理想の就活/転職のための
自己分析サイト

本ページはマイナビ社などの広告が含まれています

カウンターセールスに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今カウンターセールスの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいカウンターセールスに
向いているかわかります。

20問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

カウンターセールスに向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたのカウンターセールス適性診断結果

あなたの適性度は43%で、カウンターセールスの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。カウンターセールスを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

カウンターセールスに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.相手の要望に合う解決策を提案できる
2.相手の話を聞く力がある
3.第一印象が良いと言われる
4.思いやりがある
5.日々新しい知識を学ぶ努力をしている
6.気配りができる
7.話に説得力がある
8.表情が豊か
9.自分が興味のあるモノを売りたい
10.要点をまとめるのが得意
スポンサーリンク
\この診断を受けたい方はコチラ/
カウンターセールス適性診断を受ける(2分)

診断結果の解説

『 相手の要望に合う解決策を提案できる 』

そこそこ兼ね備えている

お客様が何を求めているのか話の内容から判断し、ジャストなものを提案できる人がカウンターセールスに向いています。相談しに来るお客様は、だいたい求めている質問が決まっています。それに対して、見当違いな答えが返ってきたら、契約しようと思っていたものも考えてしまうでしょう。何を求めているのか理解して的確に提示できれば、契約へスムーズにつながりやすくなります。相手が求めているものを見抜けない方は向いていません。

『 相手の話を聞く力がある 』

兼ね備えていない

まず相手がどんなことで困っているのか、悩んでいるのかについて黙って話が聞ける人はカウンターセールスにピッタリです。お客様が伝えたいことを話す時にしっかりと聞くことができれば、適切な商品も提案できます。せっかくお客様が話しているのにもかかわらず遮るように話してしまっては、嫌な印象を与えてしまいます。実際話を聞く時間は多いので、聞き上手な人は合っているでしょう。相手の話を普段からよく聞いていない人は合いません。

『 第一印象が良いと言われる 』

だいぶ兼ね備えている

普段から誰かに褒められることが多く、雰囲気など印象が良いと言われる人はカウンターセールスに向いています。雰囲気が良いとお客様も安心しますし、商品の説明をしても説得力が増します。逆にいい話をしていても、イメージが悪い人だと商品よりもその店員に目がいってしまい、良いイメージを持てなくなってしまうのです。カウンターセールスでは、直接お客様と顔を向き合わせて営業することがほとんどです。イメージが悪い人は合いません。

『 思いやりがある 』

あまり兼ね備えていない

相手が本当に求めているものを提案でき、思いやりがある人はカウンターセールスに向いています。どんなことを不安に思っているのかも汲み取り、思いやりを持って適切なものを提案されるとお客様も嬉しくなり契約します。逆に目先の利益を考え、自分達の一押し商品やサービスばかりを勧めてこられたら嫌です。カウンターセールスでは、実際商品やサービスを提案します。自分や会社の利益ばかりに目がいきやすい人は合いません。

『 日々新しい知識を学ぶ努力をしている 』

そこそこ兼ね備えている

普段から新しいことを覚えるのが得で、知識を身に付けることが好きな方はカウンターセールスが合っています。知識が乏しいと、「本当にこの人の言うことを信じていいのか」と不安を感じてしまいます。さまざまな知識を兼ね備えていて、商品やサービスについて教えてもらえると安心するのです。仕事中は、さまざま商品について細かく説明します。普段から今ある知識をアップデートできる人はピッタリでしょう。逆に知識を身に付けるのは面倒な方は向いていません。

スポンサーリンク

『 気配りができる 』

そこそこ兼ね備えている

一緒に話ていて気配りができ安心できる人だと、お客様も「任せよう」と思います。普段から人との関係で気配りを自然とできる人は、カウンターセールスがピッタリです。お客様の話を聞き、気配りしながら提案する場面は多いです。ほかにも、今お客様が快適に話ができるように、お茶を出す、カバンなどを入れるカゴを用意するなど環境の気配りも大切になります。あまり人がどんなことを求めているのか気が付けない人は、カウンターセールスが合いません。

『 話に説得力がある 』

だいぶ兼ね備えている

普段から相手に納得してもらうために説得する時、理解してもらえる人はカウンターセールスに向いています。自社の商品のサービスの良さを知ってもらい、最後には契約してもらうのが目的です。説得力がないと、「本当にこの商品が必要なのか」と疑問に思われてしまいます。実際仕事中には、自社の商品やサービスの良さをアピールしながら、説得するような場面もあります。あまり人を納得させるような説明が苦手な方は向いていません。

『 表情が豊か 』

あまり兼ね備えていない

何かロボットのように無表情で、淡々と説明してしまう人はカウンターセールスに向いていません。わざわざお店に足を運んでまで話を聞きたいと思っている人は、やっぱりネットで契約するよりも対面で人から話を聞きたいと思っています。表情豊かに話されると、内容も理解しやすく親近感を持って話を聞けるのです。実際ネットは不安で、やっぱり店舗で話を聞く方も多いです。この時、ジェスチャーも交えながら表情豊かに話せると、お客様に信頼感を与えます。

『 自分が興味のあるモノを売りたい 』

だいぶ兼ね備えている

カウンターセールスの仕事は、保険、不動産、携帯電話ショップなどさまざまあります。その中でも興味があり、知識を身につけるのも自然できる好きなものを選ぶと良いでしょう。興味がないものは知識も浅くなりがちなため、向きません。もし普段からある会社のスマートフォンが好きで使い続けているという場合は、携帯電話ショップで働けばやりがいを感じられて向いています。仕事の場でもお客様に説明する場面は多いですが、深い知識を持ち合わせながら接客できます。

『 要点をまとめるのが得意 』

あまり兼ね備えていない

カウンターセールスでは、仕事中に商品やサービスについてお客様に説明しなければなりません。この時、自分は理解していても、お客様がわからなければ意味がありません。なんだかよくわからない話をされると、理解できず契約まで至らなくなってしまいます。普段から要点をまとめてポイントを話せる人は、カウンターセールスに向いています。逆に要点をまとめるのが苦手と感じている方は、カウンターセールスには向いてないでしょう。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのカウンターセールス適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

1位 マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

2位 doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

3位 リクルートエージェント

└業界最大手で転職支援実績No.1

\この診断を受けたい方はコチラ/
カウンターセールス適性診断を受ける(2分)

《 カウンターセールス適性診断の質問一覧 》

  • Q1. 人の悩みを聞いて上手く解決するのが得意だ
  • Q2. 周りの人から聞き上手だと言われることが多い
  • Q3. 第一印象は良いほうだと思う
  • Q4. 他人にはできるだけ優しく接しようと心がけている
  • Q5. 勉強や仕事で必要な事を学ぶのは熱心な方だ
  • Q6. 細かい所によく気がつき気を配れる
  • Q7. 相手を説得するのが得意だ
  • Q8. 喜怒哀楽をはっきり表現するタイプだ
  • Q9. 仕事をするのなら愛着を持てるモノを扱いたい
  • Q10. 要点をまとめるのが得意だ
  • Q11. 問題解決は得意ではない
  • Q12. 独りよがりに自分の話をしてしまう事が多い
  • Q13. 何を考えているのかわからないとよく言われる
  • Q14. 感情的になって相手に強く言ってしまう事がある
  • Q15. 指示やマニュアル通りに進めたい
  • Q16. 空気を読むのは苦手だ
  • Q17. 騙されやすいタイプだ
  • Q18. 人前に出るのは得意ではない
  • Q19. やりがいが少なくてもお金がもられる仕事ならOKだ
  • Q20. 整理整頓は得意ではない

この適正診断テストでわかること

  • カウンターセールスに向いているか向いていないか
  • カウンターセールスの職業適性度
  • カウンターセールスに必要な10の資質
  • 解説でカウンターセールスに必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか

カウンターセールスとは?

カウンターセールスとは、店舗にあるカウンターテーブルで顧客と対面しながら商品の販売やサービスの提供をすすめる営業職です。

接客業の面もありますが、店内で営業活動(セールス)を行うのがメインとなります。

また外回りと呼ばれる営業活動はないため、内勤営業とも呼ばれています。

来店した顧客の要望を汲み取りながら、ニーズに沿ったサービスや提案を行うのが主な仕事です。

直接的なやりとりから生まれるダイレクトな反応を感じることができるので、とてもやり甲斐のある仕事です。

顧客に満足してもらえるようにコミュニケーションを取ることができるかどうかが、カウンターセールスとしての腕の見せ所です。

カウンターセールスになるには?

カウンターセールスには、その職業としての資格はありません。

大学などで学ぶのであれば一般的な社会常識やビジネスマナーといった、社会人として必要となるスキルが身についていれば大丈夫です。

磨いておくと良いスキルがコミュニケーション能力で、契約獲得のためには顧客との信頼関係を築いていくのがポイントだからです。

また、自社の商材の魅力を伝達する説明力も必要となります。

勤め先の業種によっては、資格を要するところもあります。

例えば不動産業のカウンターセールスであれば、「宅地建物取引士」などの資格を持っていると就職をするのにあたって大きな強みとなるでしょう。

カウンターセールスの給料・年収

カウンターセールスの年収は、複数の情報をまとめるとだいたい約270〜750万円程になります。

金額の幅が大きいのは、選んだ業種と資格の有無によって賃金が異なっているからです。

また、基本的に月給で固定給+インセンティブというスタイルになっていますので、個々の年収にもばらつきがあります。

インセンティブの制度を採用している企業であれば、インセンティブからの収入を前提としているため、固定給は低めに設定されています。

全体の平均年収としては約377万円程度ですが、中にはインセンティブなども含めて年収1,000万円以上稼ぐ人もいます。

カウンターセールスの就職・転職先(求人)

カウンターセールスを求めている企業はたくさんあり、金融・生保・教育・旅行・不動産などの幅広い業種で活躍することができます。

銀行・保険・旅行代理店などの窓口や、住宅展示場、携帯電話の店舗販売などが就職先として挙げられるでしょう。

コロナ禍もあり対面でのサービスが難しくなりましたが、シニア層のようにデジタルを苦手に感じる人は多くいます。

その人たちにとっては、カウンターセールスと顔を見て話すことで安心感を得られるのです。

企業にとっても、会社の顔ともいえる窓口のカウンターセールスは欠かせない存在となっています。

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0