理想の就活/転職のための
自己分析サイト

ファッションコーディネーターに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今ファッションコーディネーターの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいファッションコーディネーターに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたのファッションコーディネーター適性診断結果

あなたの適性度は51%で、ファッションコーディネーターの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。ファッションコーディネーターを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

ファッションコーディネーターに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.ファッションが好き
2.トレンドに敏感
3.コミュニケーション能力が高い
4.ファッションセンスがある
5.リサーチ力がある
6.文章力や表現能力がある
7.語学力がある
8.リーダーシップが取れる
9.ビジネス的視点がある
10.体力がある
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 ファッションが好き 』

だいぶ兼ね備えている

ファッションコーディネーターの仕事は毎日ファッションに関わる仕事をするため、ファッションやおしゃれに全く興味がないと辛い仕事になってしまいます。ファッションが好きであれば、最新のファッションやブランドの服を扱うため、楽しく仕事をすることができるでしょう。ファッションコーディネーターの仕事をしていると、顧客だけでなく、ブランドのPR担当者や雑誌編集者などファッション業界のさまざまな人脈ができます。

『 トレンドに敏感 』

そこそこ兼ね備えている

ファッションコーディネーターの仕事に、お客様に合うコーディネートを提案する仕事があります。お客さんの好みやなりたいイメージとともに、最先端のトレンドなども知っておかなければなりません。時代遅れのファッションを提案しないためにも、どんなアイテムが流行っているのか、どんなファッションを取り入れればおしゃれに見えるのかなど、トレンドに常にアンテナを張っておける人が向いています。

『 コミュニケーション能力が高い 』

そこそこ兼ね備えている

ファッションコーディネーターは、店頭で接客をして、お客さんの動きを見ながら適切な声がけをするなど高いコミュニケーション能力が求められます。お客さんの要望に応えるだけでなく、自ら提案をする機会も多いため場面に合ったコミュニケーションが必要です。マニュアルだけではうまくいかないことも多く、相手の気持ちを考えたコミュニケーションができる人が求められます。

『 ファッションセンスがある 』

だいぶ兼ね備えている

ファッションコーディネーターの仕事の重要な役割に、企画立案や事業の戦略などがあります。トレンドをリードするようなファッションセンスやディレクション力があると、ブランドの業績向上に役立つでしょう。ファッションセンスはすぐに身につくものではないため、センスの優れた人が重宝されます。

『 リサーチ力がある 』

そこそこ兼ね備えている

売れるファッションを作り出すためには、消費者の求めるニーズを把握し、流行を分析しなければなりません。リサーチは根気のいる作業のため、情報収集に苦手意識がない人が向いています。ファッションそのものだけでなく、気候や社会情勢などを多角的に判断し、売れるファッションを作り出していかなければなりません。好奇心旺盛で、新しいトレンドや流行が好きという人は、ファッションコーディネーターの仕事が最適です。

スポンサーリンク

『 文章力や表現能力がある 』

そこそこ兼ね備えている

ファッションコーディネーターの仕事は、店の雰囲気をファッションコーディネートで表現するほか、企画を文章で提案することがあります。ビジュアルでの表現はもちろんのこと、文章でも相手を納得させる能力が必要です。プレゼンテーションで企画を説明することもあるため、基本的なビジネススキルは身につけておきましょう。

『 語学力がある 』

十分に兼ね備えている

ファッションコーディネーターの仕事は直接英語を使う機会は多くありませんが、英会話や中国語などが話せると仕事の幅が広がるでしょう。トレンド調査や海外仕入れなどで、語学ができる人を同行させることが多いです。英語や中国語ができることで、さまざまな仕事に関われるほか、直接外国のお客さんに関わる時に役立ちます。学生時代に語学を学んでいた人や語学を学ぶ意欲がある人は、ファッションコーディネーターに向いているでしょう。

『 リーダーシップが取れる 』

そこそこ兼ね備えている

ファッションコーディネーターになる前には、お店で接客業務を経験する人がほとんどです。接客業務からファッションコーディネーター職にステップアップしますが、現場のスタッフに指示を出す役割を担います。洋服を販売する現場では、現場のことをよく熟知しているリーダー的存在が貴重です。リーダーシップが取れるファッションコーディネーターがいれば、お店がまとまり、営業成績がアップします。

『 ビジネス的視点がある 』

兼ね備えていない

ファッションコーディネーターは、ファッションの知識だけでなく、ビジネス的視点が求められています。売上を向上させるためには、ニーズに合った商品の開発や適正価格を常に考えなければなりません。マーケティング力や他社や仕入先と交渉する交渉力、営業力などビジネス的な感覚が身についていると仕事にやりがいを持って打ち込めます。将来的にファッション業界で経営に関わりたい人には向いている職業です。

『 体力がある 』

あまり兼ね備えていない

ファッションコーディネーターには華やかなイメージがありますが、マネキンのコーディネートを変更したり、大量の洋服を持つなど体力勝負があります。店頭に立つ時には、常に立って仕事をするため、最低限の体力が求められます。お店の閉店は店舗によっては20時以降になることもあり、閉店後に打ち合わせを行うことも多いことから勤務時間が長くなることも。普段から健康で、体力に自信がある人には、ファッションコーディネーターは向いている仕事です。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのファッションコーディネーター適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る