理想の就活/転職のための
自己分析サイト

潜水士に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今潜水士の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい潜水士に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

潜水士に向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたの潜水士適性診断結果

あなたの適性度は43%で、潜水士の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。潜水士を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

潜水士に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.海が大好き
2.チームワークを大切にできる
3.長期間コツコツ続けられる
4.体力がある
5.精神的に強い
6.水泳が得意
7.独自のキャリアを作る覚悟がある
8.スキルアップに日々取り組める
9.暑さや寒さに強い
10.やりがいのある仕事がしたい
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 海が大好き 』

そこそこ兼ね備えている

潜水士は海や湖に潜り、作業を行うのが仕事です。映画やドラマの影響で人命救助のイメージが強いですが、建築や海洋インフラ、海洋調査などいろいろな分野にニーズのある仕事です。潜水士は当然海で仕事をすることが多いので、海が好きな人はやりがいを感じることができるでしょう。特に海での生物調査や現状調査の仕事に就くと、魚をはじめとした海の生物を間近に見ることができるので、そうした海の生き物が好きな人も楽しんで働くことができるでしょう。

『 チームワークを大切にできる 』

だいぶ兼ね備えている

水中での作業には、タンク容量というリミットがあります。業務を素早く正確に、確実に進めるために、複数の潜水士が協力して作業を行うのが普通です。仕事を確実に、かつ安全に進めるためには、他の潜水士とのチームワークが何より大切になります。一人でコツコツ仕事をするよりも、仲間と協力して仕事をしたいという人に向いている仕事と言えるでしょう。一般的な仕事とは違い、水中は命の危険があるだけに密なチームワークが必要になるのです。

『 長期間コツコツ続けられる 』

あまり兼ね備えていない

一人前の潜水士になるには、長い時間がかかります。実は潜水士免許だけなら簡単に取ることができるのですが、それで仕事として安全に水中に潜り作業を行うことはできません。実地を積み重ねながら、日々訓練と経験を積んでいくことが求められます。一気にできるようには当然ならないので、コツコツとした努力を続けていける人でなければ、潜水士にはなれないでしょう。

『 体力がある 』

あまり兼ね備えていない

潜水士の仕事はとにかく体力勝負です。そもそも水中に潜るという行為自体、非常に体力を使いますし、そこに溶接や調査、カメラ撮影などの作業が加わるので身体的疲労は跳ね上がります。またデスクワークよりも外での活動が長くなる仕事なので、体を動かすのが好き、外に出るのが好き、体力には自信があるという人に向いている仕事です。もちろん仕事を続ける中で徐々に体力を付けていくことも不可能ではありませんが、それでも基礎体力は必要です。

『 精神的に強い 』

そこそこ兼ね備えている

水中での作業は、地上のように上手くいくものばかりではありません。水流や波の影響を受けやすいので、体力はもちろんですが気力も非常に重要になります。また、いくら酸素ボンベを背負って息ができるとしても、深い水中に潜ることは精神的負担になります。訓練して不安や恐怖心を減らすことはできますが、ゼロにすることはできません。ゼロにならないことで緊張感を持って作業をすることになるため、精神的負荷に強いことも重要な適性となります。

スポンサーリンク

『 水泳が得意 』

そこそこ兼ね備えている

「ダイビングは泳げなくても大丈夫」とよく言われますが、それはあくまでレジャーの話。潜水士として仕事をするならやはり泳げるに超したことはありません。特に海上自衛隊や海上保安庁で働きたいのであれば、高い水泳能力が求められます。全く泳げない状態で入隊するのも不可能ではありませんが、その後の過酷さを覚悟しなければなりません。ほぼ毎日水泳の訓練がありますし、5キロ以上を泳ぐ遠泳訓練が課されることもあります。人命救助の仕事に就くためには、それだけ過酷な訓練を超えなければならないのです。訓練に挫折しないためにも、入隊前にある程度の距離を泳げるようになっておいた方がいいでしょう。

『 独自のキャリアを作る覚悟がある 』

そこそこ兼ね備えている

海上自衛隊ではなく民間企業に就職するなら楽かと言われればそうではありません。潜水工事を行うためには「湾岸潜水士」の資格が必要で、企業に就職してから取得を目指すなら3年の経験年数が必要になります。更に2級を取るなら3級合格後3年、1級は2級合格後3年の実務経験が必要になるため、非常に長い時間をかけて一人前を目指さなければなりません。キャリアプランを立て、継続して努力ができる人は、潜水士に向いていると言えるでしょう。

『 スキルアップに日々取り組める 』

兼ね備えていない

実践的な技術は日々の仕事や訓練の中で身につけていく必要があります。例えば水中で浮きも沈みもしない状態、いわゆる「中性浮力」を取るためにはウエイトの量や呼吸、スーツに入れる空気の量などを調節できるようにならなければなりません。海の中での技術向上に積極的に取り組める人は、潜水士の適性があります。

『 暑さや寒さに強い 』

そこそこ兼ね備えている

潜水士の仕事は自然が相手です。海の安全に気を配るのはもちろんですが、意外に敵になるのが気温や温度。夏は猛暑の中ウエットスーツを着なければならず、冬は防寒用インナーはあるものの冷たい水の中に入らなければなりません。過酷な環境の中でも働けることが求められます。

『 やりがいのある仕事がしたい 』

そこそこ兼ね備えている

潜水士の仕事は大変ですが、非常にやりがいのある仕事です。地上とは異なる環境で、特殊な技術が求められる仕事なので、「自分にしかできない仕事をしている」という自負も生まれますし、危険な環境での仕事だからこそ、終えたときの充実感も大きくなります。やりがいを求める人に向いている仕事と言えるでしょう。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの潜水士適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

この適正診断テストでわかること

  • 潜水士に向いているか向いていないか
  • 潜水士の職業適性度
  • 潜水士に必要な10の資質
  • 解説で潜水士に必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか

潜水士とは?

潜水士は、川や海などで水の中に潜り、作業を行う仕事です。

潜水スーツを着用し、エアボンベを背負って、長時間の作業をすることがほとんどです。

そして、具体的な作業内容は、所属する組織や企業によって大きく異なります。

水の中で遭難した人の捜索、海底に沈んだ船の解体、水中での土木工事などの作業が代表的です。

その中の特定の作業のみを専門的に行う場合もあれば、依頼に応じて様々な作業を担当することもあります。

いずれの場合も、溺れるリスクがある状況下で作業をしなければならないため、常に冷静でいることが求められる仕事です。

潜水士になるには?

潜水士として働くためには、国家試験に合格して、潜水士の国家資格を取得しなければなりません。

潜水士の国家試験は、受験資格はなく、誰でも受けることができます。

そして、学科試験に合格すれば、潜水士として働けるようになります。

国家試験ですが、合格率は7割から8割程度と高いです。

そのため、潜水士として働きたいのであれば、あらかじめ試験に合格して、資格を取得しておくのも良いでしょう。

また、公務員になったり、潜水士を雇用している民間企業に就職したりして、サポートを受けながら国家資格の取得を目指すという選択肢もあります。

潜水士の給料・年収

複数の調査によると、潜水士の平均的な年収は、400万円から600万円程度です。

具体的な額は所属する組織や会社によって異なりますが、いずれも危険と隣り合わせの状況下で作業を行います。

よって、その分高額な収入を得やすいです。

潜水士は公務員として働く方法と、民間企業で働く方法の2通りがありますが、いずれも勤続年数が長くなるに連れて、収入が増えていくことが多いです。

潜水士としてのキャリアを積めば、それだけ高い技術力が必要となる、危険度の高い現場で働くことになるからです。

そのような現場での潜水作業をこなせる人材になれば、年収が1000万円を超える可能性もあります。

潜水士の就職・転職先(求人)

潜水士は、公務員として働く方法と、民間企業で働く方法のいずれかを選択することができます。

公務員の場合、就職先の候補となるのは海上保安庁や消防庁の水難救助隊、海上自衛隊などです。

いずれも、水に潜らなければできない作業を担当し、人命救助を行うことも珍しくありません。

緊急で潜水作業が必要になることも多いので、複数人の潜水士が交代しながら、24時間体制で働きます。

民間企業の場合は、水中での検査や工事を行う会社に所属することになるでしょう。

そして、あらかじめ決められたスケジュールに従って、作業を進めていきます。

また、ダイビングショップで、インストラクターとして働く潜水士もいます。

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る