理想の就活/転職のための
自己分析サイト

本ページはマイナビ社などの広告が含まれています

小学校教師に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今小学校教師の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい小学校教師に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

小学校教師に向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたの小学校教師適性診断結果

あなたの適性度は46%で、小学校教師の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。小学校教師を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

小学校教師に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.子どもが好き
2.人に教えるのが得意
3.子どもに寄り添える
4.モラルやマナーを身に着けている
5.コミュニケーション能力が高い
6.知識を身につける努力ができる
7.観察力がある
8.メンタルが強い
9.マルチタスクをこなせる
10.冷静に公平な判断できる
スポンサーリンク
\この診断を受けたい方はコチラ/
小学校教師適性診断を受ける(2分)

診断結果の解説

『 子どもが好き 』

十分に兼ね備えている

小学校教師は、日々多くの子どもたちと接します。同じ小学生といっても、一年生と六年生とでは全く異なります。特に低学年の子どもたちは、まだ手がかかることも多く、失敗することも少なくありません。教師という立場から、時には見守ったり、指導したりすることもあるでしょう。トラブルが起こり、対応するケースもあります。愛情をもって子どもたちに接するためには、やはり根底に「子どもが好き」という思いを持っておくことが大切です。

『 人に教えるのが得意 』

そこそこ兼ね備えている

子どもたちに教えるのは、学問の知識だけではありません。掃除の仕方や洋服のたたみ方など、生活面に関わる内容のものなど、その範囲は多岐にわたります。人に教えるのが得意な人は、教師という仕事に向いているでしょう。小学生の子どもたちは、まだ語彙力がそこまで多くありません。低学年の子どもであればなおさらです。そのような中、教師は子どもたちが理解しやすいよう工夫しながら、分かりやすい言葉を使って教える必要があります。

『 子どもに寄り添える 』

そこそこ兼ね備えている

自分の考えや価値観を押し付けるのではなく、子どもに寄り添える人は、教師の仕事に向いています。子どもによって性格や特徴は異なります。大人しい子や活発な子、優等生タイプの子ややんちゃな子など、同じクラスの中には様々なタイプの子どもがいます。その中では様々な衝突や問題が起こり、教師という立場上、解決に導いていかなくてはなりません。また、子どもたちが安心して学校生活を送れるようになるためにも、教師が信頼できる存在である必要があります。教師には、子どもに寄り添う姿勢が求められるでしょう。

『 モラルやマナーを身に着けている 』

そこそこ兼ね備えている

小学校教師には、子どもたちの手本となる行動が求められます。人生の先輩として、子どもたちには勉強以外にも様々なことを教える立場でもあるからです。いじめやプライバシーに関する問題などもあるでしょう。また、教師は子どもたちにとって、とても身近な存在でもあります。モラルに反した行動をとっていると、そもそも子どもたちからの信頼を得ることはできません。一人の人間として恥ずかしくないモラルを持っている人物である必要があります。

『 コミュニケーション能力が高い 』

そこそこ兼ね備えている

教師が接するのは子どもたちだけではありません。同僚の教師や保護者とも接する機会が多いです。保護者への対応は、通常の個人面談や三者面談の時だけではありません。なんらかのトラブルが発生した時には、すみやかに連絡をする必要があります。反対に、保護者から相談を受けるケースもあるでしょう。多くの人と接する仕事でもあります。そのため、コミュニケーション能力の高さも求められるでしょう。

スポンサーリンク

『 知識を身につける努力ができる 』

そこそこ兼ね備えている

小学校教師には、子どもに正しい知識を教えるという仕事があります。間違った知識を教えることは許されません。曖昧な感じで教えてしまうと、子どもがしっかり理解できないこともあるでしょう。教師として仕事をするのであれば、学問に対して正しい知識を持っておくことが大切です。また、知識が豊富にあることで、子どもたちからの質問にも的確に答えられるようになるでしょう。

『 観察力がある 』

そこそこ兼ね備えている

何らかのトラブルや悩みを抱えていても、まわりにいる大人に相談できない子どもは少なくありません。家庭の悩みや友達とのトラブル、いじめなど、その種類は様々です。普段の生活の中から、普段とは様子が違うといった些細なSOSを察知して、さりげなく子どもをフォローすることも教師の仕事です。そのためには、高い観察力が必要になってくるでしょう。

『 メンタルが強い 』

兼ね備えていない

学級崩壊やいじめなどがクラスで起こる場合もあります。問題を解決に導いていくことは、教師の仕事でもありますが、やはり大変さを感じる人も多いです。また、保護者の中にはモンスターペアレントと呼ばれるような、対応が難しいタイプの人もいます。理不尽なクレームを言われるケースもあるでしょう。小学校教師として仕事を続けていくのであれば、心がすぐに折れてしまわないようなメンタルの強さが求められます。

『 マルチタスクをこなせる 』

十分に兼ね備えている

子どもたちの対応をしながら仕事を進めたり、仕事の最中、急に保護者対応に追われたりと、小学校教師の仕事は常にマルチタスクです。子どもたちの問題が次々に起こったりして、すべてに速やかな対応が求められることもあるでしょう。そのような時にパニックを起こしてしまうようでは、仕事をスムーズに進めることができません。マルチタスクに対応できるスキルが欠かせないでしょう。

『 冷静に公平な判断できる 』

兼ね備えていない

教師とはいえ一人の人間なので、特定の子どもに対して苦手意識を持つこともあるでしょう。しかし、立場上、どの子どもに対しても公平に接する必要があります。えこひいきに対して、子どもたちはとても敏感に感じ取ります。子どもたちに影響が出てしまうこともあるでしょう。また、クラスで問題が起こった場合には、双方の話を聞いて、冷静で公平な判断をすることも大切です。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの小学校教師適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

1位 マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

2位 doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

3位 リクルートエージェント

└業界最大手で転職支援実績No.1

\この診断を受けたい方はコチラ/
小学校教師適性診断を受ける(2分)

この適正診断テストでわかること

  • 小学校教師に向いているか向いていないか
  • 小学校教師の職業適性度
  • 小学校教師に必要な10の資質
  • 解説で小学校教師に必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか

小学校教師とは?

小学校教師とは国公立や私立の小学校で小学生を教育する仕事をしている人です。

小学校教師は国語・算数・理科・社会などのさまざまな教科を担当して授業をします。

一般的にはクラス担任になって、同じクラスの児童に一通りの教科の授業をします。

また、ホームルームをしたり、遠足やクラブ活動などの課外授業の企画や運営なども小学校教師の仕事です。

給食や掃除、登下校といった生活にかかわる部分まで幅広い範囲で指導をしています。

小学校教師は保護者との面談をしたり、連絡帳を使ったりして両親との連携を取って仕事をしているのが一般的です。

小学校教師になるには?

小学校教師になるには小学校教諭の免許状を取得して、教員採用試験に合格するのが基本です。

小学校教諭の免許状を取得するには大学や短大、大学院などで教職課程のカリキュラムを修得し、教育実習を受けることが必要になります。

その後、国公立の小学校の場合には教員採用試験、私立の小学校の場合には独自に実施している採用試験に合格すると小学校教師になれます。

小学校教師免許は科目ごとの資格ではないため、あらゆる教科教育について知識が求められるのが特徴です。

小学校教師になりたい人は苦手科目をなくして広く勉強することが大切です。

小学校教師の給料・年収

小学校教師の平均年収は文部科学省による学校教員統計調査や地方公務員給与実態調査などの公的機関の情報を総合的に見ると、およそ600万円~700万円です。

小学校教師は公立小学校で公務員として働いていると地方公務員として給与が決まります。

年次昇給があるので毎年年収が上がっていきます。

私立小学校では独自の給与体系になっていますが、年次昇給がある場合がほとんどなので、長く勤めていれば年収が上がるでしょう。

小学校教師は課外活動を担当すると手当が出るなど、積極的に教育活動に取り組むと収入が上がる仕組みが整っています。

小学校教師の就職・転職先(求人)

小学校教師の就職先・転職先は小学校だけです。

公立小学校で働いていた小学校教師が私立小学校へ、逆に私立小学校教師が公立小学校へという形の転職もよくおこなわれています。

公立小学校の場合には数年間働いたら別の小学校に異動することになります。

私立小学校の場合には異動がなくて同じ職場で働けるのが一般的です。

どちらを好むかは人それぞれなので、小学校教師になるときには自分に合う方を選ぶのが良いでしょう。

少子化が進んでいるとはいえ、小学校教師は全国的に必要とされています。

今後も安心して働ける安定職として人気がある職種です。

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0