理想の就活/転職のための
自己分析サイト

本ページはマイナビ社などの広告が含まれています

訪問販売員に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今訪問販売員の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい訪問販売員に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

訪問販売員に向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたの訪問販売員適性診断結果

あなたの適性度は56%で、訪問販売員の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。訪問販売員を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

訪問販売員に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.営業トークが得意
2.人当たりが良い
3.相手の立場で物事を考えられる
4.フットワークが軽い
5.体力がある
6.地域事情に詳しくなる意欲がある
7.トレンドに興味がある
8.大胆不敵で物怖じしない
9.人の長所を見つけるのが得意
10.失敗を気にしない
スポンサーリンク
\この診断を受けたい方はコチラ/
訪問販売員適性診断を受ける(2分)

診断結果の解説

『 営業トークが得意 』

そこそこ兼ね備えている

営業スキルがある人は訪問販売員に向いています。訪問販売員は個人宅や企業のオフィスなどに訪問して商品を売り込んで販売するのが仕事です。平たく言えば営業活動なので、営業スキルが全般的に必要になります。営業職として働いたことがある人や、営業職としての基礎教育を受けた人、ビジネスマナーを身に付けている人は訪問販売員として活躍できるでしょう。基本的に新規の相手に営業をすることになるため、過去の実績の有無は関係なく、純粋に営業のノウハウがあることが訪問販売員にとって大切です。

『 人当たりが良い 』

そこそこ兼ね備えている

訪問販売員は人当たりが良い人に向いています。訪問販売員にとって最も大きなハードルになるのが、訪問先の相手と商談を始めることです。企業でも個人でも、訪問販売を毛嫌いする人もたくさんいます。しかし、人当たりが良いと少し話をしてみたいという気持ちを持ってくれる可能性が高まります。物腰が柔らかで人として興味を惹きつける力があると訪問販売員として成果を出しやすいでしょう。

『 相手の立場で物事を考えられる 』

そこそこ兼ね備えている

訪問販売員は相手の立場で物事を考える力がある人に適しています。訪問販売員は商品の販売やサービスの契約を促すのが仕事ですが、相手にとってメリットにならないものを売ろうとしても成約することはありません。相手の立場で何が必要かを考えて、商品やサービスを提案することで売れるようになります。自分本位ではなく、相手を優先する気持ちを持っている人は訪問販売員として活躍できる素養があります。

『 フットワークが軽い 』

あまり兼ね備えていない

フットワークが軽い人は訪問販売員に適性があります。訪問販売員は一日に数軒から数十軒くらいの個人宅や企業のオフィスを訪問して販売活動をするのが仕事だからです。勤め先によってどのくらいの訪問数をこなさなければならないかは異なりますが、丸一日移動し続けることになるのでフットワークが軽くないと大変です。

『 体力がある 』

そこそこ兼ね備えている

体力がある人は訪問販売員として活躍できるポテンシャルがあります。あちこちの訪問先に行かなければならないだけでなく、場合によってはサンプルを抱えて移動しなければなりません。カタログやパンフレット、説明資料なども持ち運ぶ必要があるため、体力があった方が有利です。近年では資料の電子化も進められていますが、サンプルや紙媒体があった方がインパクトがあります。体力がある人の方が訪問販売員として実績を伸ばしやすいでしょう。

スポンサーリンク

『 地域事情に詳しくなる意欲がある 』

そこそこ兼ね備えている

地元や販売エリアの地域事情に詳しい人は訪問販売員として独自性を発揮して活躍できます。地域のニーズを考えて販売する商品をピックアップしたり、効率的な訪問ルートを設計したりすることができるからです。個人をターゲットにする場合には、どのエリアにどんな人が住んでいるかを知っていると商品やサービスに合わせて無駄のない訪問ルートを考えられます。成果にも直結するので地域事情に詳しいのは訪問販売員にとって重要なポイントです。

『 トレンドに興味がある 』

十分に兼ね備えている

世の中のトレンドに興味がある人は訪問販売員に適しています。訪問先で商品やサービスを売り込むときにはトレンドを考慮することが重要だからです。例えば、ニュースの話題を取り上げて切り口にすると会話が弾むでしょう。トレンドと商品の関連性が深い場合には、トレンドの時事ネタを盛り込んだ資料を作って説明すると興味を持ってもらいやすくなります。このような工夫をしやすいので、トレンドに興味がある人は訪問販売員として活躍しやすいと言えます。

『 大胆不敵で物怖じしない 』

だいぶ兼ね備えている

大胆不敵な人は訪問販売員に適性があります。訪問販売員は初対面の相手でも商品やサービスを提案することが必要だからです。物怖じせずに良いものは良いというストレートなアピールをできる人は訪問販売員にうってつけです。

『 人の長所を見つけるのが得意 』

だいぶ兼ね備えている

人や物の良いところを見つけるのが得意な人は訪問販売員としてきっと成功できるでしょう。訪問販売をするときには相手に商品やサービスの魅力を理解してもらうことが必要だからです。また、相手の良いところを見つける力があるとコミュニケーションを取りやすくなります。取り柄を褒められたら喜ぶのが普通なので、訪問先の相手とのコミュニケーションを促進する上でも重要な能力です。

『 失敗を気にしない 』

十分に兼ね備えている

失敗を気にせずに頑張れる人は訪問販売員に向いています。訪問販売員として働いていて大変なのは成約する割合が低いことです。断られてしまうのが当然だという気持ちで仕事に取り組める人でないと精神的に滅入ってしまいます。失敗したとしても次で成功すれば良いという前向きな気持ちで働ける人は訪問販売員に適しています。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの訪問販売員適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

1位 マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

2位 doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

3位 リクルートエージェント

└業界最大手で転職支援実績No.1

\この診断を受けたい方はコチラ/
訪問販売員適性診断を受ける(2分)

この適正診断テストでわかること

  • 訪問販売員に向いているか向いていないか
  • 訪問販売員の職業適性度
  • 訪問販売員に必要な10の資質
  • 解説で訪問販売員に必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか

訪問販売員とは?

訪問販売員とは勤め先の取り扱っている商品やサービスを、ユーザーの自宅に直接訪問して販売活動をする職種です。

製品メーカーや販売店、各種サービスの提供会社では売上を伸ばすために販売活動を積極的に展開することが必要です。

訪問販売員は主に個人のユーザーの自宅に行って商品やサービスを紹介し、購入してもらったり、契約を取り付けたりするのが仕事になっています。

広い意味では企業のユーザーのオフィスや工場などを訪問して販売活動をする人も指します。

訪問販売員は訪問先を探したり、説明資料を用意したりして成果を出すことで高い評価を受けることが可能です。

訪問販売員になるには?

訪問販売員になるには決まったルートがあるわけではありません。

資格が必要とされる職種ではなく、技術的に若いうちから身に付けなければならないものもないからです。

訪問販売員になっている人は、大学や短大、高校などを卒業して商社やメーカーなどで総合職として就職した後、訪問販売員として任命されているのが一般的です。

また、訪問販売員はパートタイムやアルバイトも募集されています。

専業主婦や学生の人がパートタイムやアルバイトで働いた後、正社員登用を受けている場合もあります。

訪問販売員にはコミュニケーションスキルが求められるので、コミュニケーション理論を学んでおくと役に立つでしょう。

訪問販売員の給料・年収

訪問販売員の年収は人材業界の各社が運営しているメディアなどの情報を集計すると、平均的には350万円~450万円です。

各社が出している求人情報でも400万円前後から募集されていることが多く、入社時点での一般的な年収だと判断できます。

訪問販売員は一般的に歩合制やインセンティブ制度が取り入れられているため、商品の売上を出したり、契約を取ったりすると年収が上がります。

大きな成果を出したときには年収が1000万円を超えるチャンスがある現場が多いので、訪問販売員として能力を磨いて実績を作れば年収を飛躍的に上げられるでしょう。

訪問販売員の就職・転職先(求人)

訪問販売員の就職先・転職先は個人または法人のユーザーをターゲットにしている商品・サービスを販売している企業全般です。

単価の高い商品やサービスを取り扱っているか、長期契約によって利益を上げられるサービスがある企業がほとんどです。

例えば、保険会社、リフォーム会社、化粧品販売といった就職先・転職先の候補があります。

不動産会社や証券会社などの金融関連会社の訪問販売もよくおこなわれていました。

訪問販売員によるサービスはユーザーを購買行動に導く力があるので、企業にとって重要な人材として今後も採用が進められていくでしょう。

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0