理想の就活/転職のための
自己分析サイト

本ページはマイナビ社などの広告が含まれています

消費生活相談員に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今消費生活相談員の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい消費生活相談員に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

消費生活相談員に向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたの消費生活相談員適性診断結果

あなたの適性度は41%で、消費生活相談員の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。消費生活相談員を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

消費生活相談員に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.仕事一筋ではない
2.基本的なネットの知識がある
3.法律に関心がある
4.幅広い知識の獲得に貪欲
5.人の話を聞く力がある
6.コミュニケーション能力がある
7.外国語の知識がある
8.わかりやすく説明ができる
9.何事も粘り強く取り組める
10.自分の知識を広める事に積極的
スポンサーリンク
\この診断を受けたい方はコチラ/
消費生活相談員適性診断を受ける(2分)

診断結果の解説

『 仕事一筋ではない 』

だいぶ兼ね備えている

消費生活相談員は、様々な消費者トラブルに対応するのが仕事です。そのためには、自分自身生活感覚が豊かでなければいけません。「仕事一筋で他のことは疎かにしがち」では、トラブル解決のための適切な対応を取ることができません。自分自身も消費者の一人であることを自覚し、相談してきた人の気持ちに寄り添うような対応を取る必要があるのです。

『 基本的なネットの知識がある 』

あまり兼ね備えていない

消費者トラブルは年々複雑化していますが、その裏側にはインターネットの進化があります。手元のスマートフォンで買い物をしたりゲームをしたり。確かに便利ではあるものの、買い物方法や支払い方法が多様化したことで、いろいろなトラブルが発生しているのです。こうしたネットトラブルに対応するためには、やはりネット知識が豊富であることが求められます。相談を受ける側が「ネット分からないから」「スマホで何ができるか検討も付かない」ではお話になりません。時には実際に自分でアプリや購入サイトを使ってみる、ゲームを遊んでみる、オンライン決済を利用してみるなどして、自分の経験を蓄積していくことも大切になるでしょう。そうした積極性も大切な適性です。

『 法律に関心がある 』

そこそこ兼ね備えている

年々複雑化する問題に対して適切な助言や情報提供を行うためには、その根拠なる法律の知識が不可欠です。消費生活相談員の業務に関係する法律は、消費者安全法や消費者契約法の他、商法や民法や多岐に渡ります。豊富な知識は重要ですが、こうした関連法律は都度改正されるため、継続して学んで行くことが求められます。また、相談窓口に寄せられる相談にも、時代の流れに応じて変化があります。そうした相談内容に法律知識を擦り合わせていくためにも、やはり法律にある程度関心が強いと適性があると言えるでしょう。

『 幅広い知識の獲得に貪欲 』

あまり兼ね備えていない

幅広い知識を身につけることも重要です。お金に関する知識は特に有効と言われています。消費者問題はお金と不可分の存在ですし、お金の知識があれば経済的に困窮している人や多重債務に陥っている人に対し、適切なアドバイスを行うことができます。また、日々新しく生まれるビジネスモデルや流行に対し敏感であることも、消費生活相談員にとって重要な適性です。

『 人の話を聞く力がある 』

十分に兼ね備えている

消費生活相談員の仕事は、消費者の声を聞くことにあります。しかし、全ての消費者が順を追って的確に相談できる訳ではありません。むしろトラブルに巻き込まれて不安になっているのですから、しどろもどろだったり要領を得ないことが大半です。中には自分に非があると思って情報を意図的に隠したり、嘘を吐く相談者もいるかもしれません。そうした相談者の声を聞き、必要な情報を引き出すためにはヒアリング能力が不可欠です。

スポンサーリンク

『 コミュニケーション能力がある 』

兼ね備えていない

聞く能力だけではなく、相手とやり取りをする能力も求められます。行政とやり取りをすることもありますし、トラブルの原因である事業者と交渉することもあります。時には企業経営の幹部層や、組織の責任者クラスの人と関わることもあります。いろいろな立場の人と適切なやり取りをするには、やはりコミュニケーション能力は欠かせません。

『 外国語の知識がある 』

そこそこ兼ね備えている

「海外サイトで買い物をしたら商品が届かない」「海外の化粧品を買ったら肌が荒れた」「海外で高い買い物だったのにすぐ駄目になった」など、海外商品に関する相談が持ち込まれることもあります。海外は日本と法律も規制も異なるので解決には困難が伴いますが、解決のための情報を仕入れるためには英語や中国語、韓国語など、その商品が作られた国の言葉が分からなければ話になりません。

『 わかりやすく説明ができる 』

あまり兼ね備えていない

消費生活相談員として消費生活センターで働く場合、施設で得た情報を全国のセンターと共有するため、「PIO-NET」というオンラインシステムに書き込む業務があります。持ち込まれた相談内容、トラブル原因、解決方法など、雑多な情報を整理して分かりやすく伝えるためには、高い文章能力が必要になります。

『 何事も粘り強く取り組める 』

そこそこ兼ね備えている

企業のトップ、部署の担当者、消費者本人など、いろいろな人と議論を行うこともあります。自分の中の基準をしっかり持ち、それを粘り強く伝えることが重要になります。とはいえ、時には自分が間違っていて相手が正しかった、ということもあるでしょう。そのときは相手の正しさを認める謙虚さを持つことも、相談員として必要な適性になります。間違っても意固地になって黙り込んではいけません。議論に勝つことが目的ではないのです。

『 自分の知識を広める事に積極的 』

あまり兼ね備えていない

消費生活相談員の役割の一つに、消費者に対する啓蒙活動があります。講演会やイベントに積極的に取り組み、消費者がトラブルに巻き込まれるのを未然に防ぐことも、相談員の大切な役割なのです。とはいえ、消費者トラブルの種類は膨大なので、全てを伝えることはできません。聞き手はどんな人達なのか、その人達が巻き込まれやすいトラブルは何なのかを考え、時にはゲームやイラストを用いて分かりやすく伝える努力をすることが大切です。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの消費生活相談員適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

1位 マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

2位 doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

3位 リクルートエージェント

└業界最大手で転職支援実績No.1

\この診断を受けたい方はコチラ/
消費生活相談員適性診断を受ける(2分)

この適正診断テストでわかること

  • 消費生活相談員に向いているか向いていないか
  • 消費生活相談員の職業適性度
  • 消費生活相談員に必要な10の資質
  • 解説で消費生活相談員に必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか

消費生活相談員とは?

消費生活相談員とは消費生活相談センターや市区町村などの消費生活相談窓口で、消費者からの相談に対応する職種です。

消費生活相談員は消費者に販売されている食品や家電製品などを利用していてトラブルがあったときなどに相談に応じています。

商品の欠陥などの問題が起きている可能性がある場合には、メーカーや販売会社との間に立って斡旋をする場合もあります。

基本的には消費生活を送る中で起きたトラブルに対して、消費者に具体的に何をすれば良いかをアドバイスするのが仕事です。

専門家を紹介したり、問い合わせ先の情報を伝えたりするのが主な役割です。

消費生活相談員になるには?

消費生活相談員になるには必要な資格を取得して、消費生活センターからの求人に応募して採用してもらうのが一般的な就職・転職の道筋です。

消費生活センターは自治体ごとに運営されていて、消費生活相談員の募集要件は個別に決められています。

一般的には国家資格の消費生活相談員の資格がある人が優先されていますが、消費生活専門相談員や消費生活アドバイザー、消費生活コンサルタントなどの認定資格を持っている人も募集対象になっています。

受験資格はないので、学歴や職歴を問わずに消費生活に関する知識を付ければ誰でも資格を取得することが可能です。

消費生活相談員の給料・年収

消費生活相談員は一般的にパートタイマーが採用されています。

正職員の地方公務員としてフルタイムで雇用されていることはあまりありません。

消費生活相談員として消費生活センターで働くと、時給は1300円~1600円くらいです。

これは、各地方自治体の消費生活センターで募集している求人情報に基づいて計算した平均的な時給です。

パートタイムでの勤務日数や勤務時間は人によって大きく違います。

扶養の範囲内で働けるのをメリットとして消費生活相談員をしていることも多く、パートタイムで働いている人の平均年収は120万円~180万円程度になっています。

消費生活相談員の就職・転職先(求人)

消費生活相談員は地方自治体の消費生活センターが就職・転職先です。

消費生活センターは各自治体が消費生活で悩みを持った市区町村民の窓口として設置していて、住民でなくても採用してもらうことができます。

そのため、消費生活相談員になりたい人は住んでいる地域だけでなく、通いやすい範囲内で周辺の地方自治体の消費生活センターで働くことが可能です。

消費生活相談員のパートタイムの時給も、求められている勤務時間や勤務日も自治体によって違います。

働きやすさや稼ぎやすさなどを考慮して、就職・転職先を考えるようにしましょう。

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0