理想の就活/転職のための
自己分析サイト

本ページはマイナビ社などの広告が含まれています

外交官に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今外交官の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい外交官に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

外交官に向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたの外交官適性診断結果

あなたの適性度は44%で、外交官の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。外交官を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

外交官に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.使命感を持っている
2.柔軟な思考力を持っている
3.粘り強く諦めない
4.コミュニケーション能力が高い
5.新しい環境への適応力がある
6.語学力が高い
7.交渉力が高い
8.自主的に学ぼうとする
9.度胸がある
10.冷静に判断できる
スポンサーリンク
\この診断を受けたい方はコチラ/
外交官適性診断を受ける(2分)

診断結果の解説

『 使命感を持っている 』

あまり兼ね備えていない

外交官は、世界各地で日本の「顔」として働きます。外交政策の根幹に携わるため、「日本の平和と国民の安全を守る」という揺るぎない使命感が求められるでしょう。外交官として日本のために何をするべきか、何ができるのかを率先して考え、行動することが重要です。

『 柔軟な思考力を持っている 』

兼ね備えていない

交渉は、自身の意見を一方的に主張するだけでは成り立ちません。相手の主張に対しても耳を傾け、相手側の立場から考えることも大切。双方の利益のためにも、あらゆる視点から物事を考えられるような柔軟な思考力が必要になります。さらに、外交交渉で外交官の相手となるのは、育ってきた環境が異なる人です。言葉や文化はもちろん、物事に対する考え方も異なるため、日本での「あたりまえ」が通用しない可能性もあります。相手側の国での考え方について理解しておくことも欠かせません。

『 粘り強く諦めない 』

だいぶ兼ね備えている

外交官として働く上で、相手国との交渉が難航する場合もあります。また、赴任した国で紛争が発生してしまう可能性も否めません。よって、外交官にとって粘り強さは重要な素質です。諦めることなく、昼夜問わず地道に調査と交渉を続けていくことが求められます。難しいことでもあきらめずに努力し続けられる方や、長時間に及ぶ地道な作業が苦にならない方は、外交官に必要な粘り強さを持っていると言えるでしょう。

『 コミュニケーション能力が高い 』

そこそこ兼ね備えている

外交の基本となるのは、世界各国の人々との関わりです。外交官として各国の大使館に駐在すると、必然的に現地の人々との交流の機会が多くなります。交渉や会議、文化交流イベントはもちろん、家族同伴のホームパーティーに招かれることもあるでしょう。様々な人とのつながりによって、困難な課題も解決へと導かれるかもしれません。どんな相手にも臆さず、しっかりとコミュニケーションを取っていけることが大切です。一人一人の顔と名前をすぐに覚え、打ち解けられるかどうかもポイントになります。

『 新しい環境への適応力がある 』

あまり兼ね備えていない

外交官の勤務地となるのは、世界各地の在外公館です。どんな環境でも生活し、職務を遂行できるような体力と精神力が欠かせません。また、どんな文化でもフラットな気持ちで受け入れられるような、高い適応力が求められるでしょう。普段とは違う、初めてのものでも抵抗せずになじめるような方は、外交官に向いていると言えます。

スポンサーリンク

『 語学力が高い 』

あまり兼ね備えていない

外交官にとって、高い語学力は欠かせないもの。日本の「顔」として働く以上、外交官が美しい日本語を使うことは必須です。世界各地で用いられている英語は、ネイティブと同等のレベルが求められるでしょう。また、相手国の代表と話し合ったり、文書を読んだりするため、それぞれ担当する国の言語を習得することも必要になります。よって、日本語や外国語が好きな方に、外交官は向いている仕事だと言えるしょう。

『 交渉力が高い 』

そこそこ兼ね備えている

外交官は、海外諸国とあらゆる問題に関する交渉を進めていきます。具体的なテーマとして挙げられるのは、食糧問題や貿易の関税に関する問題、軍事的な問題などです。外交官の交渉力が日本の未来を決めるカギを握っている、とも言えるでしょう。外国語で細かい意味合いまで正確に伝えることは難しいものの、円滑かつ自国の利益になるように交渉を進める必要があります。強い意志を持ちながらも、柔軟に対応していけるような交渉力が求められるでしょう。

『 自主的に学ぼうとする 』

だいぶ兼ね備えている

世界各地で働くために必要となるのは、日本語や英語、担当する国の言語だけではありません。日本の政治や経済、文化はもちろん、相手国の文化や習慣を積極的に理解しようとすることも大切です。また、外交官は外交の最前線で働くため、国際情勢についても常に最新の情報を持っていることが必須になります。様々なものに興味を持てるような好奇心旺盛な方や、日々情報収集を怠らない方に、外交官の仕事は向いていると言えるでしょう。

『 度胸がある 』

十分に兼ね備えている

各国の代表と交渉にあたる際など、勇気や強い精神力が必要になる場面もあるでしょう。ここぞというところで物怖じしない度胸がある方は、外交官として活躍できる素質を持っていると言えます。

『 冷静に判断できる 』

兼ね備えていない

外交官として、相手国との関係を悪化させてしまうような事態は避けたいでしょう。激論を交わす場面であったとしても、冷静さは欠かせません。どんな場面でも公平な価値観を持ち、理性を保って話を進めていく心構えが求められます。日常生活においても、家族や友人などと意見がぶつかってしまうことがあるでしょう。感情的にならず、理論的に考えながら話し合いにのぞむよう意識することが大切です。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの外交官適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

1位 マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

2位 doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

3位 リクルートエージェント

└業界最大手で転職支援実績No.1

\この診断を受けたい方はコチラ/
外交官適性診断を受ける(2分)

この適正診断テストでわかること

  • 外交官に向いているか向いていないか
  • 外交官の職業適性度
  • 外交官に必要な10の資質
  • 解説で外交官に必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか

外交官とは?

外交官とは国によって派遣された外交使節団の一員で、外交職員の総称です。

外交官の職位は複数ありますが、それらはすべて便宜的なものに留まっています。

外務公務員法によって定められている正式な官名は、外務事務官です。

外交官の職位で主なものは、大使・公使・参次官・書記官・領事官などとなります。

その仕事内容を一言で言えば、自国と世界の平和・安全・発展などのために取り組むこととなるでしょう。

具体的には他国の要人との交渉や他国の情報を収集すること、自国が親しみを持ってもらえるように広報活動をすることなどになります。

その他にも条文の作成や国際会議への参加なども、外交官の仕事です。

外交官の仕事は多岐にわたるので、幅広い知識が必要になります。

外交官になるには?

外交官になるためには、人事院が毎年実施している公務員採用総合職試験に合格するか、外務省が実施している外務省専門職員採用試験に合格する必要があります。

求められる資格などは特にありませんが、試験自体が高度な知識を求められるものなので大卒以上の学力や能力は合格に不可欠だと言えます。

特に総合職として採用されたいと考えている場合は、法律や国際知識も必須です。

大学では法学部や国際関係学部を選んでおくと、試験に受かるのに必要な知識を得られます。

専門職では外国語の知識を求められるので、言語に強い学校や学部を選ぶといいでしょう。

外交官の給料・年収

外交官の初任給はおよそ20万円ほどです。

この額は男性外交官でも女性外交官でも代わりありません。

総合職でも専門職でも初任給は同じです。

外交官は国家公務員のため、国によって給与が厳格に定められています。

外交官になることの難しさや求められるスキルからすれば少なく感じるかも知れませんが、国家公務員は基本的に年功によって給与が増額していきます。

その点は主に外国で働いている外交官であっても変わりありません。

専門職の外交官の平均年収は600万円ほどですが、この上に各種手当も入ってきます。

総合職の外交官の年収は手当を含めなかった場合、平均700万円ほどです。

外交官の就職・転職先(求人)

外交官の身分は国家公務員のため、就職先を自由に選ぶことはできません。

外交官の就職先は外務省本省・各国の大使館・総領事館・政府代表部などです。

希望を出すことは可能ですが、基本的には本人の資質や能力が優先されます。

勤務する在外公館は、自分が専門とする言葉の国が選ばれるのが一般的です。

外交官として採用された後は外務省の研修所で語学研修を受けた後、在外研修という名目で各国の大学へと派遣されます。

その後任命された大使館で5〜6年勤務してから、外務省本省と大使館を交互に勤務するという生活を送ります。

外交官は幅広い分野と密接に関わる仕事に取り組んでいるため、他の省庁や国際機関へ出向するケースも稀ではありません。

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0