理想の就活/転職のための
自己分析サイト

本ページはマイナビ社などの広告が含まれています

財務専門官に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今財務専門官の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい財務専門官に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

財務専門官に向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたの財務専門官適性診断結果

あなたの適性度は52%で、財務専門官の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。財務専門官を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

財務専門官に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.チャレンジ精神がある
2.向上心がある
3.責任感が強い
4.コミュニケーション能力が高い
5.事務処理のスキルがある
6.学ぶ意欲が強い
7.協調性がある
8.物事に対して粘り強く向き合える
9.客観的な判断力がある
10.正義感が強い
スポンサーリンク
\この診断を受けたい方はコチラ/
財務専門官適性診断を受ける(2分)

診断結果の解説

『 チャレンジ精神がある 』

あまり兼ね備えていない

財務専門官は金融のプロフェッショナルとして財政に関わる幅広い業務を担当します。また、財務専門官は数年ごとに異動があるため、長年同じ業務を担当するわけではなく、部署によって初めて経験する業務を担当することがあります。その場合も金融のプロフェッショナルとして質の高い仕事が求められます。そのため、経験・知識不足を補うために、金融に関する勉強をする姿勢が大切です。努力を続けられる人や、新しい業務に対しても前向きに取り組めるチャレンジ精神がある人に向いているでしょう。

『 向上心がある 』

十分に兼ね備えている

財政に関わる様々な業務を担当する財務専門官は、高い専門知識が求められます。そのため、仕事に活かせる資格を取得するなど日々学ぶ姿勢が大切です。また、財務専門官は地道な作業を担当することもあるため、モチベーションを保ち続けることができない人には向いていないでしょう。経済面において地域貢献ができるなどといった財務専門官の仕事にやりがいを感じ、仕事で成果がだせるように向上心をもって取り組める人に向いています。

『 責任感が強い 』

十分に兼ね備えている

経済面において地域の発展に貢献することが財務専門官の重要な役割です。地域の金融機関が問題なく運営されているのか調査を行なったり、人々がより良い生活ができるように地方公共団体に貸付を実施することもあります。時には数億円規模の案件に関わることがあるため、金融のプロフェッショナルとして業務1つひとつに大きな責任があります。責任をもって仕事に取り組まないと大きなミスにつながってしまうため、そうした環境にやりがいを感じる人に向いているでしょう。

『 コミュニケーション能力が高い 』

そこそこ兼ね備えている

財務専門官は金融機関の担当者や地方自治体の人など、様々な人と関わる機会が多いです。常に多くの人と連携をとるため高いコミュニケーション能力が求められます。社内外の関係者と円滑なコミュニケーションがとれないと、仕事をスムーズに進めることができません。そのため、人と関わることが好きな人やこまめに報告・連絡・相談ができるなどコミュニケーション能力が高い人に向いています。

『 事務処理のスキルがある 』

十分に兼ね備えている

財務専門官は幅広い業務を担当しますが、その中には財務省や金融庁への報告業務や各所に提出する書類作成などの事務業務も含まれています。また、その他に関係者とのミーティングや現地調査などデスク業務以外も担当します。そのため、取り組むべき業務に優先順位をつけて効率よく正確に事務処理をこなす能力が求められます。1つの業務を集中して行ないたい人や時間をかけて仕事に取り組んでいきたい人には向いていないでしょう。

スポンサーリンク

『 学ぶ意欲が強い 』

そこそこ兼ね備えている

財務専門官は金融のプロフェッショナルとして幅広い知識が求められます。法律や民法、税金などの知識のほかに、経済の動向などにもアンテナをはって勉強をする姿勢が大切です。仕事をスムーズに進めるためには、銀行や保険会社の担当者と対等に話せる幅広い金融の知識が必要です。そのため、日々の業務をこなすだけでなく、日本の金融の動きを欠かさず調べたり、疑問点は先輩に相談するなど学ぶ意欲が強い人に向いているでしょう。

『 協調性がある 』

兼ね備えていない

財務専門官は多くの人と連携をとりながらチームで仕事に取り組んでいきます。1人では仕事を進めることができないため、チームの人たちと協力して業務を行なう必要があります。そのため、自分のことだけを考えるのではなく周りの仲間の意見も聞きながら、アドバイスをする姿勢が大切です。1人で仕事を進めるのではなく、仲間と支え合いながら協調性をもって仕事を進めることに魅力を感じる人は向いているでしょう。

『 物事に対して粘り強く向き合える 』

十分に兼ね備えている

財務専門官は幅広い業務を担当しますが、その中でなかなか成果が出せずに悩むこともあります。そのような場合は、現状の問題点をふまえて、解決策を考える姿勢が求められます。失敗が続いた時も成功するまで向き合うことが大切なため、ゴールが見えない状況でも最後まで粘り強く向き合える人に向いています。

『 客観的な判断力がある 』

そこそこ兼ね備えている

財務専門官は、幅広い業務の中で公平な判断を求められる機会が多くあります。主観的な視野で判断してしまうと大きなミスにつながってしまうため、常に客観的な目線が必要になります。そのため、自分の意見だけでなく周りの意見も踏まえながら、冷静に判断ができる人に向いています。

『 正義感が強い 』

兼ね備えていない

企業や銀行に対して調査を行ない、違法行為をしていないか取り締まることも財務専門官の仕事の1つです。そのため、正義感をもって1つひとつの業務に取り組む姿勢が大切です。小さなミスにも気が付けるような正義感が強い人に向いているでしょう。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの財務専門官適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

1位 マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

2位 doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

3位 リクルートエージェント

└業界最大手で転職支援実績No.1

\この診断を受けたい方はコチラ/
財務専門官適性診断を受ける(2分)

この適正診断テストでわかること

  • 財務専門官に向いているか向いていないか
  • 財務専門官の職業適性度
  • 財務専門官に必要な10の資質
  • 解説で財務専門官に必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか

財務専門官とは?

財務専門官は、全国の財務局や財務支局で勤務する国家公務員です。

財務や金融の知識を駆使して国から支給される予算が適正に活用されているかの確認を行ったり、金融機関において不正が行われたりしていないかの調査を行うのが、主な役割となります。

地域活性化のために国有財産を活用することを検討したり、預金を銀行に抱えている人や保険に入っている方が安全な資産運用を行えるように手助けしたりする作業を日々続けていきます。

財務専門官には、経済調査や広報活動を行う専門家といった側面も見られます。

地域の経済状況を省庁にフィードバックしたり、省庁から自治体に重要事項を伝達したりする責務も担います。

財務専門官になるには?

財務専門官として働くには、国家公務員試験に合格しなければなりません。

財務専門官採用試験を受験するためには、大学卒業もしくは短大卒業者であることが求められます。

それ以外には、人事院が同等の資格を有すると認めた際に受験資格の付与が行われます。

財務専門官の採用試験では、会計や経営に関する問題を主に出題。

試験の出題形式は一次と二次の区分に分かれ、一次試験では基礎的な教養に関する知識を問われる問題と専門的な関連法規に対する理解を試される問題が出題されます。

二次試験は一次試験通過者のみに行われ、財務専門官に相応しい人物であるかを面接を通して確認していきます。

財務専門官の給料・年収

財務専門官の給料に関して複数の調査をまとめると、平均の年収は600万〜650万円です。

初年度の月収は21万円程度であり、年功序列で給与は上昇していく傾向が見られます。

公務員であるため、基本給を計算する上での基準値となる俸給は、法律で定められた俸給表により算出されていきます。

賞与の支給額については、内閣官房内閣人事局が人事院勧告という形で示していきます。

給与と賞与の金額が安定していることに加え、各種手当が充実している点も財務専門官の特徴です。

時間外手当の他に、地域手当や特殊勤務手当、管理職手当などの財務専門官特有の手当が付与されます。

財務専門官の就職・転職先(求人)

財政や金融に関する検査、監督を実施する側に対する需要は安定しており、財務専門官を目指す方は増えています。

財務専門官の勤務先には、財務省や金融庁を始め、全国10箇所に及ぶ採用局が存在します。

採用局では、地方公共団体に対する財政融資資金に関する相談窓口での勤務や、地域の活性化に関する国有財産の有効活用法に対しての業務に関わります。

それ以外では、金融や経済の調査、広報に関する仕事に携わることも。

地域金融機関が適正な金融商品の供給を行うかを検査したり、経済動向に関する調査データの省庁への報告、財務省や金融庁が決定した施策を地域に広めたりするといった責務を担います。

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0