理想の就活/転職のための
自己分析サイト

フィナンシャルプランナー適性診断|あなたは向いている人?向いてない人?

あなたは今フィナンシャルプランナーの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいフィナンシャルプランナーに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたのフィナンシャルプランナー適性診断結果

あなたの適性度は56%で、フィナンシャルプランナーの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。フィナンシャルプランナーを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

フィナンシャルプランナーに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.数字に強い
2.コミュニケーション能力が高い
3.様々な分野を学ぶことが好き
4.情報収集が得意
5.お金の事を考えるのが好き
6.柔軟な発想ができる
7.情報管理が得意
8.相談者に寄り添うことができる
9.人に好かれる接し方ができる
10.責任感が強い
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 数字に強い 』

あまり兼ね備えていない

フィナンシャルプランナーは、ライフプランの作成などの場面で、数字やさまざまなデータを扱うことが多くなっています。ある程度の計算は電卓に任せられるといっても、計算方法をフィナンシャルプランナーが理解していないと、顧客から信用されません。信頼できるフィナンシャルプランナーを目指すなら、数字やデータに強いかどうかは大切なポイントの1つです。

『 コミュニケーション能力が高い 』

あまり兼ね備えていない

基本的にフィナンシャルプランナーの仕事は、自分1人だけで進めるものではありません。相談者がいて、相談者とコミュニケーションをとりながら一緒にライフプランなどを考えていく仕事です。そのためコミュニケーション能力が低い方は、顧客からの相談がスムーズに行えず、仕事が進めにくい場合があります。多くの人と接する機会がある仕事なので、コミュニケーション能力が高い方に向いているということを押さえておきましょう。

『 様々な分野を学ぶことが好き 』

そこそこ兼ね備えている

フィナンシャルプランナーは、お金に関するさまざまな分野の知識を把握しておく必要があります。税金や相続、保険に光熱費など把握しておくべき分野や知識量が多いため、多くの知識の学習を苦に感じることなく吸収できる方なら、フィナンシャルプランナーに向いているかもしれません。自分が興味のある分野だけではなく、あまり興味がない分野の知識も学ぶことで、豊富な知識を持つ信頼できるフィナンシャルプランナーを目指すことにつながります。

『 情報収集が得意 』

だいぶ兼ね備えている

1度フィナンシャルプランナーの資格を取得したら、顧客のライフプラン作成などに必要な知識は十分に身に着けることができたと感じる方もいます。しかし税制や法律が変更されることもあれば、新しい金融商品が誕生することもあります。常にお金に関する最新の情報が発信されているので、それらの情報収集を負担に感じることなく続けられる方なら、フィナンシャルプランナーに向いていると判断できます。

『 お金の事を考えるのが好き 』

十分に兼ね備えている

大きな買い物のときに得する買い方を考える、もしくは将来に備えて資金を貯める方法を考えるのが好きという方もいれば、苦手という方もいます。日ごろからお金のことを考えるのが苦にならない方であれば、フィナンシャルプランナーの資格を取得するための勉強も興味を持って取り組める可能性が高くなります。一方でお金について考えるのが面倒で衝動買いをすることが多いような方は、フィナンシャルプランナーに向いていないかもしれません。

スポンサーリンク

『 柔軟な発想ができる 』

そこそこ兼ね備えている

保険や不動産、税金に関することなどフィナンシャルプランナーはさまざまな分野の相談を受けます。実際の相談内容やお金に関する状況は、相談者ごとに違いが見られ、似たようなケースはあっても全く同じ状況ということはありません。そのため相談を受けた場合には、それぞれの状況に合わせて柔軟な発想で対応できる力も必要です。柔軟な発想力で個々のケースに合わせて対応できるフィナンシャルプランナーなら、顧客に寄り添ってより良い提案ができる可能性が高くなります。

『 情報管理が得意 』

そこそこ兼ね備えている

フィナンシャルプランナーは、相談者の個人情報を扱うことになります。個人情報の管理がずさんだと、情報漏洩によるトラブルに発展するリスクもあります。そのためフィナンシャルプランナーには、情報管理をしっかりと行える能力も求められるという点を押さえておきましょう。

『 相談者に寄り添うことができる 』

だいぶ兼ね備えている

お金に関する相談内容は、デリケートな悩みという場合も多く見られます。デリケートな悩みだと相談に来ても話しにくいと感じてしまう方も多くいるため、限られた時間の中で相手の立場に寄り添って、しっかりと話を聞けるかどうかもフィナンシャルプランナーに大切な能力の1つです。短い時間で相談者と信頼関係を築いて話ができる方は、フィナンシャルプランナーに向いています。

『 人に好かれる接し方ができる 』

そこそこ兼ね備えている

マニュアル通りの対応ばかりしていると、顧客から信頼されなかったり、ライフプランを提案しても顧客の心に響かないなどの問題があります。そのためフィナンシャルプランナーは、人間味のある対応をして、顧客の心に響く信頼できる接し方をすることが大切です。親切で親身になって話を聞いてくれる人間味のある信頼できる存在と思ってもらえる方であれば、人気の高いフィナンシャルプランナーを目指せるかもしれません。

『 責任感が強い 』

あまり兼ね備えていない

フィナンシャルプランナーが提案したライフプランの内容は、顧客の人生に大きく影響する可能性もあります。相手の人生を変える可能性もあるため、提案するときにはその内容に責任を持つことが大切です。1つずつの相談に真摯に向き合い、発言やライフプランの内容に責任を持てる方なら良いフィナンシャルプランナーになれる素質があると判断できます。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのフィナンシャルプランナー適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0

おすすめコンテンツ

おすすめコンテンツ

  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る