理想の就活/転職のための
自己分析サイト

機能訓練指導員に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今機能訓練指導員の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい機能訓練指導員に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたの機能訓練指導員適性診断結果

あなたの適性度は57%で、機能訓練指導員の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。機能訓練指導員を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

機能訓練指導員に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.人が喜ぶ姿にやりがいを感じる
2.医療や介護の最新事情に関心がある
3.チームワークを大切にできる
4.スキルアップや資格取得の意欲が高い
5.楽しんでレクリエーションに取り組める
6.人手不足の時は率先して他者の仕事を担える
7.わかりやすい説明が得意
8.給料よりも自己実現を重視している
9.ルーティンワークも嫌がらずに対応できる
10.医療器具や補助具の知識が豊富
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 人が喜ぶ姿にやりがいを感じる 』

十分に兼ね備えている

機能訓練指導員は、介護施設やデイサービス、病院など様々な現場で利用者と接する機会が多く、日常生活の基本的な動作をスムーズに行えるようサポートする役割が期待されています。仕事を通じて担当の利用者が少しずつ身の回りのことができるようになり、喜ぶ姿にやりがいを感じられる人にとって適職と言えます。また、一人の利用者と長くかかわることで信頼関係を築けるのも大きな魅力です。

『 医療や介護の最新事情に関心がある 』

あまり兼ね備えていない

機能訓練指導員が職場内で他の職種のスタッフや利用者とより良く対応するには、最新の医療や介護の業界に関する情報を得ておくことがとても大切です。そのため、学習意欲がある人や自主的にセミナーや勉強会などに参加をしている人は多くの現場で頼りにされる傾向があります。なお、勤め先の事業内容や利用者のニーズによって、身に着けておくべき知識や情報が異なるため、先輩や周りの同僚にアドバイスを受けながら仕事に臨むことが重要です。

『 チームワークを大切にできる 』

だいぶ兼ね備えている

機能訓練指導員は、一人で仕事をこなすケースは少なく、日々の業務の中で医師や看護師、介護職員など様々な資格や免許を持つスタッフと関わります。要介護度が高い利用者が多く入居する施設では、生活相談員やケアマネジャーなど介護関係の専門職と相談しながら仕事を進めることもあります。そこで、利用者に対してより良いサービスを提供できるよう、チームワークを重視して仕事をこなせるように心がけることがポイントです。

『 スキルアップや資格取得の意欲が高い 』

あまり兼ね備えていない

機能訓練指導員になるために必要な資格は色々ありますが、職場内で自分の知識やスキルを高く評価してもらうには、将来を見据えて様々な種類の資格取得にチャレンジをすることが大事です。現場によっては、看護師や理学療法士、作業療法士などの国家資格をすでに取得しているスタッフに対して、新たな資格取得へのサポートが行われることもあります。そのため、勤め先でスキルアップにつながる研修を受けるのはもちろんのこと、自分に向いている資格について早めに調べ始めると良いでしょう。

『 楽しんでレクリエーションに取り組める 』

そこそこ兼ね備えている

機能訓練指導員は、介護施設などで本来のリハビリテーションに関する業務だけでなく、利用者の余暇の時間を充実させるため、レクリエーションの企画や進行役を任されることもあります。特に、若手や中堅の機能訓練指導員は、体力があることや利用者に可愛がられることから、レクリエーションに積極的に取り組める人が好まれています。なお、レクリエーションが行われる頻度や時間、参加者の数などは、勤め先によって大きなばらつきがあるため、働き始める前に確認しておきましょう。

スポンサーリンク

『 人手不足の時は率先して他者の仕事を担える 』

十分に兼ね備えている

機能訓練指導員が勤めている施設の中には、慢性的な人手不足の影響により、曜日や時間帯によって利用者の自宅や医療機関への送迎係が足りなくなることがあります。そこで、機能訓練の合間に介護車両の運転ができる人や、介護施設などで長期にわたり運転を担当したことがある人が重宝されています。また、機能訓練指導員は日々の業務で体力や精神力を消耗するため、安全運転のために上手く体を休めることも大切です。

『 わかりやすい説明が得意 』

そこそこ兼ね備えている

機能訓練指導員は、認知症などの病気や障害のためにコミュニケーションをとるのが難しい利用者の担当になることもあります。そうした場合には、利用者だけでなく家族に対しても日々の訓練の進み具合や、本人の状況について適切に説明をすることが求められます。また、時には家族から直接訓練に関する相談を受けたり、家庭内でできる訓練を紹介したりすることもあり、各地の現場では人当たりが良い人に対するニーズが高まっています。

『 給料よりも自己実現を重視している 』

そこそこ兼ね備えている

機能訓練指導員は、勤務先の経営状態や規模の大きさによりますが、長く勤めた場合でも大幅な給料アップを期待できなかったり、新人の頃と手当の金額が変わらなかったりすることもあります。そのため、機能訓練指導員の仕事を長く続けるには、給料ばかりでなく自己実現ができるかに重点を置いて職場選びをすることが大切です。

『 ルーティンワークも嫌がらずに対応できる 』

あまり兼ね備えていない

機能訓練指導員は、担当の利用者の病状や身体状態によりますが、毎日の業務内容に大きな変化がなくルーティンワークになりがちです。特に、慢性期の状態で症状が落ち着いている利用者と接する場合には、マンネリにならないように工夫をすることが肝心です。

『 医療器具や補助具の知識が豊富 』

十分に兼ね備えている

機能訓練指導員は、利用者の生活の自立を支えるため、それぞれの利用者のニーズに合う医療器具や補助具を提案して、上手く使えるようにするのも重要な仕事です。また、様々な種類の器具のレクチャーを受けて、自分で装着方法や使いやすさなどを学んでおくことも大切です。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの機能訓練指導員適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る