理想の就活/転職のための
自己分析サイト

本ページはマイナビ社などの広告が含まれています

フラワーセラピストに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今フラワーセラピストの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいフラワーセラピストに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

フラワーセラピストに向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたのフラワーセラピスト適性診断結果

あなたの適性度は42%で、フラワーセラピストの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。フラワーセラピストを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

フラワーセラピストに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.人を癒したい気持ちが強い
2.花が好き
3.几帳面な性格
4.コミュニケーション能力がある
5.人に安心感を与えられる
6.学び続ける意欲がある
7.心身ともに健康
8.条件に合う最適な物を選べる
9.自発的で積極性がある
10.高い向上心がある
スポンサーリンク
\この診断を受けたい方はコチラ/
フラワーセラピスト適性診断を受ける(2分)

診断結果の解説

『 人を癒したい気持ちが強い 』

十分に兼ね備えている

花や植物の癒しの力を一番感じることができるよう、適切な花の種類を選んで、必要に応じた飾り方までコーディネートするのがフラワーセラピストの仕事です。人を癒すための仕事ですから、疲れた人を癒してあげたいと思える人が向いています。癒されたいと思って来店するクライアントに対して、癒してあげたいという気持ちを持って寄り添うことができれば、良いセラピーをするための原動力になるからです。

『 花が好き 』

兼ね備えていない

人を癒すセラピストの仕事は幅広く、さまざまな職種があります。数多くのセラピーの手法がある中で、フラワーセラピストを選ぶなら、「花が好き」であることが大切です。セラピスト自身が花が好きで、花の癒し効果を実感していると、フラワーセラピーを行う際にも言葉や態度に説得力が生まれます。専門知識を学ぶ時にも、好きという気持ちがあれば意欲が持てるのです。クライアントが安心してセラピーを受けられることにもつながるため、「花が好き」なことはフラワーセラピストにとって重要な資質といえるでしょう。

『 几帳面な性格 』

あまり兼ね備えていない

フラワーセラピストは、日常的に花や植物と触れ合う仕事です。植物の中でも、花びらに鮮度が出やすい花の世話は、難易度が高めといえます。花をすぐに枯らしてしまう、水やりを忘れてしまうなどのだらしない性格では、クライアントの信頼を得ることができません。定期的に水やりをして、花の様子に気を配り、長持ちさせることができる几帳面な性格の人が、フラワーセラピストに向いています。

『 コミュニケーション能力がある 』

だいぶ兼ね備えている

さまざまな人に求められているフラワーセラピーでは、来店するクライアントの性格も多様で、自分からよく話す人や無口な人、表情豊かな人もいればそっけなく見える人もいます。初対面のどんな相手に対しても、声を掛けて緊張をほぐし、カウンセリングを行ってセラピーに必要な情報を引き出せるコミュニケーション能力があることが大切です。セラピーの内容や花の効果について、的確に解説できる能力や、ときには専門用語を使わずわかりやすく説明できる能力も必要といえます。

『 人に安心感を与えられる 』

あまり兼ね備えていない

フラワーセラピーの仕事では、クライアントにリラックスしてもらうことが重要です。相手に安心感を与えられるタイプの人は長所を生かすことができるでしょう。周囲に「あなたと話していると落ちつく」、「癒し系だね」と言われたことがある人は、フラワーセラピストに向いています。相手が落ちついて、くつろげる状態でセラピーを提供することができれば、より癒されやすくなり、クライアントの満足感も上がるでしょう。

スポンサーリンク

『 学び続ける意欲がある 』

兼ね備えていない

花の見た目の美しさや飾り方に加え、生花の色彩が持つ心理的効果、芳香によるアロマセラピーの作用といった専門知識まで、フラワーセラピーに必要な知識は幅広く、奥深いものです。ペットを飼っているクライアントも多いため、犬や猫、そのほかの動物に対して禁忌にならない花を選ぶなど、相手の状況によって必要な知識も変わってきます。医療や福祉施設でも注目を集めるセラピーですから、正しい知識と臨床技術を深めるためにも、常に学び続ける意欲のある人が向いています。

『 心身ともに健康 』

そこそこ兼ね備えている

人を癒す仕事だけに、フラワーセラピスト自身が心身ともに健康であることが重要です。誰かを癒したいと思う人が陥りがちな点として、自分を犠牲にするほど尽くしてしまったり、頑張りすぎて体調を崩してしまったり、ということが挙げられます。しかし、クライアントがせっかく癒されたいと思って来店した先で、疲れ果てたセラピストに出迎えられては、がっかりさせてしまうかもしれません。自分が提供するフラワーセラピーを信頼してもらうためにも、心身ともに健康でいられるよう、セルフケアもしっかり行いましょう。

『 条件に合う最適な物を選べる 』

十分に兼ね備えている

フラワーセラピストの仕事では、数多くの花の中から適切な花を選び出す必要があります。クライアントの悩みや、状況・環境にあった花であることが大切です。さらに、生花は視覚・嗅覚などの五感に働きかけるため、相手の好みやアレルギーなどさまざまな要因を考え合わせて、総合的に答えを出さなければなりません。求める効果を持つ花の候補は専門知識を使って絞り込むことができますが、クライアントに提案する花やコーディネートを選ぶためには、候補の中から的確な選択ができる力が必要です。普段から選ぶのが得意な人や、決断力のある人が向いています。

『 自発的で積極性がある 』

そこそこ兼ね備えている

フラワーセラピストは、個人事業主として働く人が多い職種です。特に働き始めた時期は、待っていても依頼が入ってくるとは限りませんから、自分から仕事を得るために営業できる積極性のある人が向いているでしょう。従業員として雇われていても、リピーターになってもらえるよう営業できる積極性がある人のほうが、評価は高くなる傾向があります。営業といっても、押し売りは苦手という人も多い癒し系の業界では、機会をとらえて自分の仕事内容についてわかりやすく説明できる、次回の来店を促す一言が言える、といった積極性が持てる人です。

『 高い向上心がある 』

兼ね備えていない

花を使った癒しの効果自体は古くから認識されていますが、フラワーセラピストの業界は、認知されて広がり始めたところといっていいでしょう。フラワーセラピストに会うのは初めて、というクライアントも多い業界です。フラワー関連の業界だけでなく、医療や介護などの分野でも注目を集める仕事ですから、向上心を持って、新しい仕事に対しても幅広く取り組める人が向いています。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのフラワーセラピスト適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

1位 マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

2位 doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

3位 リクルートエージェント

└業界最大手で転職支援実績No.1

\この診断を受けたい方はコチラ/
フラワーセラピスト適性診断を受ける(2分)

この適正診断テストでわかること

  • フラワーセラピストに向いているか向いていないか
  • フラワーセラピストの職業適性度
  • フラワーセラピストに必要な10の資質
  • 解説でフラワーセラピストに必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか

フラワーセラピストとは?

フラワーセラピストとは、花の色や形、香り、質感など、五感を使って花を感じることで、癒しを引き出す職業です。

花の色彩による心理的効果や、アロマテラピー効果などを用いて、ストレス社会に生きる現代の人々に癒しや元気を提供します。

花と触れ合うことで相談者の心身のバランスをととのえるとともに、相談者が作ったフラワーアレンジメントから心理状態を分析したり、そのときの心理状態に合う花を提案したりすることもできます。

フラワーセラピストには、花や心理学などの専門知識の他、相談者の悩みをくみ取るコミュニケーション能力が求められます。

フラワーセラピストになるには?

フラワーセラピストになるためには、まずフラワーセラピスト養成講座などを受講し専門知識を学習します。

その後、民間の資格を取得します。

複数の民間団体がフラワーセラピストのための講座や資格試験を実施しているので、資格取得の目的や学びたい内容に応じて、自分に合った講座を選択できるよう事前に確認が必要です。

学習内容としては、花の基礎知識や色彩心理、アレンジメントの仕方の他、講座によってカウンセラーとしての傾聴スキルやセッション方法などです。

講座の受講方法は様々で、通学タイプの講座もあれば、オンライン講座、通学とオンラインを組み合わせた講座などがあるので、自分に合った受講スタイルを選びます。

フラワーセラピストの給料・年収

フラワーセラピストは、病院や施設などにおいて専属で雇用される例は少なく、フリーランスで病院や施設などへ出向く形が多くなっています。

したがって報酬は自身で設定することになります。

報酬の一例として、二時間の活動で3,000~4,000円ほどの報酬です。

経験を積むにつれて、報酬をアップさせていくことも可能です。

花屋に勤務して花の知識を深めながら、フラワーセラピストとして活動することもあります。

その場合は、フラワーセラピストとしての収入に花屋での収入がプラスされます。

なお、複数の調査より花屋の平均年収は300万円前後です。

フラワーセラピストの就職・転職先(求人)

フラワーセラピストの活躍の場は幅広く、病院や介護施設、教育機関、エステなどのリラクゼーション施設、花屋、ブライダル業界などが挙げられます。

フラワーセラピーで心身を癒すことを主目的とすることもあれば、心理療法の前にフラワーセラピーを行うことで心理療法をリラックスして受けられるようにするために使われることもあります。

また、企業や病院の受付、店舗の中などはその空間の雰囲気作りも大切になります。

セラピーの知識を元に、その場その場にあったフラワーアレンジメントを提案することもフラワーセラピストの仕事の一つです。

その他には、一般向けにフラワーセラピー講座を開催することもあります。

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0