理想の就活/転職のための
自己分析サイト

エッセイストに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今エッセイストの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいエッセイストに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたのエッセイスト適性診断結果

あなたの適性度は47%で、エッセイストの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。エッセイストを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

エッセイストに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.文章を書くのが好き
2.鋭い観察力がある
3.語彙力が豊富
4.詳しい専門分野を持っている
5.発信することが好き
6.すぐ人に共感してしまう
7.考えることが好き
8.非効率なことに魅力を感じる
9.自己開示が恥ずかしくない
10.マイペースを貫ける
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 文章を書くのが好き 』

兼ね備えていない

エッセイストは文章を綴ることで読者に自分の考えや体験を伝えていくのが仕事です。逆に言えば文章でしか読者に伝える手段がありません。そのため、四六時中、文章と格闘するのがエッセイストの日常で、どう組み立てれば話の面白さが読者に伝わるのか、どんな言葉を選べば読者の共感を呼ぶことができるのか、常に頭をひねって考えています。文章を書くのが好きであるということは、エッセイストを続けていくうえで必須の素質となります。

『 鋭い観察力がある 』

そこそこ兼ね備えている

エッセイには決まった形がなく、自分が感じたことや体験したことなどを自由に書くことができます。しかし一般の人の感じ方と同じ感じ方で対象をとらえ文章にしたとしても、そこには何のオリジナリティもなく、常識的なものの見方を上書きしているにすぎなくなってしまいます。これではエッセイとしての面白みも深みもなく、価値のある作品にはなりません。エッセイストは普通の人が持っていない独自の観察力を発揮してものを見る能力が必要です。独自の視点を持ってこそ読者はそのエッセイに引き付けられるのです。

『 語彙力が豊富 』

あまり兼ね備えていない

エッセイで、読者の心をつかむ魅力的な文章を書くためには、豊富な語彙力を持っていることが必要です。たとえば「太陽」という言葉には、これ以外にも「陽」「天日」「日光」「日輪」「お天道様」「お日様」など、さまざまな言い方があります。書こうとする文章の内容によっては、太陽ではなく、日輪や天日という表現のほうがふさわしかったり、お日様、お天道様という言葉にしたほうが世界観が適切に伝わったりするものです。これらの使い分けを行ううえで、語彙力が豊富であることはエッセイストとしての大切な資質であるといえます。

『 詳しい専門分野を持っている 』

そこそこ兼ね備えている

エッセイストの中には、直接文章を書く仕事に携わっている人だけでなく、染色家や庭師、陶芸家、料理人など、文章以外に専門的な職業を持っている人が多くいます。これらの人に共通するのは、文章力があることはもちろんですが、その道の専門性が読者をひきつけていることで、それが読み物としての深い感動を与えるからに他なりません。エッセイストとして魅力的な文章を綴るには、読者に新鮮な興味を与える深い専門性を身につけておくことが必要です。

『 発信することが好き 』

あまり兼ね備えていない

エッセイストは文章を書くことが好きであるということが必須条件ですが、文章を書いただけで満足してしまっては読者の目に触れることはありません。エッセイストを名乗るからには、自分の書いた文章が読む人の目に触れなくては本物とはいえないわけです。対象を見て湧き出た感動や体験をどうしても読者に伝えたい、発信したいという並々ならぬ思いがあってこそエッセイストの資質があるといえるでしょう。

スポンサーリンク

『 すぐ人に共感してしまう 』

だいぶ兼ね備えている

エッセイストの書く文章には、きらりと光るオリジナリティが必要ですが、いくら独創性が求められるからといって、独りよがりの独自視点で書きつのっても読者は置き去りにされるばかりで、広く共感を得ることはできません。多くの読者に面白さや感動を与えるためには、何よりその文章が大勢の人の共感を得る要素を持っていることが大切で、共感を得るとはどういうことかを知るためには、自分自身が他者に共感する力を持っていることが前提になります。

『 考えることが好き 』

そこそこ兼ね備えている

エッセイは何気ない出来事の中に、人生の深い真実を見出して文章に綴っていく文芸形態です。面白く伝えることもできますし、しみじみと心を打つ表現で伝えることもできます。いずれにしても読者が求めるのは「読んでよかった、面白かった」という感動です。この感動を生み出すために、エッセイストはどんな言葉を選べば読者の琴線に触れることができるのか、エピソードをどの順番で並べればわかりやすく読者に伝わるのかなど、様々な観点で常に文章に味わいを出そうと考えています。考えることが好きであれば、楽しみながら仕事ができるでしょう。

『 非効率なことに魅力を感じる 』

だいぶ兼ね備えている

エッセイストは、普段なら読者が気づかない小さな出来事の中に、驚きや面白さを発見して文章にしていきます。一目で見つかるものの中には感動の種は見出せません。長い時間をかけて対象を見つめ、想像力を巡らせて本質を探り出す、その一連の作業の中では、費やした時間が無駄になることも当然生まれてきます。効率を重視するのであれば、苦痛以外の何物でもありませんが、非効率な時間の中から題材を拾い出す作業に魅力が感じられるのであれば、エッセイストとして適性があるといえるでしょう。

『 自己開示が恥ずかしくない 』

そこそこ兼ね備えている

エッセイストは自らの体験や感動を赤裸々に表現して初めて、読者の心に残る文章を作りだすことができます。フィクションとは違い、作品の中にそのまま作者が息づいている文芸形態です。そのため、あけすけに自分を開放して、読者の目に触れさせることも必要となってきます。その重圧に耐えられる力がエッセイストには求められます。

『 マイペースを貫ける 』

十分に兼ね備えている

エッセイストは対象を見つめ、体験を通して感動の種を見つけ、それを文章にして推敲を重ねるという作業を繰り返します。すべての作品が日の目を見るわけではなく、当然ながら誰にも読まれないまま没作品にせざるを得ない場合もあります。それでも同じように作業を繰り返していくわけですから、個々の成果に一喜一憂することなくマイペースで仕事に取り組んでいけるだけの忍耐力は、エッセイストを志すうえで欠かせない脂質です。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのエッセイスト適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る