理想の就活/転職のための
自己分析サイト

ゲームデバッガーに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今ゲームデバッガーの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいゲームデバッガーに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたのゲームデバッガー適性診断結果

あなたの適性度は62%で、ゲームデバッガーの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。ゲームデバッガーを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

ゲームデバッガーに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.集中力がある
2.地味な作業の連続に耐えられる
3.ゲームが大好き
4.ゲームの操作に慣れている
5.コミュニケーション能力がある
6.アイデアを考えるのが得意
7.楽しみながら仕事をしたい
8.根気強さに自信がある
9.ITエンジニアの経験がある
10.将来ゲーム開発の仕事をしたい
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 集中力がある 』

だいぶ兼ね備えている

ゲームデバッガーは、長時間ゲームをプレイしてバグを探すのが主な仕事になります。普通にプレイしただけでは気づかないようなバグもあるため、細部に渡ってチェックしなければなりません。集中力が長く続かない人では、ゲームデバッガーとしての仕事をこなすのは難しいでしょう。集中力がある人なら、クオリティの高いデバッグ作業を行うことができます。

『 地味な作業の連続に耐えられる 』

そこそこ兼ね備えている

ゲームデバッガーの仕事は、地味な作業が多いです。毎回同じような作業を何時間も続けることになるため、地味な作業をコツコツこなすのが得意という人に向いています。地味な作業を続けるのが苦手な人では、モチベーションを保つことができず、すぐに飽きてしまうでしょう。

『 ゲームが大好き 』

そこそこ兼ね備えている

ゲームデバッガーは、ゲームが大好きで普段からよくプレイしている人に向いている仕事です。仕事内容はいくつかありますが、メインを占めるのがゲームプレイです。長時間ゲームをプレイして不具合を見つけ出すことになるため、ゲームに興味がない人では長続きしません。逆にゲームが大好きで何時間プレイしても苦にならない人なら、楽しく仕事を続けることができるでしょう。

『 ゲームの操作に慣れている 』

そこそこ兼ね備えている

ゲームの操作に慣れている人も、ゲームデバッガーに向いています。ゲームといっても、RPGやアクション、シューティングなど様々なジャンルのゲームがあります。バグを見つけるのに特別なテクニックが必要になるわけではないですが、ある程度のプレイスキルは持っておいたほうがよいです。ゲームをプレイしたことがなく、コントローラーの扱いに慣れていない人は、スムーズにデバッグの作業を進めることができません。格闘ゲームやアクションゲームなど、ありとあらゆるジャンルのゲームをプレイした経験があり、操作に慣れている人であれば問題なく仕事ができます。

『 コミュニケーション能力がある 』

十分に兼ね備えている

ゲームデバッガーはゲームをプレイして不具合を探すのがメインの仕事ですが、見つけた不具合を開発者に報告する必要があります。その時に必要になるのがコミュニケーション能力です。どのような不具合があったのか、どういうケースで起こり得るのかなど、相手に分かりやすく伝えなければなりません。また、コミュニケーション能力がある人は、人脈を増やすこともできます。ゲームデバッガーの仕事を獲得する時に、コミュニケーション能力が役立つでしょう。

スポンサーリンク

『 アイデアを考えるのが得意 』

そこそこ兼ね備えている

ゲーム開発者は、ゲーム内に潜むありとあらゆるバグを発見するために、ゲームデバッガーに作業を依頼します。バグの中には特殊な操作やプレイを行った時に、発生するものもあります。そういった細かなバグを発見するためには、想定外の発想も必要になります。普通の人が思いつかないような発想を持った人なら、細かなバグも発見できるでしょう。一つの発想に囚われず、色々な考え方ができる人はゲームデバッガーの適性があります。

『 楽しみながら仕事をしたい 』

だいぶ兼ね備えている

楽しみながらできる仕事を探している人に、ゲームデバッガーはぴったりな仕事です。ゲームをプレイすることが仕事になるというケースはなかなかありません。普通とは違う仕事がしたい、楽しみながらできる仕事を見つけたい、そういう人はゲームデバッガーを目指してみるのもよいでしょう。また、ゲームデバッガーは発売前のゲームをプレイできるという特権があります。

『 根気強さに自信がある 』

そこそこ兼ね備えている

ゲームデバッガーには根気強さが必要です。細かなバグを見つけるためには、何度も何度もゲームをプレイしなければなりません。いくらゲームが楽しいからといって、根気がなければデバッグ作業を続けることはできないでしょう。1つの仕事を最後までやり遂げられる、根気強さを持っている人なら、ゲームデバッガーとしての役割をしっかり果たせるでしょう。

『 ITエンジニアの経験がある 』

だいぶ兼ね備えている

ゲームデバッガーは、基本的に専門的な知識やスキルは必要ありません。しかし、エンジニアの経験は役に立ちます。ゲームがどのようなプログラムで作られているのか理解している人なら、バグが発生しやすい状況などを推測しやすくなります。また、エンジニアの仕事内容が分かっていれば、バグの報告をする時にエンジニアと意思疎通がしやすくなるので、重宝されるでしょう。

『 将来ゲーム開発の仕事をしたい 』

十分に兼ね備えている

将来ゲーム開発に関わる仕事をしたいと考えている人にも、ゲームデバッガーは向いています。ゲームデバッガーは、ゲーム開発を行うプログラマーやエンジニア、開発者など色々な人達と関わるチャンスがあります。ゲーム開発の現場がどうなっているのか、どのようにゲームが作られているのかを、知ることができます。その経験は、ゲーム開発の仕事をする時に役立つでしょう。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのゲームデバッガー適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る