理想の就活/転職のための
自己分析サイト

海外駐在員に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今海外駐在員の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい海外駐在員に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

海外駐在員に向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたの海外駐在員適性診断結果

あなたの適性度は54%で、海外駐在員の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。海外駐在員を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

海外駐在員に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.語学力がある
2.新しい環境への適応能力が高い
3.コミュニケーション能力が高い
4.専門と言える分野がある
5.外国の文化を尊重できる
6.健康に自身があり体調を崩さない
7.気分転換できる趣味を持っている
8.リーダーシップ力がある
9.度胸がある
10.好奇心旺盛で様々な事に興味を持つ
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 語学力がある 』

十分に兼ね備えている

まずは、海外駐在において、いの一番に必要となるのが語学力です。日系企業相手の海外駐在員であったとしても、日常生活においては、語学は必須です。もう少し踏み込むなら、海外駐在員は「英語力」より「英会話力」がある人が向いています。また、職場では、基本的には英語が堪能であれば、何とかなりますが、可能であれば、(英語以外の)現地の言葉が使えれば、現地スタッフとの意思疎通も順調ですし、親しくもなれます。親しくなれると、仕事にも良い影響がもたらされるでしょう。よって、語学が堪能、また、語学を学ぶのが好きという人が大変向いています。

『 新しい環境への適応能力が高い 』

あまり兼ね備えていない

海外駐在員となれば、海外で仕事をするのですから、観光で外国へ行くのとはわけが違います。現地で「日常生活」を送るのです。現地の生活習慣・天候・食べ物を快く受け入れ、楽しめるくらいの性格が求められます。慣れない環境で生活するのは、想像以上にストレスをかかえることになります。日本では普通だと思っていたことも、海外では全く通用しないことも少なくありません。そんなことにも乗り越えられるくらいの逞しさ・何事も前向きに受け止められる柔軟さを持っている人が海外駐在員に向いています。

『 コミュニケーション能力が高い 』

だいぶ兼ね備えている

日本人同士では、会話は無くても分かりあえることでも、海外ではそういうわけには行きません。海外駐在員は、現地スタッフに一つ一つ丁寧に説明し、理解してもらわなければなりません。周囲の人と可能な限り良好な人間関係が築けるように、適宜、コミュニケーションをはかり、人間関係を円滑にしておくことも、大切な役目です。

『 専門と言える分野がある 』

そこそこ兼ね備えている

海外駐在員として日本からわざわざ海外に派遣されるのですから、一般的には会社にとって、優秀な人材と考えられます。会社にとって優秀な人材とは、すなわち、専門的な知識を習熟しているということになります。もし、分からないことがあっても、直ぐに周囲に尋ねられる環境にある日本とは違い、海外では、年齢を重ねている海外駐在員は、その分野のスペシャリストとして赴任しているわけですから、自分一人で乗り切って行かなければなりません。一方、若い海外駐在員も、専門知識を習得するために努力できるガッツのある人が向いています。

『 外国の文化を尊重できる 』

そこそこ兼ね備えている

海外駐在員は、赴任先の文化を愛し、理解できると暮らしやすいです。せっかく、海外赴任するのですから、日本と違った文化に触れ、現地の文化を勉強するくらいのゆとりがあると良いでしょう

スポンサーリンク

『 健康に自身があり体調を崩さない 』

そこそこ兼ね備えている

海外駐在員は、健康であることがとても重要な項目です。海外では、現地の医療システム・保険システムがあり、日本人が受診するのは、なかなか複雑です。また、英語が堪能であっても、日本人なら伝わる微妙なニュアンスが相手に伝わらなかったり、一方、現地の先生から専門用語で説明してもらっても、さっぱり分からない・・・ということもあるはずです。できる限り、病院のお世話にならないように自己管理し、もし、病気や怪我をした場合は、どうすれば良いかの対応は、事前に考えておかねばなりません。

『 気分転換できる趣味を持っている 』

十分に兼ね備えている

海外駐在員は、日本で仕事をしている時には感じないストレスを抱えていることがほとんどです。仕事を離れ自分の時間を過ごす時に、気分転換できる趣味があれば、精神的にも健康になります。趣味を通して、現地のコミュニティーに参加出来ると、より、現地の人達を理解でき、仕事上でも生かせることでしょう。

『 リーダーシップ力がある 』

そこそこ兼ね備えている

海外駐在員として派遣される場合、現地の営業所でのポジションは、現地スタッフに比べて、それなりに高い可能性が多いです。現地スタッフを束ね、引っ張っていけるリーダーシップ力が必要です。一方、若くして研修目的で海外駐在員として派遣される場合でも、現地スタッフを統率していかなければならない場面も出てくるでしょう。何事にも先頭に立って、陣頭指揮を取れる人物が適材でしょう。

『 度胸がある 』

だいぶ兼ね備えている

海外駐在員は、「度胸」の有る人が向いています。海外で生活するにおいて、「度胸」は必要です。自分から話しかける「度胸」、知らないことは知らないと言えるのも「度胸」だと言えます。危険な地域に足を踏み入れる「度胸」は必要ありませんが、何事にも物怖じしない「度胸」のある人は海外駐在員に向いています。

『 好奇心旺盛で様々な事に興味を持つ 』

あまり兼ね備えていない

良い意味でも悪い意味でも、海外赴任では今まで体験したことのないことが嵐のようにやってきます。海外駐在員は、そんな場面でも、自分の置かれている初めての新たな状況を好奇心旺盛に対応していける前向きな性格の人が向いています。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの海外駐在員適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

この適正診断テストでわかること

  • 海外駐在員に向いているか向いていないか
  • 海外駐在員の職業適性度
  • 海外駐在員に必要な10の資質
  • 解説で海外駐在員に必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか
アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る