理想の就活/転職のための
自己分析サイト

華道家に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今華道家の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい華道家に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたの華道家適性診断結果

あなたの適性度は48%で、華道家の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。華道家を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

華道家に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.花が好き
2.新しいことを学ぶことが好き
3.日本の文化に興味がある
4.柔軟性がある
5.探求心がある
6.流行に敏感
7.コミュニケーションが得意
8.体力に自信がある
9.集中力がある
10.センスがある
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 花が好き 』

だいぶ兼ね備えている

華道家としてやっていくには、花が好きであるということが大前提です。華道家という職業には、花を生けて場をプロデュースすることや、作品の出展、生け花教室を開講するなど、様々な働き方がありますが、そのどれにも花は関わってきます。花を使っての仕事になりますので、扱い方や知識など、花に関することであれば、何でも知っておく必要があります。華道家を目指すのであれば、花が好きであるということは最も重要な要素の一つであると言えるでしょう。

『 新しいことを学ぶことが好き 』

兼ね備えていない

華道家は、花を生けることや、生け花の指導を行うことが主な仕事ですが、ただ綺麗に花を生ければよいというわけではありません。生けた花が場に相応しいものになるように考えることも、華道家の仕事です。花に関する知識だけではなく、色彩に関する知識や、歴史など、多くの知識が必要であり、知識のアップデートも必要になります。ですので、華道家という仕事は、新しいことを学び続けなければなりません。学ぶことが好きな人は、華道家に向いていると言えるでしょう。

『 日本の文化に興味がある 』

そこそこ兼ね備えている

華道は日本文化であり、いつ始まったのかは定かでないものの、花を生けて愛でるといった行為は、深く愛されてきました。華道はそのような歴史のある文化の一つであり、現在に続いているものです。華道家になるにあたって、必ずしも日本文化の教養が必須というわけではありませんが、生け花が持っている日本の歴史についても知ることができるのならば、仕事の幅をさらに広げることができるでしょう。

『 柔軟性がある 』

そこそこ兼ね備えている

華道家は、多くの花を使い、綺麗に生けるだけではなく、会場や催物に合わせて、様々な種類の生け花を作らなくてはなりません。中には、従来とは異なる方法で生けることもあるでしょう。そのような時に、自分の知識や、従来のやり方にとらわれることなく、その場に合った一番良い形の生け花を作ることができる柔軟性が重要です。物事を色々な方面から見ることができる柔軟性の持ち主は、華道家に向いていると言えるでしょう。

『 探求心がある 』

十分に兼ね備えている

華道家は、常に新しいものを探し続けることが重要です。花の種類や器、生け方も含めて、従来の方法と合わせることによって、よりよい作品を作ることができるでしょう。常に新しいものを作り続けるためにも、ジャンルを問わず、新しいチャレンジをしていくことは、華道家にとって大切な要素です。

スポンサーリンク

『 流行に敏感 』

あまり兼ね備えていない

生け花自体は時代によって大きく変わることは少ないですが、内容はその時代の流行が反映されているケースも少なくないでしょう。どのような生け花が良い評判を得るのかは、その時代によって異なります。流行を取り入れ、新しい風を入れていくのも、華道家にとって大事なことです。日頃から流行に興味を持ち、どのような物が流行っているのかを知ることが好きな人は、華道家に向いていると言えます。

『 コミュニケーションが得意 』

そこそこ兼ね備えている

華道家は一人で作品を作るわけではありません、助手やスタッフなど、多くの人達と共に一つの作品を作り上げることもあります。その上、スタッフ達をまとめ上げるのは華道家自身です。自分の思った通りの作品を作り上げるためにも、スタッフ達との意思疎通は重要になるので、華道家には、コミュニケーション能力が重要であると言えるでしょう。

『 体力に自信がある 』

あまり兼ね備えていない

華道家は体力勝負です。時と場合によっては、大きな花器を扱うことや、大ぶりな花を多数扱うこともあるでしょう。また、生けるだけではなく、運搬や手入れも行わなくてはなりません。一度生け始めてしまえば、納得がいく作品ができあがるまで、何時間も花と向き合う必要があります。そのような状態でも、最後まで気を抜くことなく仕上げるには、体力が必要になります。ですので、華道家を目指すのであれば、体力は重要です。

『 集中力がある 』

あまり兼ね備えていない

一旦、花を生け始めたら、基本的に途中で止めることはありません。最後まで生け続ける必要があります。そのため、体力と同時に集中力が必要になります。また、依頼が被ってしまい、複数の生け花を作らなくてはならないケースも出てくるでしょう。そのような状態であっても、常に最高の作品を作るため、集中力は大切です。

『 センスがある 』

だいぶ兼ね備えている

華道は、必ずしも多くの花を使って華やかにする必要はありません。中には、大きな花器に一本だけ生ける、といったケースもあるでしょう。ですが、それで作品とするには、生けている華道家自身のセンスが重要です。ほかにも、華道家のセンスが問われるシーンは多数あるでしょう。そのような中で花を生ける仕事をしていくには、知識や技術の他に、華道家自身のセンスが必要になります。人と違うことが好き、人が考え付かないようなことを思いつく、といったセンスを持っている人は、華道家に向いていると言えるでしょう。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの華道家適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る