資料の作成や話すスピード、口調などのプレゼンテーションスキルがあると、伝えたいことを明確に伝えられるプレゼンテーションができるでしょう。

『 とにかくゲームが好き 』

だいぶ兼ね備えている

好きこそものの上手なれ、ということわざがあります。人間は、興味のあること、好きなことには意欲的に取り組め、知識も豊富に吸収できるでしょう。ゲームデザイナーはゲームの制作に関わる立場ですから、ゲームが好きであるに越したことはありません。また、ゲームが好きな人の方がゲーム業界の最新の状況をキャッチアップしやすく、業界の流れなどに敏感になることができるため、より良いアイデアを思いつくことができるかもしれません。

スポンサーリンク

『 複数の物事の把握が得意 』

そこそこ兼ね備えている

ゲームデザイナーはゲーム制作の現場を指揮しなければなりません。そこで、現場が細かくチーム分けされたりして制作が進んでいく中で、どのチームが何を担当していてどこまでできているのか、といったことを把握しておく必要性があります。もしゲームデザイナーがゲーム制作現場の状況を正確に把握できていなければ、的確な指示が出せない、すでに業務がいっぱいで余裕のないチームに新たな仕事を回してしまいゲーム制作の効率が悪くなる、といった問題が起きてしまいます。

『 皆の意見を調整する力がある 』

十分に兼ね備えている

ゲームの企画段階、制作段階のいずれにおいても、チーム同士で意見が食い違ったり、現場の人と上層部の人とで意見が対立したりする場合があります。そんなとき、ゲームデザイナーは、ゲーム制作を指揮する立場として、両者の意見を聞き、妥協点を見つけたりどちらかに意見を合わせたりして調整をしなければなりません。人の話をよく聞き、要点を掴んで問題解決をする力が必要とされます。

『 臨機応変に冷静に対応できる 』

十分に兼ね備えている

ゲームの制作現場では、トラブルが起こって制作が予定通りに進まなかったり、ゲームができたと思ってもバグが発生してしまったりすることがあります。そういった問題が発生したとき、ゲームデザイナーには状況を把握して的確な判断を下して下部の人たちに伝達する臨機応変な対応力が求められます。

『 責任感が強い 』

あまり兼ね備えていない

ゲーム制作のチームメンバーに信頼してもらうためにも、責任感は重要です。また、ゲームデザイナーはゲームの指揮者として実際に様々な責任を負わなければなりません。すぐに心が折れてしまったり、他人に責任を擦り付けてしまうようでは、チームメンバーからの信頼も薄れ、ゲーム制作自体が失敗に終わりかねません。

『 プログラミングの基礎知識がある 』

兼ね備えていない

ゲーム制作においては、プログラミングが必須の要素となります。ゲームデザイナーにプログラミングの基礎知識があれば、制作が進みやすくなるケースがあります。例えば、チームに仕事を割り振る際にプログラミングの基礎知識があれば、どのチームで何ができるのか、どのチームにどれくらいの人手があるのか、といった要素と組み合わせることによって、的確に仕事を割り振ることができるようになります。また、バグが発生した際にも、プログラミングの基礎知識によってゲームデザイナー自身がその原因を理解することができれば、的確な指示を出すことでより早くバグの修正を行うことができます。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのゲームデザイナー適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る