理想の就活/転職のための
自己分析サイト

コピーライターに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今コピーライターの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいコピーライターに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたのコピーライター適性診断結果

あなたの適性度は50%で、コピーライターの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。コピーライターを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

コピーライターに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.文章を書くことが好き
2.流行に敏感
3.ポジティブシンキング
4.センスを磨くために努力を続けられる
5.孤独な作業が苦にならない
6.客観的な視点を持てる
7.相手に説明するのが得意
8.向上心を持って仕事に臨める
9.自己分析が得意
10.好奇心が旺盛
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 文章を書くことが好き 』

そこそこ兼ね備えている

コピーライターとはキャッチフレーズを考案・作成するライターのことです。ライターには違いないので、大前提として文章を書くのが好きで、継続的に取り組めることが必須となります。好きこそものの上手なれと言われるように、好きだからこそ前向きに頑張れるのです。書くことが嫌いな人がコピーライターになっても、やりがいを感じられずにやめてしまうケースが多いのが現実です。

『 流行に敏感 』

だいぶ兼ね備えている

キャッチフレーズによって、売れる商品・売れない商品が決まってしまいます。人間関係は初対面、第一印象が大切だという話は聞いたことがあるでしょう。これは商品に関しても言えることで、最初のインパクトが重要になります。ガツンとしたインパクトを相手に与えるためには、流行を把握することがポイントです。時代によってインパクトを与えるフレーズは変化していきます。だからこそ流行に敏感になり、それを仕事に活かせる人が好ましいわけです。

『 ポジティブシンキング 』

そこそこ兼ね備えている

消費者が商品を購入する時は、その商品になんらかのメリットを感じています。つまりコピーライターは商品をいかに魅力的に伝えるかが役割になります。ポジティブ思考の人がコピーライターに向いている理由は、発想が前向きだからです。後ろ向きな発想で生み出されるキャッチフレーズだと、ネガティブな印象が消費者に伝わってしまう可能性があります。また、ポジティブであることで、自身のコピーが不採用になった場合でも、次の採用を目指して前向きに活動できるというメリットもあります。

『 センスを磨くために努力を続けられる 』

そこそこ兼ね備えている

一部の天才を除いて、最初から卓越したセンスを持っている人はいません。センスというのは最初から備わっているものではなく、努力を重ねて磨いていくものです。売れるコピーを生み出すためには直感や感性にゆだねられる部分が少なくありません。実際に売れっ子のコピーライターほど、地道な努力を続けています。一人前になるには数年以上を要することが多いので、その過程をまるごと楽しめる人がコピーライターに向いています。逆にすぐに結果を求める人は不向きです。

『 孤独な作業が苦にならない 』

そこそこ兼ね備えている

自身が手掛けた商品が爆発的にヒットした時ほど、コピーライターにとって嬉しいことはありません。しかし、成功の裏には数多くの失敗がつきものです。1の成功を手に入れるためには、99の失敗が必要とも言われています。コピーライターとして大成するには、数々の失敗は避けられません。失敗続きの状況は孤独そのものですが、そうした場面でも前向きに頑張れる人がコピーライターに向いています。逆に泥臭い作業が嫌いな人、すぐに脚光を浴びたい人などは不向きです。

スポンサーリンク

『 客観的な視点を持てる 』

そこそこ兼ね備えている

独りよがりの文章は、単なる自己満足になってしまいます。文章は自分の考えが具現化したものですから、客観的な視野を持って消費者目線になれる人が好ましいです。つまりは、コピーライターとしての立場ではなく、消費者の立場としてキャッチフレーズを考えられる人です。文章を書く時は、消費者目線ではなく自分目線になってしまっていないか定期的に再確認してみましょう。自分目線になると文章も独りよがりに傾いてしまうからです。

『 相手に説明するのが得意 』

兼ね備えていない

文章というのは相手に伝わらなければ意味がありません。説明上手な人がコピーライターに向いていると言われるのは、説得力のあるわかりやすいコピーを書けるからです。文章は自分の内側から生まれるものであり、自分という枠を超えた文章は誕生しません。相手に上手に伝えられる人は、シンプルでわかりやすい表現を好みます。実際に、ベテランコピーライターと言われる人たちには、子どもに向けて文章を書いているという人が少なくありません。

『 向上心を持って仕事に臨める 』

だいぶ兼ね備えている

向上心があってこそ物事に前向きに取り組むことができます。向上心がなくなれば、そこで成長は止まってしまうのです。コピーライターとしてデビューした当初は、コピーが立て続けに不採用になるなど、メンタルが落ち込むことがあるかもしれません。そうした状況においても自分を信じて、前に進める人が成功するのです。今は結果が出ていなくても、将来の成功をイメージしてコツコツと前進できる人がコピーライターに向いています。

『 自己分析が得意 』

そこそこ兼ね備えている

他人を分析するのは得意という人は多いですが、そうした人も自己分析は苦手というケースが多いです。売れるコピーが生み出せずに悩んでいる時は、気持ちが滅入っているでしょう。しかし、悩んでいても状況が好転することはありません。大切なのはうまくいかない原因を探し出し、コピーライティングに活かしていくことです。自己分析が得意な人、自分を客観視できる人は、他人の視点に立つことも得意です。自分を知るためには、他人になりきったつもりで自分を観察してみましょう。

『 好奇心が旺盛 』

そこそこ兼ね備えている

一流のコピーライターに共通するのは、好奇心が旺盛なことです。好奇心がある人は、物事を楽しむスキルに長けています。当然ながら嫌々と文章を書くよりも、楽しんで書いたほうが好結果を得られやすいです。文章には言霊が宿ると言われており、嫌々と書いたコピーでは消費者の心を射止めることは難しいでしょう。また、好奇心のある人は、物事を調べたり、体験したりすることに貪欲です。インスピレーションを高めるためにも、好奇心は最高の調味料となります。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのコピーライター適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る