理想の就活/転職のための
自己分析サイト

本ページはマイナビ社などの広告が含まれています

実演販売士に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今実演販売士の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい実演販売士に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

実演販売士に向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたの実演販売士適性診断結果

あなたの適性度は45%で、実演販売士の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。実演販売士を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

実演販売士に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.人と話す事が好き
2.要点を掴むのが上手い
3.柔軟性がある
4.プレッシャーに強い
5.手先が器用
6.マーケティングの知識がある
7.誠実で嘘をつかない
8.情報の分析が得意
9.共感力がある
10.清潔感がある
スポンサーリンク
\この診断を受けたい方はコチラ/
実演販売士適性診断を受ける(2分)

診断結果の解説

『 人と話す事が好き 』

だいぶ兼ね備えている

実演販売士の仕事は、商品を実際に使いながら周囲の人にその魅力を伝える事です。人と話す事が好きな人だったら、初対面の人に対しても気軽に声をかける事ができますし、会話で困る事はありません。会話の流れから、商品をアピールする事もできます。実演販売士を目指した時には、人と話す事が好きかどうかについて考えてみる事も大切です。

『 要点を掴むのが上手い 』

だいぶ兼ね備えている

実演販売士は、単に商品を使用しているわけではありません。事前に、商業施設の担当者や商品を販売しているメーカーの人間と打ち合わせをしながら、商品の魅力をアピールするのです。理解力がなければ、商品の良さを紹介する事はできません。実演販売士は、商品について疑問があった時には積極的に質問しておくといいでしょう。隅々まで理解する事によって、お客様に対してもわかりやすい説明ができます。

『 柔軟性がある 』

兼ね備えていない

実演販売士としてデビューしたからといって、必ずしもすぐに成功するというわけではありません。時には、1つも売れないという事もあるでしょう。実演販売士は、そういった時には柔軟に物事を考える事が大切です。売り方を変えてみたり、ターゲットを変更するなどもいいでしょう。柔軟に対応する事で、結果が変わってくる可能性があります。

『 プレッシャーに強い 』

そこそこ兼ね備えている

実演販売士は、多くのお客様の前で軽妙なトークを繰り広げる事が必要です。ですが、大勢の人の注目を一身に浴びながらプレゼンをするというのは、かなりのプレッシャーを感じるでしょう。人によっては、声が思うように出なかったり、話す内容を忘れてしまうなんて事もあるでしょう。これでは、十分なパフォーマンスをする事はできません。実演販売士を目指すなら、日頃からプレッシャーに強くなる事が大切です。

『 手先が器用 』

そこそこ兼ね備えている

実演販売士として成功するためには、器用かどうかも重要です。なぜなら、実演販売士に大切なのはお客様にわかりやすいように商品を実践する事だからです。実演販売で扱う商品のなかには、包丁やスライサーなどを使ってキャベツの千切りをする事もあります。不器用だと、綺麗な千切りはなかなかできません。これでは、お客様に対して商品の魅力を伝える事はできません。実演販売士にとって、器用かどうかは売上を大きく左右します。

スポンサーリンク

『 マーケティングの知識がある 』

そこそこ兼ね備えている

実演販売士の役割は、いかに商品が魅力的なのかを多くの人に伝える事です。ですが、商品の良さをアピールするだけでは、購買意欲に繋がらない事もあります。商品を魅力的に紹介するためには、マーケティング能力が必要です。マーケティング能力を身につける事で、どのような言葉を使えば商品に興味を持ってもらえるのか、どういった販売方法なら購買に繋がるのかがわかってきます。実演販売で多くの人に興味を持ってもらいたい時には、マーケティングについての知識を得る事も大切です。

『 誠実で嘘をつかない 』

そこそこ兼ね備えている

実演販売士は、常にお客様に対して誠実でなければなりません。扱う商品によっては、メリットだけではなくデメリットに感じる部分もあります。実演販売士は、そうした商品のマイナス面も正直に話す事が重要です。お客様が知りたいのは、実際に商品を使った時の使用感です。デメリットについて説明する事で、実演販売士の信頼度が一気に高まります。

『 情報の分析が得意 』

だいぶ兼ね備えている

実演販売士として成功するためには、情報分析能力が大切です。お客様は、実演販売を見たからといって必ず購買意欲が高まるというものではありません。人は、興味がない物に対して立ち止まる事はありません。また、時間帯によっては客がほとんど通らない場合もあります。実演販売士として活躍するためには、訪れる客層や購買意欲が湧く時間帯などを分析してから販売する事が必要です。

『 共感力がある 』

兼ね備えていない

実演販売士は、時にはお客様に共感する事も大切です。女性は、日頃から家事や育児に大忙しです。そういった気持ちに共感するトークをする事により、お客様の購買意欲を高める可能性があります。お客様が商品に興味を抱く理由の1つが、日頃から不満に思っている事があるからです。そういった不満に共感してもらえる事により、お客様は安心感を得て購買意欲が高まるのです。

『 清潔感がある 』

兼ね備えていない

実演販売士は、商品の見栄えを気にする必要があります。ですが、自分自身がどう見えているかを意識する事も大切です。いかに魅力的な商品を紹介したとしても、爪が伸びていたり逆剥けがある指ではイメージがよくありません。また、寝癖や無精髭があっては衛生的に不安を与えてしまいます。実演販売士として仕事をする時には、日頃から清潔感を意識するようにしましょう。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの実演販売士適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

1位 マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

2位 doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

3位 リクルートエージェント

└業界最大手で転職支援実績No.1

\この診断を受けたい方はコチラ/
実演販売士適性診断を受ける(2分)

この適正診断テストでわかること

  • 実演販売士に向いているか向いていないか
  • 実演販売士の職業適性度
  • 実演販売士に必要な10の資質
  • 解説で実演販売士に必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか

実演販売士とは?

実演販売士とは商品を店頭で実際に見せたり、使用したりして消費者に魅力を伝えてプロモーションをすることを専門としている職種です。

商品のプロモーションをするときには、消費者に実際に使ったときにどうなるのかをイメージしてもらうのが重要なポイントです。

実演販売士は店頭で商品を見せて使い方がわかりやすいように説明したり、実際に使用するシーンを想定して実演したりすることで消費者にイメージを持たせています。

その場で商品を販売しているので、消費者に納得してもらえると売れていき、活躍している実感を得られるでしょう。

実演販売士になるには?

実演販売士になるには特別な資格は必要がありません。

商品の性質やメーカーのコンセプト、商品のターゲットを理解して、魅力が伝わるように演じるスキルがあれば実演販売士として活躍できます。

実演販売士は消費者に対して語りかけて共感を得るのも重要なので、話し上手でプレゼンテーション力がある人が成果を上げています。

実演販売士になる道として一般的なものはなく、あらゆる学歴の人が実演販売士として働くことが可能です。

コミュニケーションやプレゼンテーションの理論を学んだり、トレーニングを受けたりすると活躍する下地ができるでしょう。

実演販売士の給料・年収

求人サイトなどによる複数の調査結果から、実演販売士の平均年収は250万円~400万円と推算できます。

年収レンジとしては300万円~600万円くらいです。

ここで算出した平均年収ではアルバイトやパートタイムで働いている人も含んでいるため、フルタイムで働いている人だけに限定すると350万円~500万円がボリュームゾーンです。

実演販売士は実績を上げると人気が伸びていき、さまざまな販売現場で重宝されるようになります。

また、近年ではオンラインでの実演販売もおこなわれるようになってきているため、オンラインにも対応できるようになると評価が上がる可能性があります。

実演販売士の就職・転職先(求人)

実演販売士の就職先・転職先として昔から多いのは消費者向けの商品のメーカで、食品や家電製品などのメーカーで実演販売士が活躍してきています。

デパートや家電量販店などでも商品のプロモーションに実演販売士を採用していることがしばしばあります。

近年では実演販売の人材を派遣する専門サービスが登場していて、専門会社でも働けるようになりました。

また、派遣会社でも実演販売士の派遣をよくおこなっているので就職先・転職先の候補にできます。

商品のプロモーションでは実演販売は欠かせないので、実演販売士は今後も需要が高い職種です。

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0