理想の就活/転職のための
自己分析サイト

データサイエンティストに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今データサイエンティストの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいデータサイエンティストに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたのデータサイエンティスト適性診断結果

あなたの適性度は51%で、データサイエンティストの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。データサイエンティストを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

データサイエンティストに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.情報収集や分析が得意
2.何事も探究心が強い
3.論理的思考ができる
4.忍耐力がある
5.ITの知識やスキルがある
6.統計解析スキルを持っている
7.深く考えることが好き
8.マーケティングの知識を持っている
9.コミュニケーション能力が高い
10.機械学習に関する知識を持っている
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 情報収集や分析が得意 』

十分に兼ね備えている

データサイエンティストの仕事というのは、ただ単純にデータを収集して分析するだけではなく、それらのデータを活かして企業のビジネスに活かしていかなければならない仕事です。そのため、データにはどのような意味があるのかなど、常に考えられるような人が向いていると言えるでしょう。課題に対して普段から何かとデータを収集して分析できるような人はデータサイエンティストの仕事に向いているのです。そもそも情報収集や分析を苦に感じる方は、あらゆる側面からの分析ができません。

『 何事も探究心が強い 』

そこそこ兼ね備えている

データサイエンティストは、科学的な研究をするようにデータと常に向き合って試行錯誤を繰り返していく作業を行っていく仕事になります。そのため、これらの作業を地道にコツコツとこなしていくには探究心が強い人ではないとなかなか継続してこなしていくことができません。普段から物事に対して深く知りたいと思う人や好奇心が旺盛な人はやりがいと感じることができるでしょう。

『 論理的思考ができる 』

そこそこ兼ね備えている

データサイエンティストは、目的を達成するためにどのようなデータを活用するか、収集した情報をいかにして活用させていくかといったことを論理的に考えていかなければなりません。そのため、データの分析や解析を行う際に感情的な思考が入るのはタブーです。さらに、データ分析では憶測や主観などを根拠にしてしまうと整合性が保たれないので、論理的に詰めて仮説を裏付け、真実を発見しなければなりません。そのため、論理的思考が身についている人はデータサイエンティストに向いています。

『 忍耐力がある 』

だいぶ兼ね備えている

データサイエンティストの仕事は、忍耐も求められます。ビッグデータを扱うことが多いため、コツコツとやらなければならない地道な作業も非常に多くあります。膨大な量のデータから必要なものだけ収集して、分析するのは容易ではないでしょう。そのため、細かく地道な作業でも淡々とこなしていけるような忍耐力のある人こそがデータサイエンティストの仕事に向いていると言えます。

『 ITの知識やスキルがある 』

十分に兼ね備えている

データサイエンティストの仕事は、分析基盤環境の構築や運用に際して、幅広いIT知識が求められます。また、ビッグデータを扱うことも多い仕事ですから、データ蓄積や操作に特別な技術が必要となり、HadoopやHBaseといったオープンソース群の知識が必要になることが多いです。さらに、ログ収集のバッチ作成などプログラムを書く機会もあり、RubyやPythonなどスクリプト系の言語のプログラミングを習得しておくと役立てることができます。

スポンサーリンク

『 統計解析スキルを持っている 』

そこそこ兼ね備えている

データ分析には、数学が共通語として活用されています。そのため、確率や統計、微分積分、行列といった一般的に高校で学ぶレベルの数学の知識は必須と言えるでしょう。苦手な人はこれらを事前に復習しておくと良いです。さらに、データ統計処理手法やデータマイニング手法という専門知識についても理解しておかなければなりません。必要となる結論を導き出すにはどのような分析手法が良いかを知っていく必要があるためです。

『 深く考えることが好き 』

あまり兼ね備えていない

データサイエンティストの仕事は、何かしら日常的に考えることが必要です。企業の課題を解決するため、どのような仮説を立てていけば良いかなど考えていかなければなりませんし、データの分析結果に基づいて仮説は正しかったかについて検証する機会があります。これらのことを常に考えていくことが仕事になることから、好奇心が旺盛で考えることが好きな人はデータサイエンティストに向いていると言えるでしょう。

『 マーケティングの知識を持っている 』

あまり兼ね備えていない

データサイエンティストの仕事とは、データの分析によって得られた見識をもとにして、クライアントが抱えている課題や問題点の解決策を探ることもありますので、マーケティングの知識が必要になることもあります。そのため、マーケティングの知識を持っている人にとって強みとなりますし、企業からも重宝される存在となり得るでしょう。

『 コミュニケーション能力が高い 』

あまり兼ね備えていない

データサイエンティストの仕事は、クライアントからヒアリングを行ったうえでデータ分析を実施していきます。さらに、データ分析をした後もクライアントに対して問題点などを提示することや解決策を提供することもある仕事です。つまり、データサイエンティストは正確なクライアントの聞き取りと、わかりやすく伝えるコミュニケーション能力が重要になります。そのため、普段からコミュニケーション能力が高い人はデータサイエンティストに向いていると言えるでしょう。

『 機械学習に関する知識を持っている 』

そこそこ兼ね備えている

ビッグデータからデータの抽出、分析を行う際に、すべて手作業で行おうとするのは効率が非常に悪い状態になります。そのため、コンピューターが学習してデータ分析をする機械学習が活用されていくことで、効率的に進めることができるため、機械学習の知識は重要です。機械学習を活用することで、膨大なデータから必要となるデータのみ効率良く抽出して分析する作業がスムーズに進みます。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのデータサイエンティスト適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る