理想の就活/転職のための
自己分析サイト

本ページはマイナビ社などの広告が含まれています

設備施工管理に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今設備施工管理の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい設備施工管理に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

設備施工管理に向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたの設備施工管理適性診断結果

あなたの適性度は57%で、設備施工管理の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。設備施工管理を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

設備施工管理に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.コミュニケーション能力がある
2.計算に自信がある
3.時間厳守をいつも徹底している
4.設備に関する知識を学ぶ事が好き
5.若手の指導が得意
6.スキルアップして十分な給料が欲しい
7.長時間勤務も嫌がらず対応できる
8.人並み以上の体力がある
9.施工管理に関する資格を持っている
10.デスクワークに抵抗がない
スポンサーリンク
\この診断を受けたい方はコチラ/
設備施工管理適性診断を受ける(2分)

診断結果の解説

『 コミュニケーション能力がある 』

十分に兼ね備えている

設備施工管理の仕事は、現場で作業をする職人や取引先の業者など様々な人に対応するため、関係各所としっかりとコミュニケーションを取らなければなりません。特に、大規模の工場や建設現場などでは、関係者の数が多くなる傾向があり、コミュニケーションスキルが長けた管理者が必要とされています。なお、施工管理の仕事に役立つコミュニケーションスキルを鍛えるには、業務の合間に職場で先輩から助言を受けるだけでなく、職場の外でもいろいろな人と関わるのも有効です。

『 計算に自信がある 』

十分に兼ね備えている

設備施工管理に関する様々な業務の中でも原価管理は、無駄なコスト削減の観点からとても重要なものとして位置づけられています。そのため、計算が得意でコスト管理に関するセンスがある人や、過去に長く原価計算に携わったことがある人は、多くの現場で必須の人材となっています。また、企業によっては複雑な計算ができるだけでなく、パソコン用の原価管理のソフトを使いこなせることを条件としているところもあります。

『 時間厳守をいつも徹底している 』

そこそこ兼ね備えている

設備施工管理の仕事を通じて顧客からの信頼を得るには、あらかじめ決められた期間内に全ての施工が完了するよう、徹底したスケジュール管理を行うことが肝心です。特に、複数の設備の施工を同時並行で担当する場合は、こまめに時間を確認しながら現場の作業員への的確な指示が必要となります。そうした中、長く設備施工管理の仕事を続けるうえで、職場を離れても時間に対して常にシビアになることが大事です。

『 設備に関する知識を学ぶ事が好き 』

兼ね備えていない

設備施工管理の仕事を納得のいく形で行うためには、若い時から積極的に現場で様々な種類の設備の知識を身につけて、多くの工場などで使われている設備の特徴を正しく把握することが重要です。設備の知識が豊富な管理者については、大手のメーカーから町工場まで幅広い事業者の間でニーズが高まっています。

『 若手の指導が得意 』

十分に兼ね備えている

設備施工管理の現場では、将来の現場の中核を担う若手の人材の育成が急務となっています。特に、人手不足の現場においては、ベテランの管理者が複数人の若手に基本的な業務内容について指導を行ったり、仕事の取り組み方のアドバイスをしたりすることもあります。その他、悩み相談に乗れる人や、丁寧に一通りの指導ができる人は、各地の現場で若手から頼れる存在として位置づけられています。

スポンサーリンク

『 スキルアップして十分な給料が欲しい 』

だいぶ兼ね備えている

設備施工管理の仕事を覚えるには長い期間を要しますが、機械や電気を中心に高度なスキルを習得することで、定年までスキルに見合った収入を稼ぐことが可能です。そのため、景気に左右されずに長く同じ現場で働きたい人や、年齢に関係なく稼ぎたい人は、設備施工管理に定評がある企業への就職を検討することが大切です。また、勤め先の経営状態や人事のシステムによって給料に大きな差が出ることもあるため、妥協せずに職場を決めることも必要です。

『 長時間勤務も嫌がらず対応できる 』

そこそこ兼ね備えている

設備施工管理の仕事は、作業が思い通りに進まずに残業時間が長くなったり、設備の種類によっては曜日や時間帯に関係なく準備や点検が必要となったりすることもあります。また、一日あたりのトータルの労働時間が十時間を超えることも少なくなく、仕事そのものにやりがいを感じている人でなければ長く勤めることは難しいと言えます。

『 人並み以上の体力がある 』

そこそこ兼ね備えている

設備施工管理の担当者は、重労働を任される機会は少ないですが、現場の人手が足りない場合には率先して資材の運搬をしたり、道具を使って点検などの作業をしたりすることもあります。たとえば、機械化が十分に進んでいない現場では、手動での作業が多くなることもあり、人並み以上の体力がある人が重宝されます。なお、設備施工管理の役割や基本的な仕事内容は、配属される場所によって大きく異なるため、求職中に体力面で無理なく業務を続けられるか見極めをすることが大事です。

『 施工管理に関する資格を持っている 』

そこそこ兼ね備えている

設備施工管理の採用時に求める資格や免許は企業によって様々ですが、特に施工管理技士や電気工事士といった国家資格を持っている人や、資格取得後に長くキャリアを積んだ人は高く評価される傾向があります。保有する免許や資格の種類によっては、就職後すぐに責任のあるポストを任されたり、高額な手当を受け取れたりすることもあります。

『 デスクワークに抵抗がない 』

あまり兼ね備えていない

設備施工管理の仕事の中には、クライアントや勤務先、取引先との電話やメールを使った連絡調整や、施工管理の作業に関わる仕様書の作成、経費の計算といった事務作業も多々あります。また、日によっては、現場に一度も顔を出さず事務所内から作業員に指示を出すこともあり、デスクワークに抵抗を感じない人に適した仕事と言えます。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの設備施工管理適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

1位 マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

2位 doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

3位 リクルートエージェント

└業界最大手で転職支援実績No.1

\この診断を受けたい方はコチラ/
設備施工管理適性診断を受ける(2分)

この適正診断テストでわかること

  • 設備施工管理に向いているか向いていないか
  • 設備施工管理の職業適性度
  • 設備施工管理に必要な10の資質
  • 解説で設備施工管理に必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか

設備施工管理とは?

設備施工管理とは、建築業界で設備の工事を管理する仕事です。

工期内で工事を終わらせることができるようスケジュール管理をはじめ、行員の安全性を確認し、事故が起きないように作業内容を確認して危険性を排除する安全管理などを行います。

もちろんそれだけではなく設備工事の際に工事した設備の品質が適切なものとなるように、施工中や施工終了後に直接目視で見て回るのも仕事の一つです。

最終的に現場で建築検査・消防検査などを行い、危険な場所がないか確認します。

品質だけではなく、会社の利益が確保されるように原価などを管理するのも仕事の一つです。

使用する材料を原価だけではなく、安全性を含めてトータルで決め、最終的に顧客の満足につなげる非常に繊細な仕事となります。

設備施工管理になるには?

設備施工管理の仕事ができるようになるためには、建築業関係の仕事に就くだけではなく現場を経験したうえで様々な資格を取得しなければ仕事になりません。

例えば、1級管工事施工管理技士の資格は必須といえます。

設備工事では空調設備などの設置もしなければならないからです。

筆記と実技があり、受験資格などもあるため、確認してから受験しましょう。

また、1級建築士・消防設備士・電気工事士などの資格も必要となります。

電気工事をメインとする職場の場合、電気工事施工管理技士や電気通信工事施工管理技士なども必要となることがあり、建設業でも工事内容により多少資格が必要となる分野が異なることは事実です。

資格だけではなく、複数の部署の意見をまとめて工事をスムーズに進めるためのコミュニケーション能力も必要となります。

設備施工管理の給料・年収

資格の有無により、年収は大幅に異なります。

設備施工管理の年収は、複数の情報によると、資格なしの場合、平均的に400万円前後、資格ありの場合、550万円から650万円前後です。

ただし大手ディベロッパーやゼネコンに勤務している人の場合は、1千万円を超えることも多いといいます。

勤務する会社により休日出勤や残業が多いため、手当などがついてこれ以上の給料になっている人も少なくありません。

中小企業の場合は、年収600万円前後となる場合が少なくありません。

20代前半の場合は資格未取得者が多いためか、200万円から300万円前後の年収となっています。

設備施工管理の就職・転職先(求人)

設備施工管理の場合、建築業界でのニーズが圧倒的に多いです。

大手ゼネコンやディベロッパーなどでも多く雇用されています。

建築会社で資格を取得し、そのまま働いている例や、資格を取得して転職をしている人もいます。

それ以外ではエネルギー関係などのプラントに携わる人も多く、中には海外のプラント建設に携わる人までいました。

電気設備工事関係の仕事で働く人もおり、建築業界全般だけではなくエネルギー関係でも設備施工管理の仕事に携わる人が多いです。

それ以外では建設コンサルタント業界や不動産管理会社、建築・土木関連工事会社やハウスメーカーなどで働いています。

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0