理想の就活/転職のための
自己分析サイト

フードコーディネーターに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今フードコーディネーターの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいフードコーディネーターに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたのフードコーディネーター適性診断結果

あなたの適性度は45%で、フードコーディネーターの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。フードコーディネーターを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

フードコーディネーターに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.食に対して興味が強い
2.多くの調理技法を身につけている
3.チャレンジ精神が高い
4.コミュニケーション力が高い
5.相手に伝わる話し方ができる
6.共感力が高く人の要望に応えられる
7.芸術的なセンスがある
8.企画発案力がある
9.体力がある
10.人を喜ばせたい気持ちが強い
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 食に対して興味が強い 』

十分に兼ね備えている

フードコーディネーターに向いている人は、常に食に関するアンテナを張りめぐらせて「食材に対する幅広い知識」を持っておくことです。日本国内には独特の風土によって育まれた食材がたくさんあるだけでなく、現在ではチルドといった運送技術が発達することで海外からも多くの食材が日本国内で流通するようになっています。季節ごとに国内外からくる食材に対して、どんな栄養があるのかそして現地ではどんな食べ方をしているのかなどの知識を勉強して有しておくことがフードコーディネーターにとって重要な能力です。

『 多くの調理技法を身につけている 』

だいぶ兼ね備えている

食材の知識だけでなく、料理の技法に対する応用力を持っておくことも大事です。料理は焼くだけでなく、スチームで蒸したり油で揚げるなど様々な調理法があります。フードコーディネーターに一般人が求めることは、家庭でもレストランで出されるレベルの料理をいかに家庭内で食べられるようにしてほしいということです。家庭とレストランの決定的な違いは、やはり調理器具です。レストランでは業務用として専用の高火力のコンロやスチームそしてオーブンがあり、それらをうまく組み合わせることでおいしい料理を作ります。しかし家庭内にはそういった設備はないので、業務用の設備の特徴を把握したうえで家庭でも手軽にできる方法にアレンジする必要があります。このようにフードコーディネーターには、家庭でも手軽に作れるようにプロの技法の知識を勉強したうえで、その料理の技法を一般家庭用の道具で作れるようにする「応用力」が必要です。

『 チャレンジ精神が高い 』

だいぶ兼ね備えている

フードコーディネーターには、新しい料理にチャレンジする挑戦心が必要です。一般家庭で料理を作っている人は、常にその日に作る料理の献立に困っています。フードコーディネーターはそういった人たちの助け舟をするのが仕事なので、国内外の料理を参考に国内で手に入る食材を用いて新しい料理にチャレンジする挑戦心が必要です。

『 コミュニケーション力が高い 』

兼ね備えていない

フードコーディネーターに向いている人は、様々な業種とコンタクトをとることができるコミュニケーション能力が必要です。フードコーディネーターはフリーランスなので、自身の料理を掲載してもらえるように雑誌やネット配信企業に赴いて交渉をする必要があります。そのほかに市場の人たちと話し合いを行って現在の食材の情報を集めるのと、カメラマンや雑誌記者に対して掲載する料理に対しておいしく見えるようにリクエストをすることも行います。このようにフードコーディネーターとして成功をするためには様々な業種の人たちとの話し合いが欠かせないので、日ごろからコミュニケーション能力を磨いておくことが重要です。

『 相手に伝わる話し方ができる 』

兼ね備えていない

フードコーディネーターには、相手に伝わりやすいように話す表現力が大事です。この仕事は料理のことを発信するのが仕事なので、相手にわかりやすく話す必要があります。そのためには技法の説明だけでは意味がなく、それを一般人にもわかりやすいように解釈を加えて話す必要があるので発声練習や朗読会などを行って表現力を磨いておくことが大事です。

スポンサーリンク

『 共感力が高く人の要望に応えられる 』

あまり兼ね備えていない

フードコーディネーターに向いている人は、海外の料理や最新のトレンドを取り入れることで様々なニーズに応えるための共感力が大事です。1990年代にイタリア料理が人気となり、そして2000年代からは若い世代で韓国料理が人気となっているように常に食に関するトレンドは更新されています。フードコーディネーターはこれまで培ってきた料理の技術だけでなく、新しいトレンドを取り入れて家庭でも作れるように新しい料理を作る能力があることが大事です。

『 芸術的なセンスがある 』

そこそこ兼ね備えている

フードコーディネーターになるには、料理をきれいに盛り付けるための芸術センスも大事です。料理は見た目も味の要素といわれるように、料理の盛り付けも重要な要素です。どんな風に盛り付けたらおいしそうに見えるのかをレストランの盛り付けを参考にするだけでなく、料理以外の絵画や模型などを見て相手にわかりやすく魅せる能力を磨くことも重要になります。

『 企画発案力がある 』

十分に兼ね備えている

フードコーディネーターには、料理のテーマを完遂させるための企画力を持っている人が向いています。フードコーディネーターとして料理を作る際に、自分が発信したい料理だけでなく相手からのテーマの依頼を受けたうえで料理を作ることもあります。どちらにしてもテーマを成功させるためには、料理の案から発信する媒体そして撮影方法など色々と企画をしないといけないです。そのためフードコーディネーターには、テーマを成功に導くために企画を発案して実行する能力が重要になります。

『 体力がある 』

兼ね備えていない

フードコーディネーターになるには、激務なので体調管理ができる人が向いています。フードコーディネーターの仕事は、常に数多くの料理を作らないといけないのでキッチンを常に動き回る必要があります。自身が発信したい料理だけでなくネットなどの媒体で配信する料理まで作っていると、この仕事は最低でも朝から深夜まで動き続ける場合があります。そのためフードコーディネーターになるのであれば、時間が管理できるだけでなく体調管理ができることも重要な要素です。

『 人を喜ばせたい気持ちが強い 』

あまり兼ね備えていない

フードコーディネーターに向いている人で、絶対に持っておくべき素養としては常に「多くの人々を喜ばせたい」という気持ちを持っている人です。この仕事は、自身が作った料理で相手が喜んでくれることにやりがいを感じることに意義があります。そのためどんな状況であっても、料理に対して真摯に向き合い続けられる人が向いています。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのフードコーディネーター適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る