理想の就活/転職のための
自己分析サイト

評論家に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今評論家の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい評論家に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたの評論家適性診断結果

あなたの適性度は49%で、評論家の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。評論家を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

評論家に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.コミュニケーション能力が高い
2.雑談が得意
3.論理的に話すのが得意
4.ユーモアのセンスがある
5.知識を得る事が好き
6.文章力がある
7.新しい知識を学ぶ意欲が高い
8.PCやネットが得意
9.何事にもフェアな姿勢がある
10.積極的に情報発信できる
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 コミュニケーション能力が高い 』

そこそこ兼ね備えている

評論家の主な仕事は、物事を分析したり解説したりする事です。その分野に詳しくないライトユーザーに向けて、分かりやすく伝えなければいけません。初心者の目線に立ち、物事を的確にかみ砕いて伝えられるスキルが必要です。例え話を交えたり、専門用語を優しい言葉に置き換えたり、初心者の立場を想像してゼロから話せる等、コミュニケーションスキルが必要です。

『 雑談が得意 』

そこそこ兼ね備えている

ケースバイケースではありますが、評論家は常に得意分野や専門分野について話すわけではありません。例えばメディアに出演する際は、他の分野の専門家と共演したり、専門的な知識を持たない方々と話す機会があります。いきなりディープな話題をすると、周囲の人々を困らせてしまうかもしれませんし、メディアの求めるニーズとズレてしまうかもしれません。いわゆる雑談が出来るタイプの評論家の方が、共演者は話しやすくメディア側もオファーを出しやすくなります。

『 論理的に話すのが得意 』

兼ね備えていない

論理的に話せる事が評論家には求められます。「この製品は素晴らしいです。とにかく便利で色々な場面で使えます」と解説するだけでは、その良さや機能が一般消費者には伝わりません。「この製品にはAという特長があり、これを活用すれば、Bという場面で役立ちます。CをするためにはDを活用します」等、具体的で分かりやすく製品を解説しなければなりません。いつどこでどんな風に、どうすれば便利なのか論理的に筋道を立てて話せる方が、評論家の仕事に向いています。

『 ユーモアのセンスがある 』

そこそこ兼ね備えている

評論家にとって、ユーモアセンスは大切です。もちろん真面目に物事やサービス等を解説する事が仕事の基本ですが、専門用語や難しい話題だけでは視聴者や読者が退屈してしまいます。実際に、世間的に活躍している人気評論家の方々はユーモアセンスに優れており、シリアスな話をしながらも適度に冗談を交えたり、カジュアルな話題を織り交ぜたりして難解なテーマを上手く解説します。

『 知識を得る事が好き 』

十分に兼ね備えている

評論家には、いわゆるスペシャリスト型とオールラウンダー型があります。どちらの評論家を目指すか、それによって学ぶ知識は変わってきます。ただ、どちらの評論家にも博識さは必要です。あくまで学ぶ方向性が異なるだけで、評論家として活動する以上、様々な知識が求められ、質問された場合は素早く答えなければいけません。そのためには普段から熱心に、知識を得るための学習に励まなければいけません。学生時代から雑学を学ぶ事が好きだったり、辞書や専門書を読む事が好きだったりと、知識欲が旺盛な方が評論家に適しています。

スポンサーリンク

『 文章力がある 』

そこそこ兼ね備えている

文章を書く事は評論家の仕事の一つです。雑誌やネットメディアからコラムを求められたり本の執筆をしたり、ブログを投稿したりと文章を書く事が日常茶飯事です。学生時代から国語の成績が良かった方、論文や作文で褒められた事が多い方、コンクール入賞の経験がある方などに評論家は適正があるでしょう。限られた文字数の中、要点をしっかりと押さえつつみんなに分かりやすい文章が執筆出来れば、評論家としてオファーされやすいです。

『 新しい知識を学ぶ意欲が高い 』

あまり兼ね備えていない

目覚しい進歩を遂げる現代社会では、情報のアップデートが日々求められます。学生時代に学んだ知識やスキルも、時代の流れと共に使えなくなる恐れがあります。過去に学んだ知識やスキルをそのままにせず、今の環境に合った形にブラッシュアップ出来る柔軟性が必要です。「この情報は果たして今でも正しいのか」や「もっと良い製品やサービスが登場していないか」等、過去の情報を良い意味で疑い、新しい知識を貪欲に調べて最新情報に更新するフレキシブルなスタンスが評論家には求められます。

『 PCやネットが得意 』

あまり兼ね備えていない

IT時代の今、評論家もまたPCが使えた方が何かと有利です。文書作成ソフトを活用した方が執筆活動は捗ります。ネットが得意ならビデオチャットやSNS等を駆使して、自宅に居ながら打ち合わせをしたり、コミュニケーションが交わせます。最新情報を調べる時、スキルアップに励む時などもネット検索が得意なら効率よく知識を集められます。

『 何事にもフェアな姿勢がある 』

十分に兼ね備えている

評論家には公平さや事実を重んじるスタンスが重要と言えます。個人的な趣味嗜好はもちろん大事ですが、評論を求められた時は客観的な視点で、物事を解説しなければなりません。自分の好みに左右されず、冷静にメリットとデメリットを包み隠さず、視聴者や読者に分かりやすく提供しなければなりません。

『 積極的に情報発信できる 』

そこそこ兼ね備えている

積極的に情報発信が出来るタイプが、評論家に向いています。趣味でホームページ作成をしていたり、動画配信サイトにチャンネルを持っていたり、普段から不特定多数の人の前で堂々とスピーチ出来る等、こういったアクティブな方は評論家に向いています。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの評論家適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る